未分類

専門卒ニートが就職するための手順、アドバイス

投稿日:2017年7月18日 更新日:

専門学校を卒業してそのままニートになったり、就職したものの辞めてしまいニートになったり、就職に強い専門学校を卒業してもニートになる人は数多くいます。

学歴が高いわけでもなく、低いわけでもない専門卒の就職活動は、大卒や高卒とは一線を画したものになりますので、どうやって就職活動を行えばいいか戸惑ってしまう人もいることでしょう。

そこで、本記事では、専門卒ニートに向けて、就職するための手順をご紹介します。

学んだ分野を攻める

専門学校を卒業した人は、特定の分野に特化した勉強をしています。

医療、IT、音楽、調理、製菓などの分野で、2年か3年も学んでいます。

その多くが仕事に直結しているもので、授業の一環として職場体験をしている人がほとんどかと思います。

職歴なしのニートだったとしても、学んだ分野であれば、全くの未経験者というわけではない、ということになります。

ニート歴が比較的短い、長くても、家族の介護や本人の病気などの正当な理由があるのであれば、ニートであったことはそれほど問題となりません。

大卒や高卒では、専門卒のように仕事に直結するような分野を学んでいることが少ないですし、職業体験もバイト程度ですので、普通のニートとして就職活動をしていくしかありません。

ですので、専門卒のニートはまず、自分が学んだ分野を活かせる業界での就職を目指しましょう。

求人サイトを利用する

求人を探す時には、求人サイトを利用しましょう。

ハローワークでも求人を探すことはできますが、質の悪い求人も数多くあります。

カラ求人だけならまだしも、最低時給を下回ったような求人、明らかなブラック企業の求人などが普通に掲載されています。

そのため、探すだけ時間の無駄になってしまうことがあります。

求人サイトであれば、企業は掲載に料金を払っていますので、質の悪い求人はかなり減ります。

また、求人の数が非常に多いですし、一つの業界でも大企業から中小企業まで様々な企業の求人が掲載されています。

専門卒のニートが学んだ分野での就職活動をするとはいえ、すぐに内定が出るわけではなく、履歴書や面接で落ちることが多くなります。

ですので、多くの手駒を持っておく必要がりますので、求人数の多い求人サイトを利用した方が有利に就職活動を進めることをできます。

希望の求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。

待っているうちに他の人が内定を取ってしまうかもしれません。

すぐに応募するためには、予め履歴書や職務経歴書に書く内容を決めておかなくてはなりません。

求人を探すのと並行して、履歴書の自己PRや志望動機のひな形などを考えておくと良いです。

求人サイトには、履歴書の上手な書き方についてのコラムが掲載されていたり、転職エージェントが付くのであれば履歴書や職務経歴書の指導をしてくれます。

面接についても予め準備が必要です。

面接で聞かれる質問は限られていますので、質問に対する答えを準備しておけば、本番でも戸惑うことなく返答できます。

別業界で働きたい場合

専門学校で学んだ分野以外の業界で働きたいと考えている人もいるでしょう。

その場合は、残念ながら、普通のニートと同じ扱いになりますので、就職活動の難易度は上がってしまいます。

就職するための手順は学んだ分野と同じ業界への就職と同じですが、書類選考があまり通らなくなります。

なかなか面接に進むことができませんし、就職活動が長期化する傾向にあります。

同じニートの中でも、自分より若い人や学歴の高い人の方が優先されることが多いですので、専門卒が不利になることもあります。

大変ではありますが、時間をかけて、多くの求人に応募することができれば、就職することは可能ですので、根気強く応募し続けましょう。

まとめ

専門卒のニートは、学んだ分野への就職活動をすれば、普通のニートよりも有利に進めることができます。

また、求人サイトを利用すれば、スムーズに就職活動を進められるのでぜひとも利用しましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

ニートで仕事がないという人が取れる具体的な選択肢3つ

ニートということは、もちろん働いていない状態なわけですから、仕事がない状態でもあります。 ニート生活を終わらせようと思ったけれど、思うように仕事が見付からないという人もいるのではないでしょうか。 そん …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

大学中退フリーターが正社員に就職する方法!転職サイトはおすすめ?

大学進学率が5割を超える現在、大学生の数が増えるにしたがって、中退者数も増えています。 中退した人のその後は様々ですが、フリーターとして生活している人がかなりの数います。 不安定な雇用ですので、正社員 …

ニートにおすすめの短期バイト3つと誰でも使える志望動機例文

本格的に就職する前に、まずは短期バイトから始めて慣れていきたいと考えているニートは多いと思います。 でも、どんなバイトをしたらよいかわからないと悩んでしまったり、バイト先を決めても志望動機が書けなかっ …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

転職に失敗して無職になってしまった人へのアドバイス3つ

新卒が3年以内で離職する割合はおよそ3割。 つまり、少なくとも3割の人が転職を経験することとなります。 誰もがより良い待遇を求めて転職するのですが、実際に転職してみるとよりひどい労働環境であることがわ …

ニート女子におすすめのバイト、仕事は?結婚は間に合う?

ニートを脱出したい女性も多いはずです。 女性は「家事手伝い」や「花嫁修業中」と名乗れるという意見もありますが、女性も働いていないことで男性と同じように精神的に追い込まれるものです。 ニート経験があり女 …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …