ニート向けの仕事一覧

ニートが飲食店でバイトする方法!業務内容、待遇、労働条件

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ニートの中には、飲食店のバイトを始めてニートから抜け出したいと考えている人もいることでしょう。

飲食店のバイトは人出が不足しがちなので、ニートでも比較的受かりやすい職種です。

本記事では、飲食店でバイトしたいと考えるニートに向けて、飲食店での業務内容や、待遇や労働条件などをご紹介します。

飲食店の業務内容

飲食店と一口に言っても、その範囲は非常に広いです。

ファーストフードチェーン店、居酒屋、カフェ、食堂、レストラン、ビアガーデン、料亭など様々な職場があります。

大企業が運営しているものもあれば、個人のお店の場合もあります。

どれがニートに向いているということはありませんが、飲食店でのバイトの経験がないのであれば、ファーストフードや居酒屋のチェーン店でのバイトをおすすめします。

マニュアルがしっかりとしているので、業務内容を覚えやすいというメリットがあります。

飲食店の仕事内容は大きく分けて2つあります。

1. ホール

1つ目は、ホールです。

ホールは接客が中心となります。

客を席に案内したり、注文を取ったり、料理やお酒を運んだりすることが中心となっています。

コミュニケーションが重要な仕事にはなりますが、チェーン店の場合、特別な対応をする必要はないので、一度接客方法を覚えてしまえば、誰にでもできる仕事です。

ただし、居酒屋の場合は、酔った客の介抱といったことも仕事の一部となりますので、他の飲食店に比べてやや大変と言えるでしょう。

2. キッチン

2つ目は、キッチンです。

調理場に入って、調理や仕込み、皿洗いなどが主な仕事となります。

アルバイトを始めたばかりであれば、皿洗いから始まります。

そこから徐々に前菜調理、焼き調理、揚げ調理と徐々に調理の幅を拡げていくことが一般的です。

全く料理経験のない人は不安に感じているかもしれませんが、難しい料理をアルバイトに任せることはありません。

また、チェーン店ではほとんどが冷凍食品やレトルト食品での調理となりますので、料理の技術よりも調理手順を覚えることが中心になります。

個人経営の飲食店では、人出が足りないことが多く、ホールとキッチンの両方を任せられることもあります。

求人情報や面接での質問で確認しておくとよいでしょう。

飲食店のバイトの待遇、労働条件

飲食店のバイトは最低賃金とほとんど変わらないことが多く、他の業種よりも高いことはあまりありません。

深夜営業をしているファミレスや居酒屋などでは、午後10時以降から朝方にかけては、時給が25%アップするので、できるだけ稼ぎたいのであれば深夜を中心にシフトに入るのがよいでしょう。

また、交通費は全額または一部支給であることが多いです。

求人情報を見る際は、時給とともに交通費についても確認しておきましょう。

勤務時間は4時間から8時間、勤務日数は週23日程度というのが一般的です。

場所や業種にもよりますが、飲食店は週末に混雑することが多いので、週末にシフトを組まれることが多くなるでしょう。

飲食店のバイトでは食事補助、いわゆるまかないがあることが多いです。

食費が浮きますので、時給以上のメリットがあります。

また、会社によっては社員への登用制度も用意されていることもあります。

制服が貸与されることが多いので服装については特に問題ありませんが、髪の色や爪などは華美なものは避けなければなりません。

基本的には清潔感のある見た目が要求されますが、居酒屋だとかなり見た目の制限が緩くなっています。

ニートが最も気になるのは一緒に働く同僚かと思いますが、飲食店のバイトでは20代の学生やフリーターが主になっています。

とはいえ、30代のバイトもいないわけではありませんし、元ニートが働いていることもよくあります。

正直言って、人間関係については、バイトを始めてみなくてはわかりません。

まずはバイトを始めてみて、人間関係がきつい職場であれば、すぐに辞めて次を探した方がよいでしょう。

まとめ

以上、ニートに向けて飲食店のバイトの業務内容や待遇をご紹介しました。

飲食店のバイトであれば人出不足ですので、ニートでも採用されやすいです。

今後正社員になるにも飲食店でのバイト経験はプラスに働きますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

未経験からでも正社員になることが出来る職種5つ

正社員という雇用形態に安定感を覚え、正社員登用ありの求人を探しだした人もいるでしょう。 しかし、「経験者優遇」という文字ばかり目について、ため息が漏れるような日もありますよね。 という訳で、ここでは、 …

工場勤務から転職する人へのアドバイス!異業種への転職と工場への転職

現在で工場で働いていらっしゃる方で転職を考えている方は多いと思います。 実際工場勤務を得て、SEになった方やライターのなった方など様々な職種に転職された方は多くいます。 また、工場から違う工場へ転職さ …

ニートにおすすめの仕事ランキングトップ20

ニートを脱出しようと考えている人の中には、どんな仕事があるのかわからず悩んでいる人も多いでしょう。 そこで本記事では、ニートにおすすめの仕事をランキング形式にてご紹介します。 どの仕事もニートからの人 …

ニートは農業に向いている?メリットと求人の探し方

 ニートの方が仕事を探すのは、大変ですよね。 特に、「人と関わることが苦手だ」と悩んでいる人が多いです。 そんな人にオススメなのが、農業の仕事です。 農業と聞くと、「体力を使うハードな仕事」「稼げない …

ニートが土方(土木作業員)として働くことはできる?仕事のメリットとデメリット

私がニートをしていた頃の話です。 求人誌や求人サイトで仕事を探していると、土木作業員の求人をよく見かけました。 土木作業員という仕事はいわゆるガテン系で、屈強な体つきをした男性が働いているイメージがあ …

ストレスのない仕事ランキングトップ10!あなたに合った仕事の探し方

あなたが働いている会社はストレスを感じやすい職場ですか?それともストレスを感じにくい職場ですか? もしストレスを感じやすい職場なら、出社するのも嫌気がさしてしまい、毎日の生活が憂鬱になっているかもしれ …

30代ニートから介護職で気持ちよく働くための4つのポイント

仕事していない期間が長くなり、気づけばあっという間に30代になってしまった。 さすがにこれではまずいと思い仕事を探そうにも、30代ニートの就職活動のハードルは高く、ようやく採用された会社でも、業績が芳 …

価値観はそれぞれ!仕事自体が楽しい職種3つ

仕事に対する価値観は、人それぞれ違うので、千差万別といえます。 好きな仕事に就いて楽しく仕事をやっている人もいますし、楽しくはないけれど働かないと食べていけないし、くらいに思っている人だっています。 …

ニートからエンジニアに就職する方法!必要な資格、知識

ニートの中には、エンジニアという職業に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。 エンジニアとは、製品やソフトウェアのスペシャリストとして、設計や開発、製造に携わる職業です。 エンジニアの範囲は非 …

性格から考えよう!ニートでもできるおすすめのアルバイト

ニートであった時期を経てアルバイトをする場合に、おすすめのアルバイトにはどういった仕事があるでしょうか。 おすすめの理由と職種も具体的に見ていきましょう。 目次自分に合った環境と職種を自分の能力を発揮 …