ニートの就活のやり方

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

投稿日:

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。

学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。

とはいっても、転職について語るにはシビアな側面も含みます。

今回は低学歴から大企業へ転職するための具体的な方法を3つ紹介したいと思います。

1.学歴不問の求人を見付ける

大企業という区分は、実はなく、大まかに中小企業以上のものとされています。

なので、中小企業の中でも大きな会社、といったほうが想像しやすいかもしれません。

中小企業や有名企業の求人で、学歴不問のものは意外と数も多いです。

「とにかく大企業へ転職したい」という、職種や仕事内容は度外視した視点から見ると、そういった求人を見付けて片っ端から面接を受けていけば、大企業への転職は可能となります。

また、求人元の会社のホームページを見てみると、自分にとって魅力的な会社かどうかが分かると思います。

自分の学歴以上ないと行けないならば、逆説的に、学歴不問の求人を洗いざらい見ていけば良いだけ、ということですね。

2.資格を取得する

資格には受験資格が必要なものもありますが、そうでない資格が多くあるのも事実です。

「少しでも採用の可能性を伸ばしたい」という人や「この分野で活躍していきたい」と思う職種が決まっている人は、その職種で活かすことの出来る資格を取得するのも堅実な方法です。

仮に国家資格であれば取得に時間がかかることも多いため、今の職場で働きながら資格取得に励むことをおすすめします。

この辺りは、資格の難易度によって臨機応変に計画を立てて、どうするかを自分で判断するのが一番良いといえます。

専門的な分野を扱う業種へ行く場合、資格という形に見えるものがあったほうが、今後に対する熱意も伝わりやすいです。

○○所持者歓迎」といった求人もあるので、自分の働きたい職種がある程度決まっている人にはおすすめの方法です。

3.働きながら学校へ行く

これは、どうしても学歴が必要となる会社へ入社したい人向けの、最終的な方法です。

転職したい企業が「高卒」以上、「短大卒」以上、「大卒」以上の場合、働きながら夜間の学校へ通い卒業すれば、必然的に転職の幅が広がります。

中卒から大卒を目指す場合は長期的なプランとなるので、学歴不問の求人を探すのとどちらが良いのか、自分の今後を考え、判断する必要があります。

また、学歴不問を掲げているけれど、実際は低学歴者への扱いがどうなのか不安な場合は、派遣や契約社員として企業へ赴いてみて現場を見てから考えていくのも一つの堅実な方法といえます。

そこから、学校へ行かなくても良いのか、学校へ行ったほうが良いのかを判断する方法となるでしょう。

職場での人間関係は非常に大切なものといえるので、入社後の自分の扱いを考えて計画を立てることは大切です。

社会生活は人生の多くを占めるため、学校へ行くという方法を、選択肢の一つとして頭に置いておくのも堅実だといえるでしょう。

まとめ

低学歴でも、学歴不問の求人から大企業へ転職することは可能です。

職種的に必要な資格を取ることや、自分の努力による実績で、転職後も十分やっていけるでしょう。

ステップ3の方法は最終手段ですが、どうしても入社したいと思う会社で学歴が必要なのであれば、今学歴がなくたって学歴を作れば良いというだけの話です。

また、学歴重視の求人ばかりではないので、学校へ通うかどうかはキャリアアップの観点で頭に入れておくだけでも十分だと思います。

この記事が、低学歴からでも大企業へ転職したい、という人の参考になれば嬉しいです。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

30代後半から就職活動を考えている人へのアドバイス5つ

歳を重ねれば重ねるほど「就職活動は難しくなっていく」と、聞き飽きるほど聞いてきたと思います。 しかし、実際に自分自身が聞きたいことって、「就職したいから具体的にどうしたら良いのかな」ということですよね …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

ニートから派遣で働くのはおすすめ?メリットとデメリット

 ニートの人にとって、仕事を見つけて働くというのはとても勇気のいることですよね。 「仕事が出来なかったらどうしよう」「人間関係が上手く行くか心配」と悩んで、一歩を踏み出せないと考えている人も多いです。 …

離職率の高い企業を見分ける方法!離職率の計算方法、よくある退職理由

就職活動や転職活動において入社をなるべく避けておきたい会社の特徴のひとつとして、離職率の高い会社が挙げられます。なぜなら、離職率の高い会社は、社員が次々辞めるだけの何らかの決定的な原因があることが多い …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

転職活動時でのIT系ブラック企業の見分け方

ブラック企業とは、主に、労働基準法を守っていない会社のことをいいます。 せっかく転職するのであれば、無給労働やパワハラが横行しているような会社には、入社したくないですよね。 しかし、求人には時期的な縁 …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …

働き方は人それぞれ!ニートを脱出する方法5つ

多くのニートはどうにか社会に復帰しようと考えていると思います。 しかし、長らくニートをやっていると、どうやって社会復帰すればよいかわからなくなっている人も少なくありません。 本記事では、ニートが脱出す …