ニートの就職体験談

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

投稿日:2019年10月28日 更新日:

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。

いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。

今回は、無職の状態から抜け出した体験を書きたいと思います。

20代で家族の介護をしながら5年の無職生活

私が無職になったのは、20代で家族の介護をすることになったからです。

大学を卒業し一旦は就職したものの、実家に帰ることになりました。実家に帰ってからは5年間無職の状態でした。

無職になってからは、生活が一転しました。これまでとは違い、家族の介護のペースになりました。

一日中家に居なければならない状態が続き、精神的にだいぶ参ったことを覚えています。

遊びに行くこともほどんど出来ず、金銭的にも苦しい思いをして、早くこの状況から抜け出したいと思っていました。

就職はしたかったのですが、もちろん時間的に厳しく、パートタイマーでの仕事さえも出来ませんでした。

周りの友人たちは、仕事や遊びを忙しくこなしていたり、結婚し始めたりで他人と比較することが多く、しんどい時期でした。

派遣サイトに登録して就職活動の一歩目を踏み出す

家族の介護がひと段落し、ようやく就職活動を始めることになりました。

始めはいくつかの派遣の仕事のサイトへ登録し説明会に行ったり、どのような仕事があるのか調査し始めました。

具体的に私が使っていたのは、テンプスタッフアデコです。

ここでは、基本的なPCスキルを自宅にいながら無料で勉強することが出来るサイトを紹介していただき、エクセルやワードなどを一人で学習しました。

また、ハローワークに登録し求人情報を見られるようにしました。気になる求人票があれば、職員の人に相談しながら応募していました。

一般の就職サイトは使ってはいましたが、実際の就職活動に役立てることが出来ませんでした。

あとは、新聞の折り込み広告も積極的に見るようにしていました。

介護をしながら、時間に余裕のある時は資格の勉強をしていました。もし、今すぐに就職が出来なかったり、就職をする気分ではなくても、少しでも自分の興味のあることを勉強しておけば、必ず役に立ちます。実際の仕事に役に立たなかったとしても、履歴書に書くことは出来ます。

私が当時取ったのは、簿記3級、医療事務、調剤薬局事務、TOEICの資格です。

技術職には全く関係のない資格もありますが、簿記の試験は数字に慣れることが出来たので、今でも役に立ったと感じています。

ハローワークのトライアル求人をきっかけに技術職に採用される

私が主に履歴書を送ったところは、ハローワークで求人票を見つけた場所です。求人票に経験者のみと書いてある所でも、ハローワークの職員の人が確認をしてくれて、応募できたところがいくつかありました。

まず、医療関係に3件、病院、薬局1件に応募しました。

結果、医療関係のうち2つは面接で落ち、残りの1つは書類選考で落ちました。薬局は面接で落ちてしまいました。

その後、ハローワークでトライアル求人について知りました。この制度は、主に20代までで経験のない人でも企業が雇ってくれるという仕組みです。

最初の3か月から半年ほどがトライアル期間となっています。

私は、自分の資格に合った仕事を探していましたが、トライアル求人は未経験でもいいとのことでしたので、技術職に応募することになりました。

結果、面接に合格することが出来ました。ただ、誰でも採用されるというわけではなく、やる気があることを見せたほうがいいと思います。

いま無職のひとへのメッセージ

無職になる理由は人それぞれだと思います。やりたい仕事がないとか、無職になりたくなくてもなってしまうこともあると思います。

仕事はやってみないと面白いかそうでないか分からないです。就職活動中に偶然見つけた技術職でしたが、今はこの仕事に就けて良かったと思っています。

あまり自分の中でやりたい仕事の枠を狭めてしまわず、色々な求人にチャレンジしてみて下さい。

まとめ

仕事を探す時に、20代だとメリットが大きいと思います。特に未経験の仕事をしたいという時に、募集年齢が30歳未満のことが多いからです。

さまざまな事情があると思いますが、就職をするなら早めに行動するのがいいと思います。もし失敗しても経験にはなります。

時間に余裕があれば、資格を取っておくのもお勧めしたいです。

あまりやりたい仕事にこだわりを持ちすぎず、チャレンジしてほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

20代無職から介護職正社員への就職体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職から介護職正社員につくことができた方の体験談をまとめてご紹介します。 これから介護職の正社員を目指す方の参考になれば嬉しいです。   >> …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …