ニート向けの仕事一覧

ニートから職人になりたい!ニートにおすすめの職人業5選

投稿日:

長年の修行で培った技術を用いて、手作業で物を作り出す職人という肩書に憧れを抱いているニートも多いのではないでしょうか。

おいそれとは真似のできない技術なので、習得してしまえば安定した収入を得ることができますし、周囲からも尊ばれる存在となります。

では、職人になるにはどうすればよいのでしょうか?

本記事では、様々な職人を紹介し、それぞれどうやって職人となるのかをご紹介していきたいと思います。

寿司職人

職人と聞いて、まず寿司職人を思い浮かべた人も少なくないでしょう。

日本を代表する食である寿司を提供する職人ですが、修業期間が長い事でも知られています。

ただ調理技術が優れていれば良いのではなく、魚の仕入れや鮮度保持など学ばなければいけないことは多々あります。

寿司職人になるには、寿司職人に弟子入りするのが一般的です。

掃除や買い出しといった雑用から始まり、少しずつ現場の仕事を任せられるようになります。

庭師

日本庭園の設計や管理をする職人です。

造園師と呼ばれることもあります。

主に個人宅の庭を担当することが多く、依頼主の要望に合わせて、美しい庭に仕上げていきます。

植物や石の知識はもちろんのこと、建物との調和も重要視されますので、美的センスも問われます。

庭師になるには、大学や短大、専門学校の造園科に進み、その後、造園会社に就職するのが一般的です。

先輩に教えを乞いながら、現場作業を積み重ねていきます。

パティシエ

洋菓子作りを専門にする職人です。

洋菓子作りには幅広い知識と技術が必要であることはもちろんですが、新商品の企画においては発想力や想像力を問われます。

また、細かい作業を繰り返すため、忍耐力や体力も必要とされます。

パティシエになるには、製菓専門学校で学んだ後、洋菓子店に就職するのが一般的です。

基本的な業務や技術を働きながら学び、いずれ独立することが多いです。

とび職人

建設現場の中でも、高所での作業を中心に行う職人です。

危険が伴う仕事ですので、集中力と技術の高さが求められます。

新築工事だけでなく、改修工事でも活躍できますので需要は高いのですが、とび職人の人材不足が課題となっており、若手が望まれています。

とび職人になるには、現場で技術を磨くことが求められます。

まずは建設会社に入社することことからスタートです。

見習いとして先輩方の仕事のサポートをしながら、現場で仕事を覚えていきます。

少しずつできる仕事が増えてきて、やがて現場を任されるようになります。

家具職人

家具職人は、デザイナーが設計した図面にしたがって、実際に家具を製作する職人です。デザインから制作まで一貫して行う職人もいます。

木材の切り出しから、加工、組立、塗装などを行いますので、細かな技術が必要になりますし、体力も問われます。

家具職人になるには、家具製作会社や工房に入る必要があります。

直接弟子入りする人もいますし、職業訓練校などで技術を身に付けた後で就職する人もいます。

一人前になるまでは、先輩方の仕事の補助を行いながら、技術を学んでいきます。基本的な技術を学んだら、実際に家具を製作し技術を磨いていきます。

リクナビNEXTで求人を探そう

上記で様々な職人をご紹介しましたが、直接弟子入りするものもありますが、会社に就職するものが多いこともご理解いただけたかと思います。

職人になるためにも、普通の就職活動を行わなくてはいけません。

ですので、求人サイトへの登録をして、求人を探しましょう

おすすめの求人サイトは、リクナビNEXTです。

日本最大級の求人サイトですので、多種多様な求人を取り揃えています。

ハローワークには掲載されていない非公開求人も多数あり、登録しないと見ることができません。

多くの求人を確認して見比べることで、新人の職人育成に力を入れている求人もわかってきますので、ぜひとも活用したいところです。

誰でも登録できますし、無料ですので、まずは登録して、どんな求人があるのか覗いてみるのもよいでしょう。

まとめ

以上、5つの職人と、そのなり方をご紹介しました。

職人によって、ルートがそれぞれ違いますので、直接弟子になるのか、勉強する必要があるのか、よく確認しましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員の人気職種ランキングトップ10

「親方日の丸」と言われる日本の公務員は安定性と待遇の良さから就職先として根強い人気があります。 経済的にも先が見通せないこの時代、民間企業ほど競争が激しくなく、潰れる心配もなく、給料もそこそこよい公務 …

ニートからルート営業に就職できる?業務内容や平均年収

ニートをしている人の中には、普通の営業はやりたくないけど、ルート営業ならやってみたいと考えている人もいることでしょう。 通常の営業のように新規開拓をするわけではありませんので、精神的にも体力的にも比較 …

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。 一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。 仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、 …

ニートにコンビニバイトがおすすめな理由3つ

ニートが重い腰をあげて、バイトをするぞ!となった時にまずはじめに悩むのが、「何のバイトをしよう」ということですよね。 私はニートからのバイトには、コンビニのバイトをおすすめしています。 ここでは、コン …

ニートが建築業界で一流になる方法!ステップアップに必須な4つの資格

建築業界は非常に人手が不足しています。 そのため、ニートでも入りやすい業界として知られています。 たしかに、肉体労働は大変ですし、危険な作業もあるのですが、給与は高水準で、学歴があまり関係ないので、ニ …

就活の参考に!主な仕事の職種一覧(10選)と内容を解説

世の中には様々な職種があり、一つの会社にもいくつもの職種の人たちが働いています。 なんとなく聞いたことはあっても具体的に何をやっている人たちなのかわからない人も多いのではないでしょうか。 そこで、本記 …

疲れない仕事はある?肉体、精神、人間関係で疲れない仕事を5つずつ紹介

仕事をするなかで、さまざまなストレスから疲れを感じる人が増えています。人によって肉体的な疲れであることもあれば、精神的な疲れであることもあります。 当記事ではこれから「疲れない仕事」を探そうとしている …

ニートから大手企業に就職するためのステップ、狙い目の業界、求人の探し方

ニートの中には、大手企業への憧れを持っている人も少なくありません。 給与水準は高めですし、福利厚生が整っていますし、何といっても安定感があります。 しかし、ニートに限らず、大手企業への就職は大変人気で …

警備員はかなり深刻な人手不足?給料や仕事内容を紹介

慢性的な人手不足となっている仕事として代表的なものに警備員があります。 仕事内容から体力仕事というイメージがどうしても消えない警備員の仕事は、敬遠してしまう人も多くいます。 本ページでは、警備員が現在 …

ニートを雇ってくれる会社はある?おすすめの業界3つ

ニートの期間が長くなってくると、資金的に余裕がなくなってきたり、世間の目も気になり始めてくると思います。 しかし、いざ就職活動を始めてみようと思っても、ニートの期間がマイナス評価となって採用されないの …