ニート向けの仕事一覧

IT系の王道!パソコンを使う仕事の種類5つの内容、特徴を紹介

投稿日:2017年10月10日 更新日:

IT業界は何かと話題に上ることも多いので、気になっている人もいるのではないでしょうか。

もしかしたら、既に「IT系の仕事を探そう」、と考えている人もいるかもしれませんね。

という訳で、ここでは、IT系のパソコンを使う職種と仕事内容を5つ、紹介していこうと思います。

1. プログラマー

プログラマーの仕事内容は、会社にもよりますが、大まかに「開発」と「動作確認」です。

具体的にはどのようなものかというと、まず、システムまたはソフトウェアの開発作業をします。

開発作業の元となるものは、システムエンジニアが作成した仕様書というものです。

仕様書を見て、「プログラム言語」を使用し、プログラムを作っていきます。

そして、作ったプログラムに何かおかしな所がないか動作確認を何度も繰り返し、修正を重ね。

初めてプログラムの完成となります。

この辺りはシステムエンジニアとの区切りが付けづらく、プログラマー兼システムエンジニアといった人もいます。

また、他にも多岐に渡る仕事をする場合もあるので、求人の内容を良く確認しておく必要があるでしょう。

2. システムエンジニア

システムエンジニアの仕事内容は、これもまた会社によりますが、大まかにいうと「依頼主と開発スタッフの繋ぎ目」となります。

システムエンジニアの場合、まずは依頼主と話し合い、どのようなシステムを作っていくのかを取り決めていくところから始まります。

システム作成にかかる費用や期間を割り出し、依頼主の要望と折り合いを付けて提案していく必要があるので、ある程度のコミュニケーション能力も必要とされるといえますね。

そうして出来上がった仕様書をプログラマーなどの開発スタッフへ渡し、最終的な動作確認もシステムエンジニアがやります。

プログラマーと兼任している場合は、プログラムを組むところも、自分で行うということですね。

そうして出来上がったものを、依頼主へ納品し、一つの仕事が完了という流れです。

こちらも、プログラマーと兼任なのかどうかなど、細かな仕事内容は求人の内容を良く確認しておく必要があります。

3. Webデザイナー

Webデザイナーの仕事内容は、依頼されたWebサイトのデザインをすることです。

依頼主と相談しながら、まず、Webサイト全体のイメージを決定するところから始まります。

色味、ロゴ、アイコンの配置など、レイアウトも含め、細かく相談しながら行うことが多いです。

また、コーディングといわれる作業では、HTML、CSS、JavaScriptという専門的な技術も必要となります。

上記の専門的な技術は、Webデザイナーを目指すとき、勉強する必要があるものです。

また、Webサイトの最終的な調整では、少しずつの微調整を繰り返していく必要があるため、根気強さも求められます。

綺麗なサイトをデザインする、と聞くと一見華やかな印象を持ちますが、Webサイトを作り上げるには相当な労力が必要となるわけですね。

4. サウンドクリエイター

サウンドクリエイターの仕事内容は、大まかにいうと「ゲームのBGM、効果音の作成」です。

しかし、普通の作曲家と違うところは、作った曲をデジタルデータに置き換える作業が必要となる点です。

なので、Cubase、ProToolsなどのデスクトップミュージックソフトを使いこなすスキルが必要となってきます。

また、作曲家とプログラマーとの二手に分かれての作業という場合もあります。

デジタル化が進んでいる昨今なので、楽器を演奏出来なくても、サウンドクリエイターになることが出来るというのが魅力的ですよね。

5. デバッカー

デバッカーの仕事内容は、「ひたすらバグを見つけること」です。今回はゲームで例題を挙げていきます。

具体的には、まだ発表前のゲームを、ひたすら操作し、おかしな動作を見付け次第、プログラマーに報告して修正してもらう作業です。

これはかなり地道な作業ですが、ゲームを売り出す前段階ではとても重要な作業といわれています。

ゲームが好きな人は、何度か「この不具合がヤバイ」と酷評されているゲームをネット上で見たことがあるのではないでしょうか。

結構なバグがある作品は、酷評されます。それは、発表前にこの地道な作業を怠った結果であることも多いです。

デバッカーは、地道にコツコツとした作業をすることが好きな人には向いているといえるでしょう。

まとめ

パソコンを使うIT系の仕事とその仕事内容を5つ、紹介しました。

この記事が、パソコンを使うIT系の仕事を探していた人の参考になれば、嬉しいです。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートの就職におすすめな穴場企業・業界3選

ニートが就職活動を行うと、どうしても大手企業や有名企業への応募に偏ってしまいます。 しかし、そうした企業はニート以外も応募しますので競争率が高くなりますので、ニートには狭き門となってしまいます。 そう …

ニートは新聞配達が合ってる?仕事内容や条件、待遇を紹介

ニートをしている人の中には、新聞配達に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 新聞を配り歩くだけなら誰でもできると思ってはいるものの、それ以外にどんなことをしているのかわからず、今一歩新聞配達 …

営業職はパソコンができないときつい?必要なパソコンスキル

営業職を希望しているけれど、パソコンをうまく使いこなすことができない。使えることには使えるけれど、スムーズに操作できない。 こういった悩みを抱えている人は、少なくないようです。 それでは営業職はどんな …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

体が弱くても出来る仕事はある!体が弱い人の特徴や向いている職業のご紹介

体が弱いと、なかなか仕事に定着できなくて辛い思いをすることが多いですよね。体の弱さはなかなか人に理解してもらいにくく、仕事をしていく上での大きなハンデになってきます。 今回は、そうした体の弱さに注目し …

ニートがニトリでアルバイトをするのはあり?業務内容や待遇を紹介

「家具のニトリ」はみなさん、ご存知でしょう。 実はニトリは、頻繁にアルバイトの募集を行っています。 周囲のお店よりも時給が高めですので、気になっているニートの方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、ニ …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。 一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。 仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、 …

精神的に楽な職種ランキング【正社員】

就職活動する上で基準となることの1つとして、「精神的に楽かどうか」という人も多いですよね。 そこで、精神的に楽な職種はどんな仕事なのかを、お伝えしていきます。 目次1. 工場2. 事務職3. コンビニ …

ニートにデータ入力の仕事はおすすめ?主な3つの仕事内容、条件・待遇、よくある質問

ニートの方で再就職を考えている方におススメのお仕事があります。 それはデータ入力のお仕事です。 データ入力と言っても勤務先により仕事の内容は様々です。 売り上げなどを入力する経理的なデータ入力もあれば …