ニートにおすすめの資格

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

投稿日:2017年3月21日 更新日:

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか?

英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。

私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も英検準2級持っていたな」と思い出しました。(2級じゃなくてすいません)」

私のように、過去に取得した資格は現在の仕事や生活とかかわりがないと、ついつい忘れてしまいがちです。

学生時代に取得した資格は、1つの「思い出」になってしまっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、現代のグローバル社会において、TOEICのスコアは思い出にしておくにはもったいない資格です。

活用次第で、仕事の幅を広げることができるのです。

TOEICのスコアを持っているが現在ニートで働く仕事がないと悩んでいる人は、

これから紹介する例から仕事のヒントを探してみてください。

TOEICが有利になる職種例

では、TOEICが実際に有利になる仕事、職種とはどんなものでしょうか?

ここで見ていきましょう。

サービス業

海外からの観光客や留学生など、日本にくる外国人が増えています。

そのため、サービス業は英語のスキルが発揮できる職種です。

例えば、家電量販店(電気屋)では、アメリカ人や中国人、韓国人などが家電製品を買いに来ます。

爆買いという言葉も流行し、外国の人は日本に来たら何でもかんでも家電を買うイメージがありますが、

実は外国人は旅行先での買い物に非常にシビアです。

自分が希望している価格より少しでも上だったら買いません。

そんな外国人からセール品の値引きを要求された時、あなただったらどのように対応しますか。

もしも日本人が相手だったら、これ以上は値引きができないから、おまけやポイントをつけるなどの説明をして、何とか納得して購入してもらうことができます。

しかし、外国人相手には、そのような対応はできません。

英語でコミュニケーションを図ることができないからです。

最終的に納得されず、買わずに退店されるのがオチです。

これはあくまで一例ですが、普段日本人向けのサービス業を行っている企業は、いざという時に英語の力を発揮することができるスタッフを重宝します。

英語で接客ができるというスキルがあれば、海外出店の外国人従業員の指導役として選ばれ、出世や昇給の可能性だってあるのです。

また、同じサービス業であるホテルや旅行代理店は、特にその傾向が強いようです。

募集要件に「TOEIC700点以上」と指定している企業もあります。

東京オリンピックも控えており、外国人を相手にするサービス業において、英語の需要は増加していくでしょう。

流通業や貿易関連会社

海外との輸出入にかかわる仕事です。

海外営業や貿易事務など、様々な職種があります。

TOEICを活かすなら貿易事務がおすすめです。

ニートの人でも事務やビジネスマンとしての経歴があれば、TOEICと合わせて大きなアピールができます。

国家資格の通関士の取得など、輸出入のプロとして活躍することもできます。

TOEICを利用して就職活動をするときの注意点

TOEICで高得点を持っていることはとても就職に有利です。

しかし、就職活動でTOEICを最大限にアピールするために、いくつか注意点があります。

スコアを取った時期に注意

最高スコアを取った日から長い年月が経っている場合、今もその実力があるのか疑われます。

英語関係の仕事をしていた経験があるなら別ですが、基本的に履歴書には2年以内のスコアを記入した方がよいでしょう。

スコアの点数ではなく実践力をアピール

英語が得意なのはスコアを見ればわかるので、わざわざ英語が得意という必要はありません。

普段から英語に触れており、これからも磨いていきたいというような、謙虚な姿勢をアピールしましょう。

まとめ

外資系企業や大企業に就職しなかったからTOEICは必要ないと考えるのは早計です。

どの業界にも、グローバル社会は到来しており、企業にとってスタッフが持つ英語力は貴重な戦力なのです。

しかし、TOEICはあくまで自分を売り込むためのツールの1つでしかありません。

自分の経験とTOEICを合わせて何ができるのか考えることが重要です。

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。 また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。 沢山の人に読んでいただきたいと思っております。 目次簿記の種類に関し …

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

ニートでも国家公務員になれる?試験の難易度、メリット・デメリットは?

ニートをしている人の中には国家公務員に興味を持っている人もいることでしょう。 しかし、実際に国家公務員になるにはどうすればよいのか、をちゃんと知っている人は少ないかもしれません。 そこで、本記事では、 …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 そして社会 …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …