ニート向けの仕事一覧

ニートが飲食店でバイトする方法!業務内容、待遇、労働条件

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ニートの中には、飲食店のバイトを始めてニートから抜け出したいと考えている人もいることでしょう。

飲食店のバイトは人出が不足しがちなので、ニートでも比較的受かりやすい職種です。

本記事では、飲食店でバイトしたいと考えるニートに向けて、飲食店での業務内容や、待遇や労働条件などをご紹介します。

飲食店の業務内容

飲食店と一口に言っても、その範囲は非常に広いです。

ファーストフードチェーン店、居酒屋、カフェ、食堂、レストラン、ビアガーデン、料亭など様々な職場があります。

大企業が運営しているものもあれば、個人のお店の場合もあります。

どれがニートに向いているということはありませんが、飲食店でのバイトの経験がないのであれば、ファーストフードや居酒屋のチェーン店でのバイトをおすすめします。

マニュアルがしっかりとしているので、業務内容を覚えやすいというメリットがあります。

飲食店の仕事内容は大きく分けて2つあります。

1. ホール

1つ目は、ホールです。

ホールは接客が中心となります。

客を席に案内したり、注文を取ったり、料理やお酒を運んだりすることが中心となっています。

コミュニケーションが重要な仕事にはなりますが、チェーン店の場合、特別な対応をする必要はないので、一度接客方法を覚えてしまえば、誰にでもできる仕事です。

ただし、居酒屋の場合は、酔った客の介抱といったことも仕事の一部となりますので、他の飲食店に比べてやや大変と言えるでしょう。

2. キッチン

2つ目は、キッチンです。

調理場に入って、調理や仕込み、皿洗いなどが主な仕事となります。

アルバイトを始めたばかりであれば、皿洗いから始まります。

そこから徐々に前菜調理、焼き調理、揚げ調理と徐々に調理の幅を拡げていくことが一般的です。

全く料理経験のない人は不安に感じているかもしれませんが、難しい料理をアルバイトに任せることはありません。

また、チェーン店ではほとんどが冷凍食品やレトルト食品での調理となりますので、料理の技術よりも調理手順を覚えることが中心になります。

個人経営の飲食店では、人出が足りないことが多く、ホールとキッチンの両方を任せられることもあります。

求人情報や面接での質問で確認しておくとよいでしょう。

飲食店のバイトの待遇、労働条件

飲食店のバイトは最低賃金とほとんど変わらないことが多く、他の業種よりも高いことはあまりありません。

深夜営業をしているファミレスや居酒屋などでは、午後10時以降から朝方にかけては、時給が25%アップするので、できるだけ稼ぎたいのであれば深夜を中心にシフトに入るのがよいでしょう。

また、交通費は全額または一部支給であることが多いです。

求人情報を見る際は、時給とともに交通費についても確認しておきましょう。

勤務時間は4時間から8時間、勤務日数は週23日程度というのが一般的です。

場所や業種にもよりますが、飲食店は週末に混雑することが多いので、週末にシフトを組まれることが多くなるでしょう。

飲食店のバイトでは食事補助、いわゆるまかないがあることが多いです。

食費が浮きますので、時給以上のメリットがあります。

また、会社によっては社員への登用制度も用意されていることもあります。

制服が貸与されることが多いので服装については特に問題ありませんが、髪の色や爪などは華美なものは避けなければなりません。

基本的には清潔感のある見た目が要求されますが、居酒屋だとかなり見た目の制限が緩くなっています。

ニートが最も気になるのは一緒に働く同僚かと思いますが、飲食店のバイトでは20代の学生やフリーターが主になっています。

とはいえ、30代のバイトもいないわけではありませんし、元ニートが働いていることもよくあります。

正直言って、人間関係については、バイトを始めてみなくてはわかりません。

まずはバイトを始めてみて、人間関係がきつい職場であれば、すぐに辞めて次を探した方がよいでしょう。

まとめ

以上、ニートに向けて飲食店のバイトの業務内容や待遇をご紹介しました。

飲食店のバイトであれば人出不足ですので、ニートでも採用されやすいです。

今後正社員になるにも飲食店でのバイト経験はプラスに働きますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

空白期間も関係ない!ニートも募集している仕事4選

ニートの就職活動においては、ほとんどの企業は空白期間を問題視しますので、書類選考で落とされることがざらになってきます。 そのため、就職活動が長期化するのがほとんどです。 そうならないためにも、ニートで …

ニートが就職してプログラマーになる具体的な手順と方法、求人の特徴

ニートがプログラマーになるためには、HTML5やCSS・Javascript・PHPといったマークアップ言語やオブジェクト指向型プログラミング言語を学習する必要があります。 HTML5は比較的簡単で、 …

きついけど給料がいい仕事8つを紹介!【平均年収・必要資格・リスクについても】

稼げる仕事といえばどんなものがある?と聞かれたら、どのような職業を思い浮かべるでしょうか。政治家、医者、弁護士あたりがスタンダードでしょうか。でも、それ以外にも高収入な職業はたくさん存在します。 高収 …

ニートからでもできる福祉の仕事4選とその業務内容、必要資格

ニートをしている人の中には、福祉の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。 今後、高齢者はどんどん増えていきますので、福祉関係の仕事の需要は高まっていきます。そのため、安定的な仕事であると言えるで …

ニートに肉体労働はおすすめ?肉体労働系の仕事、職種一覧と仕事内容の紹介

ニートは普段体を動かす機会が少ないため、体力が低下しがちです。 そのため、肉体労働に対して非常にハードルが高いと感じているニートの方も多いのではないでしょうか? 一般的に肉体労働というと、 「体力がな …

データ入力のアルバイトに向いている人とは?仕事内容、待遇、仕事の探し方

突然ですが、「データ入力のアルバイト」ってどんなことをすると思いますか? 「ただパソコンでデータを打ち込むだけの仕事じゃないの?」「誰でもできるものじゃないの?」と考える人もいますよね。 そこで、デー …

これならニート脱出できる!楽で楽しい仕事5選

仕事というと、きつくてつらいのが当たり前と思っている人が多いのではないでしょうか。 たしかにほとんどの仕事はその通りなのですが、探してみれば楽で楽しい仕事も意外と見つかるものです。 ニートをしている人 …

ニート向け!コミュニケーションが不要な仕事を5つ紹介

無職が続いている人は、誰もが働きたくないわけではありません。 働きたいとは思っているのに、やりたい仕事が見つからない人が数多くいます。 特に多いのは、コミュニケーションがいらない、あるいは最小限の仕事 …

仕事はしたい、でも怖い!ニートにおすすめの仕事と探し方

ニートであった時期を経て就職活動を始めた人にとって、初めのうちは組織の中で働くことのハードルが高く感じられるかもしれません。 心では仕事をしたい、働きたい、と思っていても中々どんな仕事が自分にできるの …

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …