ニート向けの仕事一覧

体が弱くても出来る仕事はある!体が弱い人の特徴や向いている職業のご紹介

投稿日:

体が弱いと、なかなか仕事に定着できなくて辛い思いをすることが多いですよね。体の弱さはなかなか人に理解してもらいにくく、仕事をしていく上での大きなハンデになってきます。

今回は、そうした体の弱さに注目し、その特徴や原因をあげ、対処方法や体が弱い人が続けやすい仕事をご紹介していきます。

体が弱い人の特徴や原因はなに?

体力がない・筋肉量が少ない

体が弱い人の多くは、体力がなく、筋肉量も少ない傾向にあります。体が弱いためになかなか運動習慣が続かず、「体力をつけるための体力がない」「筋肉をつけるための筋肉がない」といった状況に陥りがちです。

特に全身の筋肉が少ない人は血流が悪くなり、全身の体温が下がり気味になります。体温が下がれば免疫もさがりますし、肌荒れや冷え性、低血圧など、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。

胃腸が弱い・お腹を壊しやすい

体の弱い人は食べたものを消化・吸収する力が弱いことが多々あります。「摂取エネルギー<消費エネルギー」の状態は、栄養不足を引き起こし、全身の機能が低下する原因になってしまいます。

また身体が冷えがちな人は胃腸が正常に働くことができずにお腹を壊しやすい状態にあります。お腹を壊すと食べられるものが制限されてきますから、やはり低栄養状態に陥りやすくなり、体の弱さに繋がっていきます。

食が細い・偏食気味である

体が弱い人は胃腸が弱い傾向にあるため、食べられるものが限られていたり、食べられる量が少なかったりすることが多いです。これもまた低栄養状態を引き起こし、体の弱さの原因になります。

また、食が細いと胃が小さくなり、たくさん食べようと思っても思うように胃にものが入っていかない、という状態に陥ります。そうすると食べることが苦痛になり、ストレスを感じてさらに食べられなくなるという悪循環に陥るのです。

免疫力が弱い・細かい病気にかかりやすい

体の弱い人はとにかく免疫力が低い傾向にあります。そうなると、風邪や口唇ヘルペス、肌荒れなど、病院にかかるほどではないし会社を休むほどではないけれど、やっぱりなんとなくしんどいしだるい、という状態が断続的に続いてしまいます。

そうなると体力も低下しますし、食も細りますし、そうしたことからさらに免疫が落ちていく、という悪循環に陥りやすい状態にあるのです。

また病気とまでは言わなくても、腰痛や肩こり、ドライアイなどのちょっとした身体の不調も引き起こしやすいのが特徴です。そうした細かい症状でも、いくつも抱えていると体に負担になってくるのです。

ストレス耐性がない

体が弱い人はストレスに対して耐性が低いことがよくあります。

常にストレスにさらされていると脳に負担がかかり、脳から副腎という臓器にコルチゾールというホルモンを分泌するよう命令が下ります。コルチゾールの働きによって、免疫機能が低下し、病気にかかりやすくなったり、記憶力が低下したりするため、ストレスの受けすぎは体に悪いと言われるのです。

病は気から、という言葉がありますが、精神的ストレスで体を壊すのは脳から「休息が必要だよ!」というサインが出ており、ストレス耐性がない人は必然的に体が弱くなる傾向にあります。

「体が弱い」は理解されない?つらさと対処方法

「病は気から」というパワーワード

さきほど「病は気から」という言葉をご紹介しましたが、体が弱い人は「気持ちをもっと強く持ったら病気なんかにならないよ!」と言われることが多々あります。

体が強い人や病気になりにくい人は「なぜ体をそんなに壊すのかわからない」と言う人が多いのも事実です。体が弱い人に対する配慮はしても、体が弱いことによるつらさを経験したことがないため、共感ができないのです。

