ニートの就職体験談

自動車系の3社を経験後、30歳無職から全く未経験の携帯電話販売会社へ就職できるまでの道のり

投稿日:2019年4月27日 更新日:

私は26歳~29歳の間、中古車販売の会社で働いていました。もともと自動車が好きで自動車関係の仕事に就きたいと思い、新車ディーラーを約4年程経験した後、中古車販売の会社に転職しました。ちなみに整備士ではなく、営業の方になります。

しかし、当時の私は考えも浅く、少しでも嫌な事があれば別の会社に行けばいいという安易な考えでした。

実際、1社目(新車ディーラー)から2社目(中古車販売)に移る時も、店長やマネージャーとの人間関係が嫌で簡単に転職してしまったし、その2社目に関しても人間関係は問題なかったのですが、年間休日がかなり少なく、またハローワークの求人票には「ボーナス有り」と記載があったのに、2年目になってもボーナスが出なかったので嫌になって辞めました。

自分を含めて3人しかいない会社に転職する

3社目に関しては自動車の鈑金塗装の工場でした。

と言いますのも、2社目の際にお世話になった上司の知り合いの会社で、人がいなくて困ってるから転職を考えてるなら行ってあげてほしいとその上司に言われ、技術的な経験はなかったのですが、手に職を付けたいとも考えたのでその会社に行くことにしました。

ところが入社してみてびっくりしたのですが、その会社は従業員は私を含めて3人しかおらず、社長ともう一人職人の男性がいるのみの会社でした。

後から聞いた話なんですが、今まで何人もの人が入ってきてはいるものの、ほとんどが1年以内に辞めてるとのことだったのです。実際に入社してわかったのてすが、仕事がきついというよりも、社長のやり方がめちゃくちゃだったのです。

素人から早い段階で一人前に育てようと思う気持ちはわかるのですが、「この間は息を止めて仕事しろ」とか、100度近くまで温度の上がっている材料を早く運べとか、車検切れのトラックを運転させたりとかかなり横暴なやり方でした。

そのやり方について行けず、辞める人が続出していたのです。

実際に私も1年で辞めました。実際に辞める事になる決定的な出来事が暴力でした。

社長と殴り合いの喧嘩になり、30歳で会社を辞める

取引先であった某自動車販売店に車を作業済の車を納車しに行った時の事です。

修理代の事など何も知らない私が言われるがままその販売店まで車を持って行き、その店の店長に伝票(請求書)を渡した際、「何だこれ?言ってた金額と違うじゃないか」と、その伝票を破り捨てられてしまいました。

会社に戻り、その事を社長に報告すると社長が激昂し、「ふざけるな、お前何て話したんだ?」と問い詰められました。問い詰められるも何も自分は言われた通り納車しに行っただけなのです。

それをあたかも私の説明が悪いかのようにでっち上げられ、挙句の果てに殴り合いの喧嘩になりました。そんな事があったので当然、次の日からその会社には行かなくなりました。この時ちょうど30歳でした。

全く未経験の業界、携帯電話会社の面接を受ける

30歳にして急遽、無職になった私はどうしようかとあれこれ考えました。

自動車は好きだけど、自動車業界ではろくな経験がないし、そもそも若者の自動車離れで車自体、あまり売れなくなってきていたので、今までは趣味の延長でやっていたような仕事でしたが、趣味と仕事は分けようと思い、全く違う業界(携帯電話業界)に行く事にしました。ハローワークにも通いましたが、自分の希望するような条件に合う会社はあまりなく、そのままズルズルと3ヶ月が経ちました。

ちょうどその頃、リクナビNEXTに登録していた事もあり、大阪市にある自分の希望にかなり近い、携帯電話販売会社があったので面接に行く事にしました。履歴書と職務経歴書をきっちりと揃えて行き、今までの営業経験上、人と話をする事は全く苦ではなかったので、面接もそつなくこなす事ができました。

すると、採否連絡は1週間後にするという事だった先方から翌日に連絡が入り、内定を頂きました。第一印象等も良かったとお褒めの言葉も頂きました。

この転職を通じて感じた大事な事は、こちらができる対応(履歴書など)に関しては間を空けず迅速に、面接はリラックスしてよく見せようとしない、ありのままを話す、といった事だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …