ニートの就職体験談

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

投稿日:2019年10月28日 更新日:

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。

いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。

今回は、無職の状態から抜け出した体験を書きたいと思います。

20代で家族の介護をしながら5年の無職生活

私が無職になったのは、20代で家族の介護をすることになったからです。

大学を卒業し一旦は就職したものの、実家に帰ることになりました。実家に帰ってからは5年間無職の状態でした。

無職になってからは、生活が一転しました。これまでとは違い、家族の介護のペースになりました。

一日中家に居なければならない状態が続き、精神的にだいぶ参ったことを覚えています。

遊びに行くこともほどんど出来ず、金銭的にも苦しい思いをして、早くこの状況から抜け出したいと思っていました。

就職はしたかったのですが、もちろん時間的に厳しく、パートタイマーでの仕事さえも出来ませんでした。

周りの友人たちは、仕事や遊びを忙しくこなしていたり、結婚し始めたりで他人と比較することが多く、しんどい時期でした。

派遣サイトに登録して就職活動の一歩目を踏み出す

家族の介護がひと段落し、ようやく就職活動を始めることになりました。

始めはいくつかの派遣の仕事のサイトへ登録し説明会に行ったり、どのような仕事があるのか調査し始めました。

具体的に私が使っていたのは、テンプスタッフアデコです。

ここでは、基本的なPCスキルを自宅にいながら無料で勉強することが出来るサイトを紹介していただき、エクセルやワードなどを一人で学習しました。

また、ハローワークに登録し求人情報を見られるようにしました。気になる求人票があれば、職員の人に相談しながら応募していました。

一般の就職サイトは使ってはいましたが、実際の就職活動に役立てることが出来ませんでした。

あとは、新聞の折り込み広告も積極的に見るようにしていました。

介護をしながら、時間に余裕のある時は資格の勉強をしていました。もし、今すぐに就職が出来なかったり、就職をする気分ではなくても、少しでも自分の興味のあることを勉強しておけば、必ず役に立ちます。実際の仕事に役に立たなかったとしても、履歴書に書くことは出来ます。

私が当時取ったのは、簿記3級、医療事務、調剤薬局事務、TOEICの資格です。

技術職には全く関係のない資格もありますが、簿記の試験は数字に慣れることが出来たので、今でも役に立ったと感じています。

ハローワークのトライアル求人をきっかけに技術職に採用される

私が主に履歴書を送ったところは、ハローワークで求人票を見つけた場所です。求人票に経験者のみと書いてある所でも、ハローワークの職員の人が確認をしてくれて、応募できたところがいくつかありました。

まず、医療関係に3件、病院、薬局1件に応募しました。

結果、医療関係のうち2つは面接で落ち、残りの1つは書類選考で落ちました。薬局は面接で落ちてしまいました。

その後、ハローワークでトライアル求人について知りました。この制度は、主に20代までで経験のない人でも企業が雇ってくれるという仕組みです。

最初の3か月から半年ほどがトライアル期間となっています。

私は、自分の資格に合った仕事を探していましたが、トライアル求人は未経験でもいいとのことでしたので、技術職に応募することになりました。

結果、面接に合格することが出来ました。ただ、誰でも採用されるというわけではなく、やる気があることを見せたほうがいいと思います。

いま無職のひとへのメッセージ

無職になる理由は人それぞれだと思います。やりたい仕事がないとか、無職になりたくなくてもなってしまうこともあると思います。

仕事はやってみないと面白いかそうでないか分からないです。就職活動中に偶然見つけた技術職でしたが、今はこの仕事に就けて良かったと思っています。

あまり自分の中でやりたい仕事の枠を狭めてしまわず、色々な求人にチャレンジしてみて下さい。

まとめ

仕事を探す時に、20代だとメリットが大きいと思います。特に未経験の仕事をしたいという時に、募集年齢が30歳未満のことが多いからです。

さまざまな事情があると思いますが、就職をするなら早めに行動するのがいいと思います。もし失敗しても経験にはなります。

時間に余裕があれば、資格を取っておくのもお勧めしたいです。

あまりやりたい仕事にこだわりを持ちすぎず、チャレンジしてほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

専門学校中退で薄毛ストレスも。30歳職歴なしの私でもプラスチック工場で正社員として就職できた話

私は人付き合いが苦手で、高校を卒業した後に行った医療系の専門学校では、人間関係が辛く、3ヶ月ほどで中退してしまいました。 ストレスで薄毛になった事もあり、余計に人と関わるのが苦手になった私は引きこもり …

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

私は現在、30代の女性です。 当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務。 高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。 学校の先生は「看護がだ …

自動車系の3社を経験後、30歳無職から全く未経験の携帯電話販売会社へ就職できるまでの道のり

私は26歳~29歳の間、中古車販売の会社で働いていました。もともと自動車が好きで自動車関係の仕事に就きたいと思い、新車ディーラーを約4年程経験した後、中古車販売の会社に転職しました。ちなみに整備士では …

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

なんとなく入った会社はブラック。3年間の引きこもりと簿記取得を経て26歳でIT会社の経理として再就職!

私は現在40代の男性です。 高校大学と音楽活動にすべてを捧げて、勉強をほとんどしてこなかったので、大学卒業が近くなり、周りの友達が就職活動を始めていた時期でさえも毎日、一人で酒を飲む日々を過ごしていま …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …