未分類

ニートにおすすめの短期バイト3つと誰でも使える志望動機例文

投稿日:2017年3月25日 更新日:

本格的に就職する前に、まずは短期バイトから始めて慣れていきたいと考えているニートは多いと思います。

でも、どんなバイトをしたらよいかわからないと悩んでしまったり、バイト先を決めても志望動機が書けなかったりして、結局、動き出さずにニートのままになってはいないでしょうか。

そんな方のために、本記事ではおすすめの短期バイト3つと、応用が利く志望動機の作り方をご紹介します。

おすすめの短期バイト3

短期バイトは様々ありますが、コミュニケーションが必要だったり、体力的にきついものだったり、ニートにはなかなか難しいものも多いです。

ですので、適当には選べませんし、選ぶ段階で足踏みを踏む気持ちもわかります。

そこで、最低限のコミュニケーションで十分で、体力的にそれほどきつくないものを3つ紹介します。

1つ目は、警備員です。

工事現場や商業施設、イベント会場などで行う仕事です。会場を巡回したり、客や車を誘導したりと馴染みの深い仕事かと思います。

基本的には持ち場にて一人での仕事となりますので、コミュニケーション能力は必要ありません。

立ち仕事なので、慣れるまではややきつく感じますが、重い物を持つわけではないので、力は必要ありません。

2つ目は工場作業員です。

工場のライン作業を行います。作るものは、食品や機械部品、日用雑貨など様々です。

ラインに立ってひたすら作業を繰り返すだけなので、コミュニケーションはほとんど必要ありません。

単調な作業が続くので時間が過ぎるのが遅く感じるなどつらいこともありますが、ニートにはぴったりの仕事です。

3つ目は、清掃です。

公共施設や商業施設、ビルなど様々な場所で清掃を行います。

清掃の仕方や担当場所さえわかってしまえば、後は黙々と作業を行うだけですので、気楽に仕事ができます。

ただし、早朝からの仕事になることも多いです。朝弱い人にはきついかもしれませんが、生活リズムを改善するチャンスにもなります。

誰でも使える応用が利く志望動機

短期バイトでの志望動機は、それほどしっかりとしたものは必要とされません。

応募側はお金が欲しいだけですし、企業側は使い捨ての労働者が欲しいだけなのですから。

ですので、体裁が整っていれば、それだけで大丈夫ということも珍しくありません。

しかし、もし応募者が殺到していた場合、主婦やフリーターの方がニートより優先されやすくなってしまいます。残された枠をニートで争う時には、ちゃんと志望動機を書いている人が採用されやすくなりますので、しっかりと要点を掴んだ志望動機を書く必要があります。

短期バイトの志望動機を書く上で必須の要素があります。

1つ目は、会社側が考える条件と、あなたが働く条件が一致していることです。

短期バイトを求める会社は、とにかく人出が必要であることが多く、できれば経験者、そうでなくても、やる気のある人を求めています。

ですので、経験があるならその旨を、なければ興味がある、やってみたかったなどの文言を入れる必要があります。

2つ目は、なぜ短期バイトかということです。

一般的に長期のバイトの方が短期バイトよりも人気がありますので、なぜ短期を希望するのかという理由は注目されます。

ですので、何かしらの理由を考える必要があります。

例えば、1か月後から職業訓練があるので、海外留学前にお金を貯めるため、といったような理由を書きましょう。

本当の事を書く方がもちろんよいのですが、嘘を書いてもバレませんので、なんとか体裁を繕いましょう。

最後に例文を2つほど下記します。

・以前同じような仕事をしたことがあり、経験を活かせると思い応募しました。来月より職業訓練に通うため、短期でのアルバイトを希望しています。

・以前よりこの仕事に興味がありました。学費を捻出する必要があり、現在のアルバイトだけでは足りないので、こちらの短期のアルバイトにも応募しました。

こうした例文を自分の状況に合わせて、単語を変えるなどして使ってみてください。

まとめ

以上、ニートにおすすめの短期バイトと、誰でも使える志望動機をご紹介しました。

ぜひ短期バイトを行って、ニート脱出の足掛かりとしてください。

 

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。 大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。 そこで、本記事では …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

ニートの就職に学歴は必要?高学歴、低学歴のそれぞれのメリット・デメリット

社会に出れば学歴なんて関係ないと言われますが、実際、世の中はまだまだ学歴社会です。 そうなると、ニートからの就職において、学歴がどう影響するのか気になると思います。 学歴は高くても低くても、ニートの就 …

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。 なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。 しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。 …

働きたいニート女子への4つのアドバイス

「訳があってニート生活を送っていたけれど、ここ最近働く意欲が湧いてきた」という女性も多いのではないでしょうか。 働きたいと思ったのには、自分の中に何かの目的意識が生まれたからだと思います。 働きたくな …

ニートで仕事がないという人が取れる具体的な選択肢3つ

ニートということは、もちろん働いていない状態なわけですから、仕事がない状態でもあります。 ニート生活を終わらせようと思ったけれど、思うように仕事が見付からないという人もいるのではないでしょうか。 そん …

チャンスはまだある!ニート女子が就職するために大事なポイント4つを解説

家事手伝いという言葉に隠れて、女子のニートも数多くいます。 ニートというと男性のイメージが強いので、一般的なニート対策も男性向けのものが多くなっており、女子のニートはなかなか参考になるものがあまり見当 …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

社内ニートから転職する方法、転職先を選ぶ時の注意点

就職はしているものの、十分な仕事を与えられずに社内ニートとして過ごしている人は数多くいます。 かつては窓際族と呼ばれており、定年間近の人が多いイメージでしたが、実際は若者でも社内ニートは数多くいます。 …