経験したことがないことを理解しろ、というのは乱暴ですが、やはり体が弱い人の側からすると、体の強い人からの何気ない一言がグサッと刺さる、なんてこともあります。その代表が「病は気から」という言葉でしょう。

体の弱さは克服できるのか

ある程度であれば、体の弱さは改善することができます。例えばジムなどに定期的に通って、運動習慣をつけることで、体力をつけ、筋肉量を増やし、自然とお腹がすいてくるからたくさん食べるようになる、という状態まで持って行くことは可能です。

良い方向に体が変わっていくと、自然と自分に自信が持てるようになり、心に余裕が出てきてストレスに強くなるというメリットもあります。

ですが、それもある一定のところまで、というのもまた事実です。生来体が弱い人は、体力をつけていく過程で少しでもオーバーワークになってしまうと一気に気力や体力が減退し、また体が弱い状態に逆戻り、そして気持ちが沈んでストレスになってしまう、という事例もあります。

完全な克服よりも、現状よりも少しだけいい状態をキープする、という気持ちで臨むくらいがちょうどいいでしょう。

具体的な対処法~ストレッチ

体が弱い人は運動不足になりやすいので、無理のない範囲で運動をすることを心がけましょう。運動、と言われると気負ってしまうのであれば、ストレッチがおすすめです。

ストレッチも実は筋肉を伸び縮みさせる動作ですので、負荷をかけて筋トレをするよりはゆっくりのペースになりますが、着実に筋肉が付いてきます。

また、体が柔らかくなると、全身のこりが解消されるので怪我をしにくくなったり、血行が良くなったりして、自然に代謝や免疫が上がってくるというメリットもあります。

さらにストレッチにはリラックス効果があるので、寝る前にごろごろしながらできるストレッチを毎日続けることで、ストレス解消になったり、寝付きが良くなったりします。ストレスが少ない状態でよく眠ることができれば、それだけで体調が回復していくこともありますよ。

具体的な対処法~水をたくさん飲む、体をあたためる

これは大食いの選手が実際に試合の前に行うことが多いのですが、水をたくさん飲むと、飲んだ分だけ胃が拡張され、たくさんものを食べられるようになります。胃が小さくて食が細いな…と思っている人は物理的に胃を拡張してあげることがオススメです。

また水分を十分に取ることで、体内の代謝が促され、溜まっていた老廃物などの悪いものが細胞レベルで排出されやすくなります。

冷たい水はお腹を壊す原因になりますので、常温の水か、できれば白湯を飲むようにすると体に吸収されやすくなります。

水分量の目安は、体重の4%程度がいいとされています。むくみやすい人は体を温めて、水の排出を促す食べ物を意識して摂取しましょう。

体、特にお腹を温めることで胃腸の働きが活発になります。水を吸収するのは大腸で、排出するのは膀胱より先の部分ですが、すべてお腹に集中していますね。水の排出を促す食べ物としては、やはり体を温めるショウガなどがあります。豆類も良いとされています。

体の弱い人向けの仕事を紹介

在宅ワーク

在宅で仕事をすることは体が弱い人にとっては適職とも言えます。その日の体調に応じて働く時間を決めることができますし、疲れたらすぐに休める環境がすぐそこにあります。また、多くの人と関わる必要がないため、ストレスの原因を減らすことができます。

デメリットとしては、家にこもりがちになり運動不足になりやすい点があげられます。毎日買い物に出たり、散歩を習慣にしたり、適度な運動を心がけましょう。家事をすることも、実は相当な運動になるのでおすすめです。

家庭教師のアルバイト

勉強に自信があり、夜型の生活が得意なのであれば、家庭教師はおすすめのバイトです。短時間の仕事ながら高時給であることが大きなメリットですし、働く時間に融通をきかせることができます。

派遣元の会社や親御さんとのやりとりは必要になりますが、仕事中は子どもと1対1、せいぜい1対2の環境で働くことができます。家から家庭教師先の家まで移動することはいい運動になりますし、授業中は基本的にずっと座っていられるので体としても楽に働けます。

