ニートの就活のやり方

転職活動時でのIT系ブラック企業の見分け方

投稿日:2017年10月11日 更新日:

ブラック企業とは、主に、労働基準法を守っていない会社のことをいいます。

せっかく転職するのであれば、無給労働やパワハラが横行しているような会社には、入社したくないですよね。

しかし、求人には時期的な縁がありますし、杞憂で見送ってしまうのは勿体ない求人もあるでしょう。

という訳で、ここでは、自力で出来る範囲でのIT系ブラック企業の見分け方について解説していきます。

1. 厚生労働省が発表しているブラック企業リストを見てみる

厚生労働省が公式ホームページに、労働基準法関連で違反した企業を載せています。

労働基準法関連に違反してしまったということは、管理が行き届いていない可能性もありますよね。

こちらはまだ公表されだしてまだ間もないですが、1度チェックしておくと良いでしょう。

厚生労働省資料:http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

2. 良いことばかり書きすぎている求人先は、とことん調べる

何か記載漏れがあり、良いことばかり連なってしまっている求人も、中にはあります。

例えば、本当は何か資格が要るのにそれが記載されていなかったり、給与も残業代込みで記載されていたりです。

これが故意でなければ良いのですが、故意であった場合、入社しても信用して会社へ勤めることが難しくなってしまいます。

また、「タダほど高いものはない」の理屈でいうと、パッと見で「怪しい・リスキー」と疑念を抱くのは当然です。

なので、「おや?」と思うことがある求人先があれば、とことん調べてみることをお勧めします。

自分が見付けたところ以外での求人掲載内容や、会社のホームページなど、自分が思い付く限り調べてみて、信用できそうな材料があれば、ただの記載漏れの可能性が高いです。

3. 面接の時点で不明瞭な点を質問してみる

求人情報や自力で事前に調べた情報で分からなければ、面接の際に聞いてみましょう。

転職するのであれば、これから先の社会生活はその会社で送るわけです。

その点を理解してくれている会社であれば、はぐらかさず、嫌な顔をせず、説明をしてくれるはずです。

しかし、ふわっとした中身や現実味のない回答であったり、怪訝な表情を浮かべられたりした場合は、ブラック企業である可能性が高いでしょう。

もしブラック企業でなかったとしても、入社後その会社の人たちと反りが合うかも心配ですよね。

入社すれば面接官とも顔を合わせた際に軽く話をする機会もあるかもしれません。

きっとその際には良い話のネタになるので、面接終了前に分からないままにせず聞いてみるのが良いでしょう。

4. いくつか目星を付けた企業へ面接に行ってみる

人は盲目的になると、危険なものだろうが何だろうが、一番星が光っているように素晴らしく見えてしまうこともあります。

なので、自分の中でのデータが少ない以上は、色んな企業へ面接に赴き、色んな雰囲気を考察してみると良いと思います。

3で挙げた質問においても、1社だけだと、もし仮に突っぱねられたり、はぐらかされた場合に不安ばかり抱いてしまうかもしれません。

ここでの肝は「1社だけではない」という心のゆとりです。

また、良い企業と出会える可能性も増えるので一石二鳥の方法といえるでしょう。

まとめ

ブラック企業という概念は多岐に渡っており、全てが全て自分にとって良い会社を見分けるというのは、困難な場合が多いです。

フレネミーのように友達の仮面を被った敵が近くに居る場合もあるのに、全く顔も知らない新しい会社の新しい部署の人たちが善良かまでは見分けるのは難しいことです。

しかし、ある程度は自分の力で見分けることが出来るよう打開していくことが、転職活動において必要なことだといえるでしょう。

この記事が、IT系ブラック企業を転職段階で見分けたいと考えている人の参考になれば、嬉しいです。

-ニートの就活のやり方
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートから派遣で働くのはおすすめ?メリットとデメリット

 ニートの人にとって、仕事を見つけて働くというのはとても勇気のいることですよね。 「仕事が出来なかったらどうしよう」「人間関係が上手く行くか心配」と悩んで、一歩を踏み出せないと考えている人も多いです。 …

社会人経験なしで就職する方へのアドバイス

社会人になる時には誰もが不安を感じるものです。 新卒の方はもちろんですが、しばらくニートを続けていて、ようやく就職にたどり着いた方はなおさら不安に思うことでしょう。 そこで本記事では、ニートが初めて就 …

このままじゃヤバい!就活に失敗してニートになった人の選択肢3つ

就職活動に失敗してしまうと、人格を否定されたような気持になって意気消沈してしまい、ニートになってしまうことは珍しいことではありません。 しかし、そのままずるずるとニートを続けてしまっては、どんどんと就 …

アルバイト経験なしからの就活で注意する3つのこと

正社員での経験どころか、アルバイトの経験もないニートの方は数多くいます。 ずっと引きこもっていたニートはもちろんのこと、資格試験や公務員試験の勉強をしていたが結果合格する事ができずに諦めたニートもいる …

大企業をリストラされた後、再就職は厳しい?再就職の流れと心構え

ニートの中にはかつて大企業に勤めていた人もいることでしょう。 ところが、急なリストラに遭って、予期せずニートになってしまった人もいます。 そうした人が気になるのは、リストラによって経歴に傷がついたので …

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

会社を退職してニート生活へ…転職はいつ始めればいい?求人サイトを使った転職活動

体調不良や人間関係で会社を退職して、しばらくゆっくりしようとニートになった人は数多くいるでしょう。 最初こそ開放感に浸って精神的に安定するのですが、だんだんとニートであることに不安を感じてきて、再就職 …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

無職ニートからいきなりフルタイムで働く人への注意点とアドバイス3つ

無職、ニートから働きはじめるときは、少ない日数・少ない時間の仕事から始めるのが良いのでは?という意見を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際フルタイムで働いたほうが稼ぎは良いですし、正社 …

中小、大手企業への転職それぞれのメリット・デメリットを紹介

転職を考える理由も様々ですが、中小企業から大手企業へ転職をしたいと考える人もいれば、大手企業から中小企業への転職をしたいと考える人もいると思います。転職理由の動機はそれぞれですが、大手企業と中小企業の …