ニート向けの仕事一覧

ニートからルート営業に就職できる?業務内容や平均年収

投稿日:2017年7月10日 更新日:

ニートをしている人の中には、普通の営業はやりたくないけど、ルート営業ならやってみたいと考えている人もいることでしょう。

通常の営業のように新規開拓をするわけではありませんので、精神的にも体力的にも比較的楽になりますので、ニートに限らず、ルート営業は人気が高い仕事です。

本記事では、ニートからルート営業に就職するときの待遇や条件、仕事内容、アドバイスなどをご紹介します。

ルート営業とは

まず、ルート営業について知りましょう。

ルート営業とは、元々取引のある顧客に対して、製品やサービスのフォローをしたり、別の製品のセールスを行う営業です。

一般の営業のように新規開拓を行う営業ではありません。

「ルート」とは決まった顧客を回っていくことを表しています。

営業と言えば、自分の商品の良さを伝えていくことを想像すると思います。

しかし、ルート営業はまず顧客の現状をヒヤリングすることから始まります。しっかりとしたヒヤリングから顧客のニーズをつかみ取り、そのニーズに合った自社商品を紹介したり、商品開発に役立てたりします。

ニートはルート営業に就職できるか?

結論から言えば、ニートでもルート営業になることはできます。

営業職はどれも人の出入りが激しいので、職歴や学歴のないニートでも採用されやすい傾向にあります。

しかしながら、ルート営業に関しては、通常の営業に比べて、精神的にも肉体的にも楽な営業ですので、勤続年数も長い傾向にあります。

そのため、募集が少なくなっており、加えて人気も高いのですぐに応募が殺到してしまいます。

ニートではない、通常の転職者もルート営業を狙っていますので、そうした人たちと内定を競うとなると、ニートであることはかなり不利です。

ルート営業に必要な資格は特にありませんが、日商簿記2級やMOSなどの資格を取得してアピールしたり、空白期間を無くすために予め他の仕事に就職した上でルート営業へ転職したりと、書類選考で落とされないように対策を取る必要があります。

ルート営業はインセンティブがつきにくいので、それほど年収は高くありません。平均年収は首都圏で400万円程度、地方であればもっと安くなります。

ニートだったからと言って待遇が下がったりはしませんが、ルート営業の未経験者であれば、月収20万円程度となるのが一般的です。

ルート営業で大切なこと3つ

ルート営業で大切なことを3つご紹介します。

1. コミュニケーション能力

1つ目は、コミュニケーション能力です。

ルート営業の仕事は決まった顧客に、定期的に会いに行って話を聞くことですので、非常に簡単なように思えますが、顧客とのしっかりとした信頼関係を築く必要があり、コミュニケーション能力が問われます。

通常の営業のような押しの強いトークは全く必要ありませんが、顧客が持っているニーズをしっかりと聞き出す必要があります。

また、聞き出した情報を社内で共有しますので、社内でのやり取りも重要です。

2. 迅速な対応

2つ目は、迅速な対応です。

ルートが決まっている営業ではありますが、顧客がトラブルに見舞われたら、すぐに対応しなければなりません。

どれだけ迅速に対応することができれば、顧客からの信頼を得ることができます。

決まった顧客と何度も会うからこそ、安心感、信頼感が重要になりますので、迅速な対応ができることは必須になります。

3. パソコンスキル

3つ目は、パソコンスキルです。

ルート営業は、顧客や社内への説明で大量の資料を作成する必要があります。

そのため、ワードやエクセル、パワーポイントといったオフィスソフトを使いこなせないと、仕事に支障が出てしまいます。

資格まで取る必要はありませんが、今までオフィスソフトを使ったことがない人はMOSの取得を目標にして勉強するのもよいでしょう。

まとめ

ニートでもルート営業になることはできます。

比較的楽な営業ではありますが、顧客との信頼関係をしっかりと築く必要があり、人によっては、通常の営業よりもつらく感じるかもしれません。

本記事を参考にして、自分に向いているかどうか確認の上、ルート営業に応募してみてください。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

本好き必見!図書館の求人、仕事内容!資格は必要?

本が好きだとか、静かな場所で働く事が好きという人は図書館で働きたいと考えるかもしれません。 図書館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 目次図書館で働くための資格と仕事の内容について図書館 …

毎日働けない人におすすめ!誰でもできる在宅ワークから始めてみよう!

毎日働けないと悩んでいるフリーターやニートなどの人は近年増加していると言われます。 加えて、就職しようにも学歴や経歴がネックとなってしまうケースも多いでしょう。 しかし、この様な立場の人が全く社会貢献 …

高卒女性に人気の仕事ランキング!平均年収や就活の流れも

高卒女子は社会におけるさまざまな職場で活躍しています。 当記事では高卒女子に人気の仕事ランキングおよび就職活動で押さえておきたいポイントなどについて説明しています。 目次高卒女性の就職の現実高卒女性の …

ニートは新聞配達が合ってる?仕事内容や条件、待遇を紹介

ニートをしている人の中には、新聞配達に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 新聞を配り歩くだけなら誰でもできると思ってはいるものの、それ以外にどんなことをしているのかわからず、今一歩新聞配達 …

美術館の求人はどこで見つかる?仕事内容、資格、収入などについて

絵画などが好きという人や静かな場所で働く事が好きという人は美術館で働きたいと考えるかもしれません。 美術館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 美術館で働くための資格と仕事の内容について …

ニートからでもできる福祉の仕事4選とその業務内容、必要資格

ニートをしている人の中には、福祉の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。 今後、高齢者はどんどん増えていきますので、福祉関係の仕事の需要は高まっていきます。そのため、安定的な仕事であると言えるで …

就職しやすい仕事の特徴3つと具体的な業界

ニートをしている人の多くは就職してニートから抜け出したいと考えています。 しかし、ニートとなると履歴書に空白期間があり、どの業界でもなかなか就職しにくいという現実があり、就職活動に二の足を踏んでいる人 …

ニートがIT業界で正社員になるための条件、有利な資格

ニートからITの正社員になりたいと思う方は多いと思います。 私もニート時代正社員になる候補としてITを視野に入れていました。 入ってみると自分が思っていたより敷居が高くはありませんでした。 ITの正社 …

ニートにはポスティングの仕事がおすすめ?給料は歩合制?メリットとデメリット

現在、ニートで再就職を考えている方々におススメのお仕事があります。 それはポスティングのお仕事です。 一軒家やアパート、マンションなどのポストにビラやチラシを投函するのが主なお仕事で枚数は多いですが、 …

ニートからbtob企業への就職はおすすめ?メリット、デメリット、求人の探し方

ニートが就職活動を行っていても、大手や有名企業は新卒などに採用が決まりがちですよね。 また仕事を探していても、「とりあえず聞いたことがある会社に応募してみようかな」と考えるも、人気のある職種はすぐに応 …