デメリットとしては、急な予定変更があり授業がなくなってしまうとお給料がガクッと減ってしまう点があります。またそれなりにコマ数を入らないとまとまった収入にはなりにくい点もデメリットでしょう。

そうしたところがクリアできるのであれば、家庭教師はおすすめの仕事と言えます。

一般事務などのオフィスワーク

一般事務のオフィスワークは細かい雑務が多いことと、様々なことに気を遣わなければいけないことが難点ですが、いったん業務を覚えてしまえば業務内容に大きな変更がなく、定時で上がれることが多いので、体に負担が少なくおすすめの職業です。

パソコンの扱いがそれなりにできるのであれば(ブラインドタッチができるだけでも十分です)、それほど苦なく業務を覚えていくことができるでしょう。

デメリットとしては、いわゆる「お局様」がいる職場に当たってしまうと、人間関係で苦労を抱え込みやすい点があります。体が弱い人が働きやすい職場ということは、わがままな人にとっても働きやすい職場でもあるため、年かさの先輩が「お局」化しやすいということでもあります。

セラピストなどの歩合制の仕事

ボディセラピスト、というと、体力勝負なのでは?と思われるかもしれませんが、意外にも、予約がいっぱいになっているとか、飛び込みのお客さんがどっと押し寄せてくるとかでないかぎり、さほど体力を使う仕事ではありません。

仕事選びのポイントとしては、女性向けのセラピストの仕事を選ぶといいでしょう。女性向けであればメニュー自体がリラックスできるテンポがゆったりしたものが多く、施術自体も座りながら行うことができることがあるので、適度に体を動かしつつ、ゆったりと仕事ができる点で体が弱い人に向いていると言えます。

デメリットとしては、たくさんのメニューを覚えることが大変である点が上げられます。またメニューを覚えるための研修や自主トレーニングにはお給料が付かないことが多く、メニューを覚えるまでは苦労があります。

ホテルフロントの夜勤などシフトに融通が効く仕事

夜型の生活が得意なのであれば、夜勤を選ぶことも視野に入れるといいでしょう。夜勤は圧倒的に高時給になります。

あるホテルフロントの求人では、日勤の日給が1万2千円であるのに対し、夜勤の日給は1万5千円です。同じ18万円を稼ぐのでも、日勤では15日の出勤が必要ですが、夜勤であれば12日で済みます。

また夜勤の仕事は常に人手不足との闘いですので、人手を確保するためにシフトを融通してもらえる確率が高くなります。夜勤は日勤よりもいくぶんか接客量が少なくなることも多いので、急なトラブル対処などが得意な人は夜勤を考えてみてはいかがでしょうか。

フリーランスとして働く

在宅ワークよりも一歩進んで、個人で開業しフリーランスとして働くこともおすすめです。

例えばエンジニアリングのスキルがあるのであれば、フリーのエンジニアとして仕事を選んで受注していくことで、体調管理や仕事量の調整が圧倒的に楽になります。

体調不良になりやすい周期などがあるのであればそれを考慮して仕事量を調整することも可能です。

開業することのメリットは働き方だけではありません。

確定申告を行う必要がありますが、課税金額に関する控除があったり、「小規模企業共済制度」という制度を活用すればフリーランスを廃業した時には共済金がもらえたりします。それなりに収入がはいってくるようになれば、お金に関する諸手続については税理士に丸投げしてしまえば負担も減ります。

デメリットとしては、ひとり立ちするまではとにかく仕事を受注して実績を作らなければいけない点があります。実績がなければなかなか仕事を受注できず、収入が不安定になってしまう危険もあります。それらが乗り越えられるのであれば、フリーランスという働き方は体が弱い人にとっては最も向いている職き方のひとつです。

