ニートの就活のやり方

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

投稿日:2017年6月2日 更新日:

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。

しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわからず、戸惑ってしまうことが多いです。

本記事では、ニート歴が長い人に向けて、就職活動で気を付けるべきポイントをご紹介します。

ニートの長い空白期間は誤魔化せない

ちょっとしたニート歴でしたら、病気療養をしていた、家族の介護をしていた、資格試験や公務員試験の勉強をしていた、などの理由を出せば、ニート歴を誤魔化すことが可能です。

嘘を吐くのはよくはありませんが、実際に少しでも勉強や介護を行っていれば、その期間を長くして伝えることはよくあります。

しかし、ニート歴が長いと、そうした誤魔化しができません。

そのため、書類選考の通過率が著しく低くなってしまいます。

書類選考に落ちることが当たり前、ということを理解しておかないと、書類選考に落ちるたびに気持ちが落ち込んでしまい、まともに就職活動を行うことができません。

書類選考に通ればラッキー、くらいの心持ちで臨むことが大切です。

就職活動には体力が必要

書類選考がなかなか通らないということは、ニート歴の長い人の就職活動は長期化してしまう傾向にあるということです。

長期の就職活動で必要なのは、根気強さです。

精神的な強さも重要ですが、体力面の強さも相当必要です。

まして、長期間ニートをしていた人の多くは、まともに運動をしておらず、少し外出しただけでかなり疲れてしまうでしょう。

ですので、体力をつけるように運動することを心掛けましょう。

いきなりランニングをしても、足腰に怪我をしてしまう可能性が高いです。

それほどまでに筋力が弱った人も多いのです。

まずは、短い距離のウォーキングから始めましょう。

慣れてきたら、少しずつで距離を伸ばしましょう。

体力強化は必須ですが、無理は禁物です。

また、長期間のニート生活では、発声能力が極端に落ちています。

まともに声が出せなければ、書類選考が通っても、面接で良いアピールはできません。

自室で本を音読するなど、発声の練習もしておきましょう。

働ける業界が限られる

長期間のニートをしている人は、残念ながら、どの業界でも行けるわけではありません。

人手不足が常態化しており、ニートでもいいから人手が欲しいと思っている業界でなければ、入社できないのが現状です。

人手不足の業界は、肉体労働であったり、精神的にきつかったり、人材がなかなか定着せず、離職率が高めであることが多いです。

介護業界、運送業界、建築業界、飲食業界、IT業界などが該当します。

そういった業界に入りたくないかもしれませんが、他の道が残されていないことが多いです。

ただ、一度ニートから脱却してしまえば、転職先の幅は大きく広がります。

行きたくない業界でも、将来行きたい業界へのステップだと考えて、飛び込むのがよいでしょう。

求人サイトで就職活動をしよう

就職活動を始めるとき、理由も無くハローワークを使う人が多いです。

特にニートはそれしか選択肢がないと思いがちで、盲目的にハローワークに通います。

ハローワークにも多くの求人はありますが、カラ求人も多く含まれており、おすすめできません。

長期のニートでも、求人サイトを使うことができます。

しかも、無料ですので、登録しない手はありません。

求人サイトは数多くありますが、その中でもおすすめはリクナビNEXTです。

リクナビNEXTの求人数は日本最大で、大手企業からベンチャー企業まで多種多様な求人を取り揃えています。

その中にはもちろんニートを受け入れる求人も多数掲載されています。

長期のニートをしている人は、とにかく求人に応募し続ける必要がありますので、求人の掲載数が多い求人サイトの方が有利に就職活動を進められます。

ですので、リクナビNEXTが最適な求人サイトと言えるでしょう。

>>リクナビNEXT

まとめ

長期のニートの就職活動は非常に困難な道のりですが、決して就職が不可能というわけではありません。

長期に渡る就職活動を根気強く続けていければ、必ずや内定をもらうことができますので、諦めずに頑張りましょう。

-ニートの就活のやり方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

若さは武器!既卒フリーターが就職するための3つの戦略

内定を取れずに学校を卒業してしまい、フリーターになってしまう方は少なくありません。 いつかは正社員に、とは思いつつも、どうやって就職活動を進めればよいのかわからず、なんとなくフリーターを続けてしまって …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

初めてハローワークに行くニートの人が知っておくべきこと

働く意欲が湧いてきたことを周りに告げたら、「ハローワークへ行ってみたら?」と言われた人もいるのではないでしょうか。 ハローワークへ行ってみようと考えているけれど、実際ハローワークってどんなところだろう …

人生逆転!ニートからいきなり正社員になるために重要な3つのこと

多くのニートは社会復帰を考えていると思います。 まずはアルバイトから始める、専門学校に通って手に職をつける、派遣社員で慣れてから正社員を目指す、など様々な道があるでしょう。 そういった考えの根底には、 …

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 「時代が俺に …

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。 そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。 しかしどのように就職 …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

ニートにできる仕事はない?自信を持つための方法とおすすめの仕事

社会復帰を目指すニートでも、いざ仕事を探すとなると、自分にできる仕事がないと不安になって、結局ニートのまま過ごしている人が数多くいると思います。 しかし、本当にできる仕事がないのでしょうか。 世の中に …