ニート向けの仕事一覧

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

投稿日:2017年7月25日 更新日:

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。

身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だなど様々な理由で、デスクワークから肉体労働系への転職を検討している人も少なくないでしょう。

本記事では、肉体労働系の仕事で高収入はあるのか、デスクワークから肉体労働系の仕事に転職するメリット、デメリットをご紹介します。

肉体労働系の仕事は高収入が多い

肉体労働系の仕事は、総じて給料が高い傾向にあります。

手っ取り早く稼ぐには肉体労働と考えている人も多いと思いますが、まさにその通りです。

稼げる分、体力的に大変な仕事ばかりですが、正社員での求人も多いですので、転職しやすい分野です。

肉体労働系の仕事にはどういったものがあるのか、ご紹介します。

肉体労働の代表格と言えるのが、建築業界の土木作業員です。

街中や住宅街でも彼らが働いているのをよく見かけるので、すぐに思い浮かんだ人も多いことでしょう。

土木作業員の待遇は年々良くなっています。

少子高齢化により人手不足が深刻な業界にもかかわらず、2020年の東京オリンピックに向けて土木作業員の需要はますます高まっています。

そのため、かつては日給制が多かったですが、人材確保のため、正社員として雇うことが多くなっています。

配送ドライバーも肉体労働と言えるでしょう。

勤務時間のほとんどが運転とはいえ、荷物の積み下ろしがありますので、肉体的にはかなりつらい仕事です。

運送業界は、人手不足から配送ドライバーの労働条件を改善しようと努力している最中であり、どんどんと待遇が良くなっています。

残業代もしっかりと払われるようになりますので、高収入を期待することができます。

肉体労働のメリット

まずは、肉体労働をすることのメリットをご紹介します。

1. 体力がつく

1つ目のメリットは、体力がつくことです。

肉体労働では、毎日、外に出て身体を動かします。

そのため、自然と筋肉がつきますし、健康な身体になります。

デスクワークでは、座りっぱなしであることも多く、運動不足に陥りがちですし、眼精疲労や肩痛、腰痛などデスクワーカーがなりやすい病気もあります。

2. 残業が少ない

2つ目のメリットは、残業が少ないことです。

土木工事では、工事の時間が決まっていることがほとんどです。

また、危険な作業が多いため、作業員の体力には気を使っていますので、無理に残業させることはありません。

運送系の仕事では、残業の多さが問題視されていましたが、大手運送会社を中心に労働環境を改善する動きがあり、今後は残業が減っていくことが予想されます。

なお、残業に対して厳しいですので、残業があった場合はしっかりと残業代が支払われます。

肉体労働のデメリット

次に、デメリットをご紹介します。

1. 年齢とともにきつくなる

1つ目のデメリットは、年を重ねるほどにきつくなることです。

若いうちは持ち前の体力で仕事をこなすことができても、年を取れば、身体のあちこちにガタがきて、働きづらくなってしまいます。

重い物を持つことが多いため、若くても腰にコルセットを巻いている人は少なくありませんし、腰痛のために働くことができず、退職を余儀なくされることもあります。

デスクワークから肉体労働に転職するのは簡単なのですが、その逆は難しいことも覚えておきましょう。

身体がきつくなって、デスクワークに戻りたくなっても、どこも雇ってくれないことも考えられます。

2. 常に危険と隣り合わせ

2つ目のデメリットは、危険と隣り合わせであることです。

肉体労働の現場では、常に危険があることは覚えておきましょう。

工場ではプレス機がひっきりなしに動いていますし、工事現場では高所での作業をするかもしれません。

ちょっとした不注意で大きな怪我をしてしまいますし、下手すれば命を失いかねません。

作業に慣れてきても、常に安全を第一に考えることが大切です。

まとめ

デスクワーカー向けに、肉体労働についてご紹介しました。

高収入を稼ぐことはできますが、ご紹介したようなメリット・デメリットがありますので、よく考えた上で、肉体労働に転職するか決めましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

コミュ障女子でもできる仕事を5つ紹介

ずっと無職を続けている女子の中には、コミュニケーションさえなければ働くのに、と考えている人が少なくありません。 しかし、コミュニケーションの必要のない仕事がなかなか見つからず、無職から抜け出せない方が …

工場で働きたい人におすすめの資格、志望理由は?正社員、大卒などの場合

求人を見ていると、事務職や販売・営業職と並んで、工場勤務のものを良く見かけるのではないでしょうか。 「この会社の製品づくりに携わりたい」と思うような求人が見つかった人もいるかもしれません。 ここでは、 …

ニートはコールセンターのアルバイトがおすすめ?業務内容や待遇

    コールセンターは電話を通して人と話すので、コミュニケーションが苦手なことが多いニートには向いていない、と思っていませんか? 実は、コールセンターのバイトは、ニートにこそ合っているものと言えるの …

ニートにおすすめ日雇いバイト4つと待遇、探し方

ニートの中には、まずは日雇いバイトから始めてニートを脱出しようと考えている人も多いのではないでしょうか。 日雇いバイトは人間関係を気にすることもありませんし、気に入らなければ一日で終わりにしてしまえば …

警備員はかなり深刻な人手不足?給料や仕事内容を紹介

慢性的な人手不足となっている仕事として代表的なものに警備員があります。 仕事内容から体力仕事というイメージがどうしても消えない警備員の仕事は、敬遠してしまう人も多くいます。 本ページでは、警備員が現在 …

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。 そんな中でオススメなのが、夜バイトです。 最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。  しかし夜バイトってどんなものなのか、あま …

特別なスキルは必要なし!誰でも就職できる仕事3選

働いた経験が全く無かったり、学歴や資格も持っていなかったりすると、ニートからの脱出は難しくなります。 年齢を重ねていれば、なおさら難しいですし、業種によっては男女で入りやすさが違ったりということもざら …

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。 世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、 …

ニートの就職におすすめな穴場企業・業界3選

ニートが就職活動を行うと、どうしても大手企業や有名企業への応募に偏ってしまいます。 しかし、そうした企業はニート以外も応募しますので競争率が高くなりますので、ニートには狭き門となってしまいます。 そう …

ニートにもおすすめ!正社員で簡単な仕事5選

近年は稀に見る売り手市場だと言われています。 求職者にとって仕事を選べる環境にある現在、正社員で仕事をするにしても、ブラック業界への就職は避けたいところです。 本ページでは、正社員で簡単な仕事をピック …