ニート向けの仕事一覧

ニートが土方(土木作業員)として働くことはできる?仕事のメリットとデメリット

投稿日:2017年3月21日 更新日:

私がニートをしていた頃の話です。

求人誌や求人サイトで仕事を探していると、土木作業員の求人をよく見かけました。

土木作業員という仕事はいわゆるガテン系で、屈強な体つきをした男性が働いているイメージがあり、ニートで体力のない自分には務まらないと敬遠していました。

しかし、現在では土木作業員のような肉体労働系の仕事に対する考え方が変わってきています。

この記事では、土木作業員のメリット、デメリットを紹介し、実際にニートが就職できるのか説明したいと思います。

土木作業員とは

土木作業員は、土木工事現場で働くスタッフです。

工事の種類は、道路工事、河川工事、ダム工事、建設現場、橋梁工事などがあります。

土砂の掘削、資材の運搬、重機の運転などがあります。

機械で出来る箇所は機械で、それ以外は人の手によって作業します。

ニートが土木作業員になるメリット

未経験でも大丈夫

初めから専門的な業務を任されることはありません。

中途採用が多い

30代だと若い部類に入ります。

豊富な仕事内容

土木工事の仕事は様々な仕事があります。

パワーショベルやクレーンなどの運転免許や資格を取ることで、その仕事を任される可能性があります。

作業が形として残る

自分たちが作り上げた道路や建物は、いつまでも残ります。

とても達成感がある仕事です。

賃金が高い

地域や仕事内容にもよりますが日給で7000円~15000円あたりが相場のようです。

60歳以上でも働ける

定年制の有無にかかわらず、60歳以上でも働いている人が多いです。

65歳は若いと言われる時代ですから、手に職付けておけば定年後の仕事には困りません。

転職に活かせる

仮に将来転職することになっても、一定期間土木作業員として働けば、その経験は体力や忍耐力のアピールになります。

ニートが土木作業員になった時のデメリット

体力勝負

とにかく、重いものを持ち上げて運んだり、力を入れて作業する仕事ですから、体力的にきついです。

暑い日も寒い日も外で働き続けなければいけないので、体力の消耗も激しいでしょう。

スタッフは十人十色

仲間意識が強い人もいれば、寡黙な人、我が強い人、優しい人など様々です。

例え喋るのが苦手でも、言われた仕事を積極的にこなしていれば、次第に認められるでしょう。

危険がつきまとう

重機との接触、資材が上から落ちてくるなど、常に危険がつきまといます。

また、昼以降は集中力も落ちてくるので、注意散漫になります。

また、夏場の熱中症にも注意しなければなりません。

自分の身は自分で守れるように常に自分の身と周りの環境に気を配る必要があります。

雨の日は仕事がない

雨天時は作業が中止となります。

働いていないので、給料も発生しません。

しかし、トンネルなど屋内で作業可能で危険性がなければ、雨天でも仕事をする現場もあります。

ニートが土木作業員として就職するには

土木作業員として就職するには、求人サイトや求人誌を利用し、働きたい職場に応募します。

ホームページなどがあれば目を通しておくとよいでしょう。

研修や資格取得制度や休日、残業手当を明記しているような、社員教育に力を入れている会社がおすすめです。

採用面接では、ニートの人は体力面やコミュニケーション能力をアピールしても、説得力がないように感じられてしまいます。

具体的なエピソードや、一念発起して頑張りたいという熱意を伝えることが、採用に繋がる重要なポイントになるでしょう。

まとめ

土木業界は、少子高齢化の影響もあり、人材不足です。

また東京オリンピックによる需要もあり、求人数は増加しています。

年齢問わず未経験でもチャレンジする機会は十分にあります。

体力がないニートにとって肉体労働は天敵のようなものです。

しかし、キャリアアップの道がある土木業界は、夢も希望もない職種ではありません。

闇雲に働くのではなく、将来を見据えた働き方を考え、実行しましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未経験からでも正社員になることが出来る職種5つ

正社員という雇用形態に安定感を覚え、正社員登用ありの求人を探しだした人もいるでしょう。 しかし、「経験者優遇」という文字ばかり目について、ため息が漏れるような日もありますよね。 という訳で、ここでは、 …

ニート必見!人と関わらないおすすめのバイト5選

ニートの多くは人間関係に不安を感じていると思います。 ですので、出来る限り人と関わらないで済むバイトがあれば、ぜひともやってみたいと考えているニートが多いのではないでしょうか。 しかし、人と関わらない …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …

在宅ワークはニートでもできる?おすすめの在宅ワーク5選

 ニートの中には、病気を患っていたり、親を介護しなければいけないという理由で、外で働くことが出来ない人がいますよね。 しかし働かなければ生活できないのも現実です。  そんな人が働く方法の1つとして、在 …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

外で働けない場合でも大丈夫!自宅で稼ぐ方法

家庭の事情や健康上の問題などで、外で働けない場合があります。それでも仕事をして少しでも稼ぎたい場合には、自宅で稼ぐ方法が一番有効です。 インターネットが発達した現代では、ネットを利用した仕事がたくさん …

ニートにとっての住み込みバイトのメリット、就職、活用方法

住み込みバイトの特徴として、会社が寮等の住まいを用意してくれるということがあります。 例を挙げると、リゾート施設を経営している会社の場合、交通機関が不便な場所にあることが多いです。 その為、繁忙期の人 …

ニートも金持ち!仕事の給料別ランキングトップ10

転職を考える際、仕事内容が自分に合っているかどうかと、実際のお給料の面が気になりますよね。 という訳で、ここでは給料の良い仕事をランキング形式で10個、紹介していきます。 目次10位:新聞記者9位:I …

本好き必見!図書館の求人、仕事内容!資格は必要?

本が好きだとか、静かな場所で働く事が好きという人は図書館で働きたいと考えるかもしれません。 図書館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 目次図書館で働くための資格と仕事の内容について図書館 …