ニート向けの仕事一覧

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

投稿日:2017年6月2日 更新日:

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。

世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、中には一人で黙々と作業を行う仕事もあります。

本記事では、正社員として一人で黙々と作業を行う仕事と、そのメリット、デメリットをご紹介します。

1. 警備員

ビルやショッピングセンター、駐車場、工事現場などで警備をする仕事です。

建物の巡回、モニターの監視、施錠の確認、周囲を通る人の誘導などが主な業務となりますので、ほとんどコミュニケーションを取る事がありません。

人出不足ですので、求人も比較的多く、ニートでも就職しやすい仕事と言えます。

警備員のメリットは、覚えることがほとんどないことです。

異常がないか見回るだけのことも多く、非常に楽な仕事です。

もし急病人や火災等のトラブルがあっても、通報するだけで自分ができることはほとんどありません。

デメリットとしては、拘束時間が長いことがあることです。

特にビルの警備員ですが、24時間拘束される場合があります。

もちろん、休憩や仮眠の時間はありますが、生活リズムが乱れることで体調を崩す人もいます。

2. 清掃員

ビルや商業施設、学校、病院などの大型施設の清掃を行う仕事です。

最初は先輩から清掃作業について教えてもらわなければいけませんが、一度覚えてしまえば後は清掃作業を行うのみで、ほとんどコミュニケーションは必要とされません。

年令、学歴、性別など不問であり、非常に就職しやすいことが特徴です。

清掃員のメリットは、マイペースで働けることです。

担当場所さえ決まれば、後は一人での作業です。

時間内に作業が終わればよいので、自分のペースで働くことができます。

デメリットとしては、深夜や早朝からの業務開始になる可能性があることです。

人がいない時に作業しますので、普通の仕事とは違った業務時間となります。

3. トラック運転手

荷物の荷揚げから、目的地での積み下ろしまでを行う仕事です。

長距離トラックのドライバーや、宅配便のドライバーなど仕事は様々ですが、ほとんどの時間を一人で仕事をすることになります。

ですので、人と関わることが比較的少ない仕事となります。

トラック運転手のメリットは、人出不足であることもあり、賃金が高い傾向にあります。

一人での作業で賃金が高い仕事はそれほどありませんので、狙い目と言えるでしょう。

デメリットとしては、長時間労働が多い事です。

特に、引越しが多くなる3月当たりは人出不足が顕著となり、労働時間が長くなる傾向にあります。

4. 工場のライン作業

工場のラインに入って、機械の組み立てや食品の加工などを行う仕事です。

作業中は目の前の業務に集中していますし、私語が禁止されていることも多いので、コミュニケーションを取る必要がほとんどありません。

工場のライン作業のメリットは、淡々と単純作業を繰り返しますし、マニュアルが確立していることがほとんどなので、すぐに仕事を覚えることができます。

デメリットは、身体への負担です。

同じ姿勢での立ちっぱなしの作業が多く、足や腰に負担がかかりやすくなっています。

定期的にストレッチを行うなど対策が必要です。

5. 新聞配達

毎朝、毎夕、各家庭に新聞を配達する仕事です。

自分が配達するコースを覚えてしまえば、あとは機械的に新聞を配っていくだけの一人作業になります。

メリットは、時間内に配達できればよいので、マイペースに仕事ができることです。

仕事に慣れれば慣れるほど、配達スピードも上がってきますので、どんどん楽になっていきます。

デメリットとしては、健康管理が大変であることです。

雨の日も風の日も毎日配達しなければなりません。

また、新聞は毎日配達するものですので、簡単に休むことができません。

そのため、体調を崩しやすいので、健康管理には最新の注意が必要です。

求人を探すなら、リクナビNEXT

以上、5つの仕事をご紹介しました。

実際に求人を探すときには、様々な求人を取り揃えている求人サイトに登録するのが良いでしょう。

特に、リクナビNEXTは、最大級の求人サイトですので、全国各地の様々な求人を取り揃えています。

今回ご紹介した、一人作業の多い仕事についても、数多くの求人が掲載されていますので、ぜひとも活用したいところです。

登録は無料ですし、ニートでも登録可能ですので、まずはリクナビNEXTに登録することから始めましょう。

>>リクナビNEXT

まとめ

以上、一人での作業が多い職業を5つご紹介しました。

それほど技術が必要とされませんし、人出が不足している傾向がありますので、ニートでも就職しやすいです。

興味を持ったら、すぐに応募してみましょう。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートからエンジニアに就職する方法!必要な資格、知識

ニートの中には、エンジニアという職業に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。 エンジニアとは、製品やソフトウェアのスペシャリストとして、設計や開発、製造に携わる職業です。 エンジニアの範囲は非 …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

ニートからタクシードライバーに就職する方法。必要な免許の種類、待遇や年収を紹介!

ニートの中にはタクシードライバーに興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 運転さえできれば、最低限のコミュニケーションでも大丈夫ですし、基本的には一人で仕事できるので気楽だと考える人が多いです …

特別なスキルは必要なし!誰でも就職できる仕事3選

働いた経験が全く無かったり、学歴や資格も持っていなかったりすると、ニートからの脱出は難しくなります。 年齢を重ねていれば、なおさら難しいですし、業種によっては男女で入りやすさが違ったりということもざら …

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。 そんな中でオススメなのが、夜バイトです。 最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。  しかし夜バイトってどんなものなのか、あま …

美術館の求人はどこで見つかる?仕事内容、資格、収入などについて

絵画などが好きという人や静かな場所で働く事が好きという人は美術館で働きたいと考えるかもしれません。 美術館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 美術館で働くための資格と仕事の内容について …

ニートから大手企業に就職するためのステップ、狙い目の業界、求人の探し方

ニートの中には、大手企業への憧れを持っている人も少なくありません。 給与水準は高めですし、福利厚生が整っていますし、何といっても安定感があります。 しかし、ニートに限らず、大手企業への就職は大変人気で …

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …

ニートにはポスティングの仕事がおすすめ?給料は歩合制?メリットとデメリット

現在、ニートで再就職を考えている方々におススメのお仕事があります。 それはポスティングのお仕事です。 一軒家やアパート、マンションなどのポストにビラやチラシを投函するのが主なお仕事で枚数は多いですが、 …