ニート向けの仕事一覧

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

投稿日:2017年7月25日 更新日:

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。

身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だなど様々な理由で、デスクワークから肉体労働系への転職を検討している人も少なくないでしょう。

本記事では、肉体労働系の仕事で高収入はあるのか、デスクワークから肉体労働系の仕事に転職するメリット、デメリットをご紹介します。

肉体労働系の仕事は高収入が多い

肉体労働系の仕事は、総じて給料が高い傾向にあります。

手っ取り早く稼ぐには肉体労働と考えている人も多いと思いますが、まさにその通りです。

稼げる分、体力的に大変な仕事ばかりですが、正社員での求人も多いですので、転職しやすい分野です。

肉体労働系の仕事にはどういったものがあるのか、ご紹介します。

肉体労働の代表格と言えるのが、建築業界の土木作業員です。

街中や住宅街でも彼らが働いているのをよく見かけるので、すぐに思い浮かんだ人も多いことでしょう。

土木作業員の待遇は年々良くなっています。

少子高齢化により人手不足が深刻な業界にもかかわらず、2020年の東京オリンピックに向けて土木作業員の需要はますます高まっています。

そのため、かつては日給制が多かったですが、人材確保のため、正社員として雇うことが多くなっています。

配送ドライバーも肉体労働と言えるでしょう。

勤務時間のほとんどが運転とはいえ、荷物の積み下ろしがありますので、肉体的にはかなりつらい仕事です。

運送業界は、人手不足から配送ドライバーの労働条件を改善しようと努力している最中であり、どんどんと待遇が良くなっています。

残業代もしっかりと払われるようになりますので、高収入を期待することができます。

肉体労働のメリット

まずは、肉体労働をすることのメリットをご紹介します。

1. 体力がつく

1つ目のメリットは、体力がつくことです。

肉体労働では、毎日、外に出て身体を動かします。

そのため、自然と筋肉がつきますし、健康な身体になります。

デスクワークでは、座りっぱなしであることも多く、運動不足に陥りがちですし、眼精疲労や肩痛、腰痛などデスクワーカーがなりやすい病気もあります。

2. 残業が少ない

2つ目のメリットは、残業が少ないことです。

土木工事では、工事の時間が決まっていることがほとんどです。

また、危険な作業が多いため、作業員の体力には気を使っていますので、無理に残業させることはありません。

運送系の仕事では、残業の多さが問題視されていましたが、大手運送会社を中心に労働環境を改善する動きがあり、今後は残業が減っていくことが予想されます。

なお、残業に対して厳しいですので、残業があった場合はしっかりと残業代が支払われます。

肉体労働のデメリット

次に、デメリットをご紹介します。

1. 年齢とともにきつくなる

1つ目のデメリットは、年を重ねるほどにきつくなることです。

若いうちは持ち前の体力で仕事をこなすことができても、年を取れば、身体のあちこちにガタがきて、働きづらくなってしまいます。

重い物を持つことが多いため、若くても腰にコルセットを巻いている人は少なくありませんし、腰痛のために働くことができず、退職を余儀なくされることもあります。

デスクワークから肉体労働に転職するのは簡単なのですが、その逆は難しいことも覚えておきましょう。

身体がきつくなって、デスクワークに戻りたくなっても、どこも雇ってくれないことも考えられます。

2. 常に危険と隣り合わせ

2つ目のデメリットは、危険と隣り合わせであることです。

肉体労働の現場では、常に危険があることは覚えておきましょう。

工場ではプレス機がひっきりなしに動いていますし、工事現場では高所での作業をするかもしれません。

ちょっとした不注意で大きな怪我をしてしまいますし、下手すれば命を失いかねません。

作業に慣れてきても、常に安全を第一に考えることが大切です。

まとめ

デスクワーカー向けに、肉体労働についてご紹介しました。

高収入を稼ぐことはできますが、ご紹介したようなメリット・デメリットがありますので、よく考えた上で、肉体労働に転職するか決めましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートが建築業界で一流になる方法!ステップアップに必須な4つの資格

建築業界は非常に人手が不足しています。 そのため、ニートでも入りやすい業界として知られています。 たしかに、肉体労働は大変ですし、危険な作業もあるのですが、給与は高水準で、学歴があまり関係ないので、ニ …

ニートから電気工事士になる!主な2つの仕事内容、資格取得の難易度は?

現在ニートで就職を考えているみなさんにとって、朗報です。 電気工事士として働いてみたいとは思いませんか? 電気関連のお仕事は実は需要が増え続けているお仕事でもあり、お仕事がなくなるという心配ありません …

女性が長く働ける会社の特徴5つとおすすめの仕事4つを紹介!またその選び方は?

女性の社会進出が一般的になってきた日本ですが、現場レベルではまだまだ女性が長く働くことが厳しいのも事実です。 今回は、女性が長く働ける会社の特徴をまとめ、そうした会社に迷わずたどり着くための方法をご紹 …

ニートから証券会社に就職できる?必要な資格、年収や待遇

ニートの中には証券会社に興味を持っている人もいると思います。 証券会社は主に株式の売買の窓口となったり、証券会社自身が株式の売買を行うことで、経済学、金融学の知識をフル活用して、グローバルな活躍をする …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

夢のような職業!楽で給料のいい仕事5選

ニートの多くは、楽な仕事があるなら就職したいと考えているのではないでしょうか。 楽な仕事であることに加えて、給料が高いならすぐにでも飛びつくのに、と考えているでしょう。 多くの仕事はきついから給料が高 …

ニートがニトリでアルバイトをするのはあり?業務内容や待遇を紹介

「家具のニトリ」はみなさん、ご存知でしょう。 実はニトリは、頻繁にアルバイトの募集を行っています。 周囲のお店よりも時給が高めですので、気になっているニートの方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、ニ …

メンタルが弱くてもできる仕事はなに?向いてる仕事と向いてない仕事を紹介

メンタルとは、心とか精神力のこと。 メンタルが弱いと能力や実力があっても、なかなかそれを活かしきることができません。 特に仕事では色々な利害が絡み、人間関係も複雑なのでメンタルが弱いと仕事のパフォーマ …

腰痛持ちでもできる仕事と辛い仕事。今からでもできる腰痛対策・ケアも紹介

腰は体の要。 人間は体を動かす時、どんな動作をするにせよ腰を使います。 寝ている時や座っている時、腰は使っていないように見えますが、実は腰には体重がかかり負担がかかっています。 腰を痛めると日常生活は …

ニートからハウスクリーニングに就職するには?メリットとデメリット、求人の探し方

 ニートにオススメの仕事として、ハウスクリーニングがあります。 ハウスクリーニングはその名の通り、掃除を行う仕事です。 オフィスビルでよく掃除をしているイメージがありますが、年々その需要は増えてきてい …