ニート向けの仕事一覧

ニートからでもできる福祉の仕事4選とその業務内容、必要資格

投稿日:

ニートをしている人の中には、福祉の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。

今後、高齢者はどんどん増えていきますので、福祉関係の仕事の需要は高まっていきます。そのため、安定的な仕事であると言えるでしょう。

しかし、実際に福祉関係の仕事にどういったものがあり、どうすればその職に就くことができるのか、知っている人はそれほど多くありません。

本記事では、福祉関係の仕事に興味を持ったニートに向けて、福祉の仕事の労働内容や条件、待遇等をご紹介します。

1. 介護職員

福祉関係の仕事で最初に思い浮かぶのは、介護職員でしょう。

介護職員の仕事は、高齢者の生活全般に渡る援助です。

入浴や排せつ、食事、移動などの介護を行ったり、医師や看護師、家族との連絡を担当したり、福祉用具の管理をしたりと仕事は多岐にわたります。

職場は、老人ホームやサービス高齢者住宅、デイサービスセンターなど様々ですし、訪問介護を行うこともあります。

早番や遅番、夜勤など勤務はシフト制になっていることが多いです。

肉体的にも精神的にも大変な仕事ですが、それほど給与は高くなく、夜勤や残業をしても手取り20万円を超えないことも珍しくありません。

資格が無くても働くことはできますが、介助範囲が限られてしまい、給与も低くなります。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を取得の上働き始めるのが良いでしょう。

経験を積んだら、実務者研修、介護福祉士へステップアップしましょう。

2. 介護タクシードライバー

介護タクシーとは、一人で出歩けない高齢者や障がい者をサポートするサービスです。

病院への送り迎えと付き添いがセットになっており、乗降介助や介護機器のレンタルは介護保険の適用範囲になっています。

介護タクシーは普通のタクシーと違い、完全予約制です。

仕事の性質上夜勤も無いので、勤務体系としては比較的楽になります。

その分、給与はそれほど高くなく、基本給は20万円程度であることが多いです。

それに加えて、歩合制の給与が詰まれる会社もあります。

介護タクシーのドライバーになるには、普通自動車第二種免許と、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)が必要になります。

3. 理学療法士

理学療法士とは、身体機能を回復させるために、運動療法や物理療法、日常生活活動を行います。

整形外科や脳神経外科などで術後のリハビリをすることが多い職業ですが、介護分野においても健康寿命を延ばすために、需要が高まっています。

国家資格であるため、他の職種よりやや高く、月収は25万円前後であることが多いです。

勤務体系はほとんど日勤のみですし、休みが少ないということもありません。

理学療法士の国家試験を受験するためには、専門学校や大学で3年以上学ぶ必要があります。

すぐに働きたい人には時間がかかり過ぎるかもしれませんが、じっくり学んで後々安定した生活をしたい人であれば、進学を選ぶのもよいでしょう。

4. 栄養士

福祉施設は食事を提供しますので、栄養士は欠かせない存在です。

食事の提供はもちろんのこと、献立の作成や食材の発注、衛生管理などを担当しています。

健康を維持したり、病気を予防したり、誤嚥を防いだりと高齢者の食事は注意すべき点がいくつもありますので、しっかりとした知識を持った栄養士が必要です。

栄養士の給与は20万前後であることが多く、高いとは言えません。

昇給もそれほどありませんが、上級資格である管理栄養士になることで、年収のアップが望めます。

朝昼晩の三食を作らなければなりませんので、他に栄養士がいない職場だと長時間労働になることもあります。

栄養士になるには、栄養士過程のある大学や短大、専門学校で学ぶ必要があります。

修業年限に関わらず、卒業後には栄養士の資格を得ることができます。

ただし、修業年限が短ければ、管理栄養士になるために必要な実務経験が長くなりますので注意しましょう。

まとめ

以上、福祉関係の仕事を4つご紹介しました。

福祉関係の仕事の種類は様々ですので、自分に合ったものを見つけて、資格取得にチャレンジしましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートがニトリでアルバイトをするのはあり?業務内容や待遇を紹介

「家具のニトリ」はみなさん、ご存知でしょう。 実はニトリは、頻繁にアルバイトの募集を行っています。 周囲のお店よりも時給が高めですので、気になっているニートの方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、ニ …

ニートはバイト経験なしでも就職できる?経験を問わない仕事とは

  ニートでこれまでアルバイトの経験がない場合に、就職できるのだろうかと心配になるのは自然な気持ちです。 全く職業経験がない場合に、職場で働くことができるのか、幾つかの事例を見ながら探っていきましょう …

まだ諦めるのは早い!ニートから総合職に就職する方法

ニートの中には、総合職への就職はできないものかと思い悩んでいる人もいるでしょう。 一般的に総合職になれるのは、大卒以上の新卒採用です。 学歴が足りなかったり、中途採用だったりすると、一般職や特定の職種 …

ニートにデータ入力の仕事はおすすめ?主な3つの仕事内容、条件・待遇、よくある質問

ニートの方で再就職を考えている方におススメのお仕事があります。 それはデータ入力のお仕事です。 データ入力と言っても勤務先により仕事の内容は様々です。 売り上げなどを入力する経理的なデータ入力もあれば …

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

  ニート状態から就職活動をするとき、「ニートだったら介護の仕事しかないな」と言われることがあるかもしれません。 このように言われるのには、実は深い理由があります。 ニートであった時期を経て、これから …

ニートから金融業界に就職できる?おすすめの就職先と資格

ニートをしている人の中には、金融業界の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。 金融業界は在庫を抱えるリスクや設備投資を見誤るということがありませんので比較的安定的な業態です。 給与水準も高いこと …

残業の多い職種5選と残業が多い業界的な原因

現在、就職や転職を考えている皆さんの中には、残業が多い職場で働くのは避けたいと考えていらっしゃる方が多いと思います。 しかし、どの業種、業界が残業が多いかはあまり知られてなく、残業が多いかどうかは印象 …

未経験ニートからプログラマーに就職する方法、ホワイト企業で働くには?

ニートをしている人の中には、パソコンでの作業が得意という人も数多くいるため、IT業界、特にプログラマーに興味を持っている人も少なくありません。 しかし、プログラマーは大変だといった報道や、ネット上の話 …

ニートは事務職に簡単に就けるのか?バイト、派遣、正社員での違いを解説!

事務職に就職してニート脱出をしようと考えている方も多いと思います。 ニートでも事務職には就職可能なのか、どの勤務形態での就職が良いのか、について書いていきます。 目次事務職の仕事とは事務職に簡単に就け …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …