考え方・マインドセット

そろそろヤバい!ニートが危機感を持つための方法3つ

投稿日:2017年3月24日 更新日:

ニートを脱出して働かなければならないと思っていても、どこか危機感が欠如していて重い腰が上がらないニートは多くいるでしょう。

ニート歴が長くなればなるほど、働かない生活に慣れてしまい、危機感を持つことが難しくなります。

そして、お金が無くなって、働かざるを得なくなった時、どこにも働く場所がなく、困窮してしまいます。

そうならないように、危機感を持ち、ニート脱出への行動につなげましょう。

本記事では危機感を持つ方法を3つご紹介し、危機感を持った後にどう行動すればよいかを考えたいと思います。

自立支援プログラムに参加する

ニートの就労を支援するプログラムは数多くあります。

就職を支援するものもあれば、就職につながる技術を身に付けるものもありますし、人との交流を中心としたものもあります。

そうしたプログラムに参加すると、ニートである今の状況がいかに不安定で、危なっかしいものであるかを職員の方が丹念に説明してくれます。

特におすすめなのが、同じ境遇にある人たちが集まって会話をすることを目的としたプログラムです。

なぜおすすめかというと、ニートを客観的に見ることができるからです。

他のニートの人たちの見た目や話し方、考え方を直接見ることで、ニートでいることはまずいと思うことでしょう。

また、その場に参加するということは、あなた自身もそのニートたちと同レベルの存在であるということなのです。

人の振り見て我が振り直せ、ということです。

同級生の現在を確認する

小中高の同級生たちが今何をしているのか確認すると、ニートをしている自分とのギャップに気付き、危機感を得ることができます。

同級生の友達がいればすぐに確認することができますが、ニートでは友人がいないことも考えられます。

そういった場合は、ネットで検索してみましょう。

Facebookやツイッター、インスタグラムなどが引っかかってくると思います。

同級生が楽しそうに働いていたり、家庭を持っていたりする姿を見れば、何もしていないニートは焦りや危機感を覚えるでしょう。

十年後、二十年後を想像する

多くのニートが親の収入を頼りにしていると思います。

その収入はいつまで持つでしょうか?

十年後、二十年後も同じ状況ではありません。

親が定年退職すれば収入はガクンと減って生活水準が低下するかもしれません。

既に年金生活をしてる年齢であれば、両親が亡くなってしまうかもしれません。

状況が変わった時に急に働こうと思っても、雇ってくれる企業はありません。

高齢ニートには正社員はもちろんのこと、バイトの道すら閉ざされています。

収入を得る手段がありませんので、貯金があったとしてもどんどん目減りして、やがて底をついてしまいます。

生活保護を受ければよいと考えているかもしれませんが、国の財政が逼迫している現在、生活保護の審査はどんどん厳しくなり、働く体力のあるニートには受ける資格がないかもしれません。

といったように、将来の事をどんどん悪い方向で想像してみましょう。

ニート脱出を先延ばしにすればするほど、状況が悪化していくことを理解できると思います。

危機感を持ったら、すぐに働くための準備を!

危機感を持ったら、すぐにニートを脱出するための行動を取りましょう。

とはいえ、自分一人では何をしてよいか分からないと思います。

ですので、ニートへのサポートが充実している、ハローワークや若者サポートステーション、ジョブカフェなどに行って、相談員にありのままを話してみましょう。

相談員はニートとの対話に慣れていますので、安心して話すことができます。

相談員のアドバイスの元、求人への応募や、職業技術の学習といった就職への具体的行動に移りましょう。

まとめ

危機感が無いと、ニートからの脱出はなかなか難しいです。

ご紹介した3つの方法ならば、少なからず危機感を覚えることができると思います。

危機感を持ったら、行動を起こすチャンスです。

思い立ったが吉日です。

すぐにニート脱出するための行動を取りましょう。

-考え方・マインドセット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社が合わない、ストレス!と感じたときに〜ストレスの原因と対処方法を教えます

会社に勤めていてストレスを感じたことがある人は多いでしょう。 ストレスがたまりすぎて、もはやなにがストレス源なのかもわからない、という人もいるかもしれません。ですがストレス源がわからないと、ストレス対 …

ニートから人生逆転するには?重要な2つのマインドセットと戦略

ニート期間は、社会的要素との繋がりがなかった期間とも言えますよね。 つまり、具体的にニートからの逆転とは、社会的要素においてこれから先どう華開かせていくかということになるかと思います。 人それぞれ、持 …

ニートの経験はきっと就職に活きる!ニートであることの強み3つ

ニートをしている期間は、少しも働いていないですので、無駄な時間だと考えているニートも多いでしょう。 しかし、ニートの経験はほとんどの人が経験しないことですので、考え方次第では就職活動や実際の仕事で役に …

10年間ニートをしてきた人が社会復帰のためにするべきこと3つ

世間一般的にニートはのんびりしていると思われがちですが、ニートの多くは強い不安を感じています。 どうにかこの状況を変えたいけど、怖くてできない。 そうした思いを持ちながらもずるずると時は流れてしまいま …

ニートからの就活は辛いがチャンスはある。就職の可能性を上げる方法と乗り越え方

一般の転職活動でも、誰もが希望通りにスムーズに転職できるとは言えません。 収入や勤務条件などでいくらか妥協している人がほとんどです。 そういった状況の中ですので、より立場の弱いニートには厳しい就職活動 …

仕事が見つからない焦りとはどう向き合えばいい?具体的な解消方法

転職活動を始めたものの、なかなか次の職場が決まらないと、徐々に焦りや不安が生まれてしまいます。 その焦りによって判断を誤ってしまえば、せっかくの転職活動が台無しです。 本ページでは、仕事が見つからない …

ニートの就職活動時にありがちな悩み事4つとその解決方法

ニート生活を終わらせるべく、就職活動をしている中で悩みに押しつぶされそうになる時もあるでしょう。 訳あってニート生活を送っていた人でも、ニート生活の中で色んなことを言われた経験があるという人も多いと思 …

no image

今が人生のどん底だと思っているニートでも這い上がれる

仕事をしていない期間が長くなってくると、どんどん自分に自信がなくなっていきます。 社会との繋がりも徐々に減っていってしまうし、人と話す機会もなくなるため会話力も衰えます。 まさに人生のどん底、少しずつ …

あなたもきっとできる!ニートが働くことになったきっかけ5つ

自分の力だけでニートから抜け出すことはなかなか難しく、何らかのきっかけが必要になる事が多いです。 そのきっかけというのは人それぞれで、自分にとって何がきっかけになるのかはその時にならないとわかりません …

ニートにつきものの不安と焦りとどう付き合うべきか?

ニート生活が長くなると、不安や焦りが大きくなってきます。 でもその気持ちをずっと抱え込んでしまうのは、健康上決していいこととは言えません。 ニートで引きこもり、うつになった経験を踏まえ、私なりの不安や …