ニートの就職体験談

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

投稿日:2019年1月10日 更新日:

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。

これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。

新卒で入社後、ハラスメントを受け1年ほどで退職

性別は男、現在27歳、新卒で就職した会社は物流会社。食品系商社の輸出入を代行する会社でした。

僕は就職してから3か月も経たないうちにハラスメント被害に遭いそれから仕事に行くのが辛くなりました。

朝起きるのに時間がかかる、夜仕事が終わって帰ってきても疲れ果てて寝るだけ。

休日になっても趣味だったことに興味を持てない、友達と遊ぶ気力も湧かないなどうつ病みたいな症状が出始めました。

その後結局ハラスメントが緩和することもなくむしろ悪化し、医師からも適応障害との診断を受けたため就職してから1年ほどで退職に至りました。

無職になり漠然とした不安を抱え、家から出られなくなる

無職になってからは漠然とした不安に心が支配されていました。

初めて経験する社会のどこにも属していない宙ぶらりんの状態と言うのは自分の判断を狂わせるには十分でした。

たとえばむやみにアルバイトに応募したり、転職サイトに登録したりしました。

しかし実際にアルバイトをするわけではなく転職活動をするわけでもありませんでした。

なぜなら新卒で就職した会社でハラスメントを受け、適応障害を患っていたからです。そのため働くと言うことができず家から出ることができない日々が続きました。

友人から職業訓練の存在を教えてもらい再就職に希望が見え始める

就活しようと思ったきっかけは職業訓練校の存在を知ったことです。

職業訓練とは国が無料で提供する就職支援プログラムのことです。

訓練内容も多岐に渡るため、今までの職務経歴とは違った仕事への再就職にチャレンジすることも可能になります。

僕はこの職業訓練の存在を友人から教えてもらい、これなら自分でも再就職できるかもしれないと強く思うように至りました。

就職活動には転職エージェントやサイトを活用

就活の際にはクリークアンドリバーというクリエイト系の転職エージェントのサイトを活用しました。

他にもマイナビ転職などは就職に必要なマナーや転職の際に必要な書類など細かい事務的な手続きに至るまで様々な情報をカバーしてくれていました。

職業訓練校でWEBデザインを学び、就活に活かした

僕は職業訓練校でWEBデザインという科目を受講していました。この科目はある程度基礎的なスキルを修得したら卒業制作としてポートフォリオの作成をしていきます。僕はそのポートフォリオを前倒しで作成していき就職活動をしていきました。

その際はこのWEB業界に強い転職エージェントに相談をしつつ進めました。

幸い転職エージェントの方はとても親切で自分の要望に合った会社を紹介してくれ就職サポートを手厚くしてくれました。

面接では空白期間について聞かれることもありましたが、職業訓練校でスキルの習得に励んでいたということであまり深くは追及されはしませんでした。

また、学生時代の就職活動とは違っていたので緊張することもありました。学生の時はポートフォリオなど持って就活をしたことがなかったので、自分の作った作品が人からどう見られるのだろうと不安にかられることもありましたが、逆にプロの人に見てもらえる良い機会でもあるとも思えました。

大事なのは「焦らない」「気負わない」こと

無職からの就活に大切なことは決して焦らないこと気負わないことです。

無職になると周りに申し訳ないとか早く社会復帰しなければとまじめな人ほど自分自身を追い込んでしまいます。そうして自分の心を自分で折ってしまい自縄自縛に陥ってしまうことがあります。

なので変な言い方ですが、気楽に長い目で最終的に就職できればいいやと大きく構えることも大事です。

無職になってからの再就職は長期戦になることも珍しくありません。その長い転職活動期間を耐え抜くためには、焦らないこと気負わないことが必要になってきます。

まとめ

僕は新卒で就職した会社を1年程度で辞めてしまったダメ人間ですが職業訓練で手に職を付け再就職をすることができました。

みなさんもこのような社会保障制度を使って再就職のきっかけにしてみてはいかかでしょうか。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

事故を起こし配達員をクビに。32歳無職が自動車部品設計の会社に就職できるまでの道のり

はじめましてマサと申します。 自分は、27歳からずっと無職のままで家に引きこもって毎日ゲームをする生活をしてきましたが、32歳の時に無職生活から抜け出し今は正社員として充実した生活を送っています。 し …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

大学卒業と同時に無職に。29歳無職から製造会社事務に正社員として就職できるまで

私は大学で経営学や経済について学びましたが、就活がうまくいかず新卒での就職ができませんでした。 卒業後はフリーター状態となり職を転々としつつ一時はニート状態。 資格取得などを経てなんとか29歳のときに …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …