ニートの就職体験談

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

投稿日:2019年1月10日 更新日:

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。

これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。

新卒で入社後、ハラスメントを受け1年ほどで退職

性別は男、現在27歳、新卒で就職した会社は物流会社。食品系商社の輸出入を代行する会社でした。

僕は就職してから3か月も経たないうちにハラスメント被害に遭いそれから仕事に行くのが辛くなりました。

朝起きるのに時間がかかる、夜仕事が終わって帰ってきても疲れ果てて寝るだけ。

休日になっても趣味だったことに興味を持てない、友達と遊ぶ気力も湧かないなどうつ病みたいな症状が出始めました。

その後結局ハラスメントが緩和することもなくむしろ悪化し、医師からも適応障害との診断を受けたため就職してから1年ほどで退職に至りました。

無職になり漠然とした不安を抱え、家から出られなくなる

無職になってからは漠然とした不安に心が支配されていました。

初めて経験する社会のどこにも属していない宙ぶらりんの状態と言うのは自分の判断を狂わせるには十分でした。

たとえばむやみにアルバイトに応募したり、転職サイトに登録したりしました。

しかし実際にアルバイトをするわけではなく転職活動をするわけでもありませんでした。

なぜなら新卒で就職した会社でハラスメントを受け、適応障害を患っていたからです。そのため働くと言うことができず家から出ることができない日々が続きました。

友人から職業訓練の存在を教えてもらい再就職に希望が見え始める

就活しようと思ったきっかけは職業訓練校の存在を知ったことです。

職業訓練とは国が無料で提供する就職支援プログラムのことです。

訓練内容も多岐に渡るため、今までの職務経歴とは違った仕事への再就職にチャレンジすることも可能になります。

僕はこの職業訓練の存在を友人から教えてもらい、これなら自分でも再就職できるかもしれないと強く思うように至りました。

就職活動には転職エージェントやサイトを活用

就活の際にはクリークアンドリバーというクリエイト系の転職エージェントのサイトを活用しました。

他にもマイナビ転職などは就職に必要なマナーや転職の際に必要な書類など細かい事務的な手続きに至るまで様々な情報をカバーしてくれていました。

職業訓練校でWEBデザインを学び、就活に活かした

僕は職業訓練校でWEBデザインという科目を受講していました。この科目はある程度基礎的なスキルを修得したら卒業制作としてポートフォリオの作成をしていきます。僕はそのポートフォリオを前倒しで作成していき就職活動をしていきました。

その際はこのWEB業界に強い転職エージェントに相談をしつつ進めました。

幸い転職エージェントの方はとても親切で自分の要望に合った会社を紹介してくれ就職サポートを手厚くしてくれました。

面接では空白期間について聞かれることもありましたが、職業訓練校でスキルの習得に励んでいたということであまり深くは追及されはしませんでした。

また、学生時代の就職活動とは違っていたので緊張することもありました。学生の時はポートフォリオなど持って就活をしたことがなかったので、自分の作った作品が人からどう見られるのだろうと不安にかられることもありましたが、逆にプロの人に見てもらえる良い機会でもあるとも思えました。

大事なのは「焦らない」「気負わない」こと

無職からの就活に大切なことは決して焦らないこと気負わないことです。

無職になると周りに申し訳ないとか早く社会復帰しなければとまじめな人ほど自分自身を追い込んでしまいます。そうして自分の心を自分で折ってしまい自縄自縛に陥ってしまうことがあります。

なので変な言い方ですが、気楽に長い目で最終的に就職できればいいやと大きく構えることも大事です。

無職になってからの再就職は長期戦になることも珍しくありません。その長い転職活動期間を耐え抜くためには、焦らないこと気負わないことが必要になってきます。

まとめ

僕は新卒で就職した会社を1年程度で辞めてしまったダメ人間ですが職業訓練で手に職を付け再就職をすることができました。

みなさんもこのような社会保障制度を使って再就職のきっかけにしてみてはいかかでしょうか。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。 私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。 目次超ブラックだった消費者金融の取り立て係実家に戻りだらけつつ、トラ …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …