未分類

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

投稿日:2017年7月18日 更新日:

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。

学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就職活動は、大卒や高卒とは一線を画したものになりますので、どうやって就職活動を行えばいいか戸惑ってしまう人もいることでしょう。

そこで、本記事では、専門卒ニートに向けて、就職するための手順をご紹介します。

学んだ分野を攻める

専門学校を卒業した人は、特定の分野に特化した勉強をしています。

医療、IT、音楽、調理、製菓などの分野で、2年か3年も学んでいます。

その多くが仕事に直結しているもので、授業の一環として職場体験をしている人がほとんどかと思います。

職歴なしのニートだったとしても、学んだ分野であれば、全くの未経験者というわけではない、ということになります。

ニート歴が比較的短い、長くても、家族の介護や本人の病気などの正当な理由があるのであれば、ニートであったことはそれほど問題となりません。

大卒や高卒では、専門卒のように仕事に直結するような分野を学んでいることが少ないですし、職業体験もバイト程度ですので、普通のニートとして就職活動をしていくしかありません。

ですので、専門卒のニートはまず、自分が学んだ分野を活かせる業界での就職を目指しましょう。

求人サイトを利用する

求人を探す時には、求人サイトを利用しましょう。

ハローワークでも求人を探すことはできますが、質の悪い求人も数多くあります。

カラ求人だけならまだしも、最低時給を下回ったような求人、明らかなブラック企業の求人などが普通に掲載されています。

そのため、探すだけ時間の無駄になってしまうことがあります。

求人サイトであれば、企業は掲載に料金を払っていますので、質の悪い求人はかなり減ります。

また、求人の数が非常に多いですし、一つの業界でも大企業から中小企業まで様々な企業の求人が掲載されています。

専門卒のニートが学んだ分野での就職活動をするとはいえ、すぐに内定が出るわけではなく、履歴書や面接で落ちることが多くなります。

ですので、多くの手駒を持っておく必要がりますので、求人数の多い求人サイトを利用した方が有利に就職活動を進めることをできます。

希望の求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。

待っているうちに他の人が内定を取ってしまうかもしれません。

すぐに応募するためには、予め履歴書や職務経歴書に書く内容を決めておかなくてはなりません。

求人を探すのと並行して、履歴書の自己PRや志望動機のひな形などを考えておくと良いです。

求人サイトには、履歴書の上手な書き方についてのコラムが掲載されていたり、転職エージェントが付くのであれば履歴書や職務経歴書の指導をしてくれます。

面接についても予め準備が必要です。

面接で聞かれる質問は限られていますので、質問に対する答えを準備しておけば、本番でも戸惑うことなく返答できます。

別業界で働きたい場合

専門学校で学んだ分野以外の業界で働きたいと考えている人もいるでしょう。

その場合は、残念ながら、普通のニートと同じ扱いになりますので、就職活動の難易度は上がってしまいます。

就職するための手順は学んだ分野と同じ業界への就職と同じですが、書類選考があまり通らなくなります。

なかなか面接に進むことができませんし、就職活動が長期化する傾向にあります。

同じニートの中でも、自分より若い人や学歴の高い人の方が優先されることが多いですので、専門卒が不利になることもあります。

大変ではありますが、時間をかけて、多くの求人に応募することができれば、就職することは可能ですので、根気強く応募し続けましょう。

まとめ

専門卒のニートは、学んだ分野への就職活動をすれば、普通のニートよりも有利に進めることができます。

また、求人サイトを利用すれば、スムーズに就職活動を進められるのでぜひとも利用しましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …

高学歴ニート女性の特徴2つとおすすめの仕事3選

ニートには男性が多いイメージがありますが、実際には男女比は1対1で、女性のニートも数多くいます。 さらに、大学進学率が上昇していくにつれて、高学歴のニートもどんどんと増えています。 女性も高学歴も世間 …

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。 なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。 しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。 …

第二新卒ニートからの転職活動!おすすめの職種、業界、有利な資格を紹介

新卒で1度就職したものの、訳あって離職し、第二新卒となってしまった人も多いのではないでしょうか。 そのまま疲弊し、ニート生活へ移行してしまっている人も中にはいるのではないかと思います。 しかし、近年、 …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

ニートが知っておくべき正しい会社選びの方法と意外と忘れがちな落とし穴

人生において就職活動を行っている時間はあまりにも短いです。 なので長い期間社会人として働いていても求人の情報を鵜呑みにしてしまい、失敗してしまう事も少なくありません。 ということで、今回の記事では就職 …

ニートから再就職時の履歴書の書き方、面接の自己PR方法

一度就職したものの、退職してニートになってしまった人は数多くいます。 やがて、再就職に向けて動き出すことがほとんどですが、その心中は不安なことばかりかと思われます。 履歴書の書き方や面接での受け答えな …