ニート向けの仕事一覧

webデザイナーは人手不足って本当?求められるwebデザイナーになるための方法

投稿日:

webデザイナーになりたいと考えているニートも多いかと思います。

しかし、webデザイナーの現状がよくわかっていない人が多いでしょう。

IT業界はどの業務も人手不足なので、webデザイナーも引く手あまたという話もある一方で、webデザイナーを代表するデザイン系はなりたい人も多いので飽和状態とも言われています。

そこで、本記事ではwebデザイナーの現状や、求められるwebデザイナーになるための方法、webデザイナーになるメリットについてご紹介します。

目次

webデザイナーの現状は?

webデザイナーは飽和状態であると言われることが多いですが、これは事実でもありますし、間違っているとも言えます。

webデザイナーと一口に言っても、そのレベルは様々です。

webデザインの会社で働けば、webデザイナーを名乗ることができますので、ほとんど経験のない人でもwebデザイナーになってしまいます。

こうした経験の浅いwebデザイナーは往々にしてデザイン寄りのデザイナーです。

サイトのレイアウトやカラーイメージを作り出すことを得意としています。

しかし、webデザインの現場では、個性的なものよりも誰でもできるようなデザインを求められることがほとんどです。

当然、ほとんどのwebデザイナーはそういった需要に対応することができますし、誰がやっても結果はあまり変わりません。

そのため、webデザイナーは飽和状態と呼ばれています。

しかしデザインに加えて、HTMLCSSのコーディング、ロゴやバナー、挿絵などの制作、アニメーションや動きのあるアイコンなど動的なオブジェクトの作成などを行うことが出来るwebデザイナーは非常に重宝されており、どの会社も喉から手が出るほど欲しい人材です。

つまり、デザインだけのwebデザイナーは飽和状態であり、他のスキルを備えたwebデザイナーは求められているということです。

求められるwebデザイナーになるには?

前述したように、デザインだけではwebデザイナーとして生きていくことは難しいです。

デザインだけでなく、他の領域にまで踏み込める幅広い知識と技術が必要となります。

webデザイナーには免許がないので、採用さえされれば、独学で勉強してもなることができます。

しかし、独学でやると、どうしても勉強したい分野に偏りが出てしまいます。

そこでおすすめなのが、専門学校に進むことです。

専門学校では、基礎的なデザインや色彩の勉強をしながら、HTMLCSSの勉強も行います。

最近では動画サイトが盛り上がっていることから、動画編集や加工を授業に取り入れている専門学校も数多くあります。

網羅的に学習することができるので、デザイン一辺倒のwebデザイナーにはなりにくいです。

また、就職後も勉強が必要です。

web業界では新たな技術が続々と生まれています。

そうした技術にアンテナを張り、仕事で使えそうだと感じたら、自分で学んで仕事に取り込むことが必要になります。

そうすることで、他のwebデザイナーとは一線を画すことになり、求められる人材となります。

webデザイナーになるメリットはなに?

常に勉強が必要なので大変な仕事ではありますが、webデザイナーになるメリットもあります。

一番のメリットは、業界が拡大し続けていることです。

webの発展はこれからも継続していきます。

そのため、webデザイナーの仕事もどんどん増えていきます。

パソコンからスマホ、タブレットへ、といったようなデバイスの変化は今後もありえますが、基本的にwebデザイナーが行う仕事はあまり変わりませんし、需要はますます高まりますので、業界として安泰です。

また、個人の力量がものを言うこともメリットでしょう。

流動性の高い業界ですので、自分ができることをうまくアピールできれば、より待遇の良い会社に移ることが可能です。

また、営業力があれば、フリーのwebデザイナーとして活躍して、ワークライフバランスを保ちながらも収入を増やすといったことも可能です。

まとめ

webデザイナーは敷居が低い分、経験の浅い人でもwebデザイナーと名乗れてしまいます。

そうした人の数が多く、飽和状態になっているように見えます。

実際は、デキるwebデザイナーは不足しており、まだまだ人手不足です。

本記事を参考にして、多方面に精通したwebデザイナーを目指すのはいかがでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

高卒女性に人気の仕事ランキング!平均年収や就活の流れも

高卒女子は社会におけるさまざまな職場で活躍しています。 当記事では高卒女子に人気の仕事ランキングおよび就職活動で押さえておきたいポイントなどについて説明しています。 目次 高卒女性の就職の現実 男女雇 …

ニートからルート配送に就職できる?1日のスケジュール例やメリット・デメリットなど

現在、ニートの方で就職を考えているみなさん! ルート配送のお仕事はいかがですか? 決まったルートでお客様にお荷物をお届けするお仕事です。 決まった場所にしか配送しないので、道を覚えてしまえばラクラクで …

ニートはサービス業に向いている?業務内容や向いている人の特徴

無職の期間が長くなってくると、人と接する機会も少なくなってきます。 必然的に人と関わる機会の多いサービス業への転職なんて考えられない。 そう思っていた時期が私にもありました。 今回の記事では、サービス …

コンビニだけじゃない!ニートにもおすすめの深夜バイト5選

ニートの中には昼夜逆転してしまっていたり、昼間は人目があるので出歩きたくないと考えている人が多いと思われます。 そこで、深夜にできるバイトでニート脱出してみようかと考えている人も多いのではないでしょう …

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。 世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、 …

ニートに引越し業はおすすめ?業務内容や向いている人を紹介

引越し業に興味を持っているニートの方もいらっしゃると思います。 実際に私もニートを抜け出した時、バイトではありますが引越し業を行っていました。 本記事では引越し業の業務内容や待遇、向いている人について …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

転職に人気の職種ランキングトップ10

人気の職業といっても、転職活動を始めるにあたって、求人数が少ないものだとどうしようもないですよね。 新しい職に就くために資格取得の計画を立てている、など明確なビジョンがある人ばかりではないのも事実です …

ニートから弁護士として就職する方法、必要な資格、平均年収は?

ニートの中には弁護士に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 法律の専門家として必要とされる職業ですし、収入も安定して高いです。 ドラマやマンガなどでの弁護士の活躍をみて憧れている人もいるでし …

性格から考えよう!ニートでもできるおすすめのアルバイト

ニートであった時期を経てアルバイトをする場合に、おすすめのアルバイトにはどういった仕事があるでしょうか。 おすすめの理由と職種も具体的に見ていきましょう。 目次 自分に合った環境と職種を 自分の能力を …