ネットビジネスで独立

アフィリエイトブログや比較サイトを運営し、広告収入を得ていくという働き方です。成果が出るまでは最低でも1年ほど我慢の日々が続きますが、一定のpv数を稼げるようになれば、ある程度サイトを放っておいても自動的に収入が入ってくるため、小さな負担で収入を得ることができるようになります。

しかしネットビジネスは競争が激しく、あまたあるサイトの中で他のサイトに負けずに集客をしていくためには綿密なリサーチや定期的なサイトメンテナンス、デザインの更新、内容のリライトなど、こまごまとした目に見えない努力をしていく必要があるということがデメリットです。

それでもコツコツと作業をしていくのが得意な人であれば、サイトを育て上げ、逆にライターを雇用する側に回ることができるようになるなど、劇的な変化が訪れる可能性がある職業です。

体の弱い人の仕事の選び方、探し方

ハローワーク

ハローワークというと怖い場所、というイメージはないでしょうか。失業した人が行き、お役所対応をされる場所…。そうしたイメージを持っているのなら、今すぐ捨ててしまいましょう。

たしかに3月末~4月初旬、9月末~10月初旬といった就職のピーク時期は非常に混み合い、いわゆる「塩対応」をされることもありますが、基本的に就職する気がある人に対してはフレンドリーな対応をしてくれます。

体が弱いことも気軽に相談できますし、それを考慮した求人を紹介してほしい旨を伝えれば、ハローワークが抱える膨大な求人の中から適職を紹介してくれます。

なんといっても利用料が無料であることも大きなメリットでしょう。企業との最初のやりとりも頼むことができるのもメリットのひとつです。行政からの紹介、となると企業側も雑な対応はできませんから、そこもハローワークのオススメポイントのひとつですね。

クラウドソーシングサイト

在宅ワークや駆け出しのフリーランスであれば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用することもおすすめです。

大手サイトであれば求人はたくさんあり途切れることもありません。またタスク作業などの小さい仕事を受けながら実績を積み上げることも可能です。そうした小さな仕事から大きなプロジェクトに抜擢されることも少なくないので、コツコツと仕事をしていきたい人にはぴったりです。

デメリットとしては、長期間同じクラウドソーシングサイトを見ているとわかるのですが、仕事内容が偏りがちになるという点があります。どのお仕事も似たり寄ったりで、本当にやりたい仕事がない…ということも少なくありません。

それでも良いクライアントさんと出会えればより少ないストレスで質のいい仕事ができますので、ジョブマッチングの可能性を広げるという点ではクラウドソーシングは非常に有効だと言えるでしょう。

知人からの紹介

見知った人からの紹介も仕事探しの大きな助けになります。人柄をよく知った人が紹介してくれるのですから、ある程度事情をわかった上で紹介してくれていると言うことになります。

紹介で雇った人のことを雑に扱うことはできないのでメリットがありますし、シフトや待遇面でも、完全な新人として就職するよりは融通をきかせてくれますから、比較的職場に定着しやすいと言えます。

デメリットとしては、思った仕事ではなかった時になかなか辞めづらい、ということがあります。紹介で雇われている身として、紹介してくれた人の顔をつぶすことにもなりかねません。

そのあたりは就職前にしっかりと業務内容をすりあわせていくことで解消できることも多々ありますので、知人の紹介で雇われる時こそ妥協せず交渉をしていくことが大切です。

転職サイトや求人サイトを利用する

求人サイトを利用する大きなメリットは、その膨大な求人の数にあるでしょう。

大手サイトであれば、求人を出す側、つまり企業側からも認知されていることが多く、企業が「とりあえずここに出しておくか」と求人を出すことがよくあります。

根気強く求人サイトをチェックしていると思いがけないレアな求人が出されているのを発見できるかもしれません。

転職エージェントを利用する場合は、プロが相談に乗ってくれるという点がメリットとしてあげられます。またそこの転職エージェントにしか載せていない求人、というのもたくさんあるため、お金を払って会員になることで、よりレアな求人と出会う確率が高まり、自分と合った仕事と出会える可能性が高くなります。

