考え方・マインドセット

ニートのあなたがバイトすら受からないのはなぜ?受からない原因3つと解決方法

投稿日:2017年6月26日 更新日:

ニートから抜け出そうとバイトに応募して面接を受けてみたものの落ちてしまい、バイトすら受からないのかと落ち込んでいる人は多いのではないでしょうか。

せっかく社会復帰に踏み出そうとしたのに、出鼻をくじかれてしまい、どんどん自信を失っていく人も少なくありません。

本記事では、バイトが受からない原因とその解決方法をご紹介します。

バイトに落ちるのは、自分だけのせいではない

まず、知っておいて欲しいのは、バイトに落ちるのは自分だけのせいではないということです。

正社員採用などの一般的な採用では、コミュニケーション能力や業務遂行能力などが問われて、一定水準に満たなければ落ちてしまいます。

一方、バイトの採用では、能力はそれほど問われません。

バイトでは能力を問われるほど難しい仕事をすることはないからです。

では、何が問われるのか、というと、シフトにどれだけ入ることができるか、ということが主になります。

他には、男女比や年齢層など、応募者には解決しようのない理由が合否に関わることも多いです。

そうした事情から、バイトに落ちたとしても、必ずしも自分に責任があるわけではないのです。

東大生だろうが全てのバイトに合格するわけではありませんので、バイトに落ちたからと言って落ち込む必要はありません。

とはいえ、自分にもバイトに受からない原因があることもあります。

以下、一つ一つその原因と解決法をご紹介していきます。

1. 柔軟にシフトに入れるかどうか

バイトの面接で面接官が一番重要視しているのは、シフトに入れるかどうかです。

能力が高そうかどうかよりも、どれだけシフトを埋めてくれるのか、急なシフト変更にも対応してくれそうかといった方が重視されているのです。

ニートや無職だからと言って、毎日いつでも働けるわけではなく、家族の介護や資格の勉強、趣味に費やす時間などそれぞれに都合があります。

もちろん、その都合に合わせて、入りたいシフトを面接官に伝えるべきですが、できるだけ多くのシフトに入れることをアピールした方がバイトには合格しやすいことは覚えておきましょう。

また、家からバイト先が近い方が急なシフトにも対応しやすいので、バイトに受かりやすくなります。

そのため、志望動機に「家から近いため」と書くのも、大きなアピールになります。

2. お店の雰囲気に合っていない

飲食店などの接客業で多い不合格の理由は、お店の雰囲気に合っていないことです。

求人票の上では、男女雇用機会均等法があるため、募集している人の男女や年齢を明示することはできません。

しかし、実際は、20代の女性が欲しかったり、30代以上は男女ともに断っていたりすることがほとんどです。

こうした原因での不合格を防ぐために、応募する前に客として店舗を見学してみましょう。

働いている人達の年齢や性別に偏りはないか、自分と同じ性別、年代の人は働いているのか、チェックしましょう。

3. 清潔感がない

接客業に関わらず、面接では見た目の清潔感が大切になります。

長期間ニートや無職をしていると、外見に無頓着になりがちです。

髪が伸びっぱなしだったり、服がよれよれになっていたり、爪が長く伸びていたりと清潔感が見られない格好で面接に臨んでいることが少なくありません。

その状態では、どんなに受け答えが上手くいっても、どんなシフトにも対応できるとアピールしても、不合格になってしまう可能性が高いです。

きれいに着飾るのではなく、最低限の清潔感を持つことが必要です。

また、臭いについては自分ではわからないことも多いので、面接前にシャワーを浴びたり、ガムを噛んで消臭するなど対策を取りましょう。

まとめ

バイトに落ちる原因と解決方法をご紹介しました。

バイトは簡単な仕事が多いですが、だからと言って合格率が高いわけではありません。

応募先の都合で落ちる場合もありますので、落ちたことは気にせずに次々と応募していきましょう。

-考え方・マインドセット

執筆者:

関連記事

ニートから人生逆転するには?重要な2つのマインドセットと戦略

ニート期間は、社会的要素との繋がりがなかった期間とも言えますよね。 つまり、具体的にニートからの逆転とは、社会的要素においてこれから先どう華開かせていくかということになるかと思います。 人それぞれ、持 …

かつてはニートだった!歴史上の偉人、成功者5人の紹介

ニートをしている人の中には、もう人生詰んでしまったと落ち込んでしまっている人もいるのではないでしょうか。 しかし、過去にニートだったにもかからわず、成功者になった人達も少なからずいます。 ニートを経験 …

難しく考えない!ニートが働く自信をつける具体的な3つの方法

ニートの多くが働かなければと思いながらも、就職活動に踏み出すことができません。 なぜなら、働くことが恐いからです。 失敗したらどうしよう、うまくやれるはずがない、と考えてしまって身動きが取れなくなって …

ニート生活が楽しくない人が考えるべき3つのこと

社会生活が嫌になってニートになってしまい、最初はプレッシャーの少ない生活を楽しんでいたものの、だんだんとやることもなく、日々のニート生活が楽しくないと考えている人も多いでしょう。 そういう気持ちでいる …

引きこもりニートが精神を病まないようにする4つの方法

ニートは世間が思っているよりも気楽なものではなく、常に不安や孤独を抱えて怯えており、精神を病みやすい傾向にあります。 そして、精神を病んでしまっては何をする気も起らず、ニートからの脱出はますます遠のい …

元ニートが送る!ニートから抜け出せない人へのアドバイス4つ

ニートの期間がずるずると伸びてしまい、社会へ飛び出す勇気が出ないという人もいるのではないでしょうか。 ニート時代が長い人からすると、社会復帰という言葉に不安な印象を抱く人も居ると思います。 少し前向き …

ニートの就職活動時にありがちな悩み事4つとその解決方法

ニート生活を終わらせるべく、就職活動をしている中で悩みに押しつぶされそうになる時もあるでしょう。 訳あってニート生活を送っていた人でも、ニート生活の中で色んなことを言われた経験があるという人も多いと思 …

高いプライドはいらない!ニート脱出にはプライドを捨てることも大切

ニートの就職活動は非常に困難を伴うもので、1年以上の長期間かかることも珍しくありません。 せっかくニート脱出のために動き出したのですから、できる限り短期間で就職先を決めたいものです。 ニートの就職期間 …

ニートにつきものの不安と焦りとどう付き合うべきか?

ニート生活が長くなると、不安や焦りが大きくなってきます。 でもその気持ちをずっと抱え込んでしまうのは、健康上決していいこととは言えません。 ニートで引きこもり、うつになった経験を踏まえ、私なりの不安や …

ニートの経験はきっと就職に活きる!ニートであることの強み3つ

ニートをしている期間は、少しも働いていないですので、無駄な時間だと考えているニートも多いでしょう。 しかし、ニートの経験はほとんどの人が経験しないことですので、考え方次第では就職活動や実際の仕事で役に …