デメリットとしては、無料の求人サイトであれば自力で求人を探し出さなければならず、求人に載っていることと実際の業務内容が違う危険性があるという点があります。そういうときのために、自分が絶対に譲れない条件の線引きをしっかり行うことが大切です。

また有料の転職エージェントなどを利用する時には、エージェントが得意とする分野と自分が希望する職種の分野が合っていなければ、ジョブマッチングがなかなかうまくいかない可能性があります。

そうならないためには、エージェントの特徴などをしっかりと下調べしてから利用することが大事になってきます。

体が弱くても働くことを諦めないで

体が弱い人の特徴や、働き方の種類、仕事選びの方法などを紹介してきましたが、なによりも大切なのは、働く意思を持ち続けることです。

体が弱い人は自尊感情が低くなる傾向にあります。

仕事がうまくいかず辞めることになった時に、「自分なんか仕事に定着できなくて当たり前なんだ」と思ってしまうこともあるでしょう。ですがそれはジョブマッチングがうまくいかなかっただけだ、と割り切る気持ちも大切なのです。

自分の体の弱さをよく理解し、その特性があっても自分の能力を最大限発揮できる働き方や職場を見つけていくためには、自分が自分のことを信じてあげることが第一条件です。

自分で自分を諦めないで、体が弱いからこそ、仕事を厳選して、自分に合った職業を見つけていきましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

長期休暇が取れる仕事10選を紹介!大きく分けてアウトドア系とスキル系

目次長期休暇がとれる仕事ってどんなもの?実は日本にも長期休暇がとれる仕事がある長期休暇がとれる仕事10選遠洋漁業の漁師農業大学の研究職自衛官消防士船員コールセンター勤務警備員外資系企業勤務ソーホ-長期 …

未経験歓迎の求人はニートからでも受ける事ができる?ニートでも採用される業界3つ

求人を見ていると、未経験歓迎といった文言をよく目にします。 専門的な知識が必要そうな仕事でも、そういった文言は珍しくありません。 そうした求人は本当に未経験の人材を採用してくれるか、職歴の無いニートで …

30代ニートから介護職で気持ちよく働くための4つのポイント

仕事していない期間が長くなり、気づけばあっという間に30代になってしまった。 さすがにこれではまずいと思い仕事を探そうにも、30代ニートの就職活動のハードルは高く、ようやく採用された会社でも、業績が芳 …

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …

ニートから工場に就職する方法【バイト・正社員】、就職しやすい工場の種類3つ

ニートから脱出するために、工場への就職を考えているニートも数多くいることでしょう。 単調な作業で、コミュニケーションも最低限でよいとなれば、なんとかこなせるのではないかと思ってはいるものの、どうやって …

語学力が活きる!英語を使う仕事の種類5つを紹介

学生時代に、英検やTOEICを受けたという人もいるのではないでしょうか。 また、英語にかなりの興味関心があり、その分野の大学へ進学したり、留学をした経験のあるという人もいると思います。 しかし、いまい …

転職に人気の職種ランキングトップ10

人気の職業といっても、転職活動を始めるにあたって、求人数が少ないものだとどうしようもないですよね。 新しい職に就くために資格取得の計画を立てている、など明確なビジョンがある人ばかりではないのも事実です …

ニートからでもできる福祉の仕事4選とその業務内容、必要資格

ニートをしている人の中には、福祉の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。 今後、高齢者はどんどん増えていきますので、福祉関係の仕事の需要は高まっていきます。そのため、安定的な仕事であると言えるで …

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。 世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、 …

性格から考えよう!ニートでもできるおすすめのアルバイト

ニートであった時期を経てアルバイトをする場合に、おすすめのアルバイトにはどういった仕事があるでしょうか。 おすすめの理由と職種も具体的に見ていきましょう。 目次自分に合った環境と職種を自分の能力を発揮 …