ニートにおすすめの資格

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。

Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人のことを意味します。

Webエンジニアになりたいけれど、必要な資格や有利な資格ってあるのかな、と思っている人もいるかと思います。

という訳で、Webエンジニアになるにあたって、絶対必要な資格はあるのか、また、シーン別に持っていて有利な資格について書いていきます。

Webエンジニアになるために絶対必要な資格というものはない

資格を持っていなければ、就けない職というのもありますよね。

分かりやすいものでいうと、医者や弁護士などが代表的な例だと思います。

しかし、Webエンジニアになるために絶対必要な資格、というものはありません。

どちらかといえば、現場での実務経験がどのくらいあるのか、というところが重視されます。

という訳で、下記の項目からは、持っておいたほうが良いこともある資格を紹介していきます。

お客様向けに持っておいたほうが良い資格

直接のやり取りがある場合に、「基本情報技術者試験」を持っているほうが、信頼してもらいやすいこともあります。

つまるところ、「基礎的な資格も持っていない人は信用できない」と言われる場面もあるかもしれない、ということですね。

システム開発をしていくにあたって、知っておきたい知識も多いですし、信頼を貰えるのであれば、対外的に持っていて損はないでしょう。

それほど、資格という「肩書き」は、一般的には重きを置かれているということでもありますね。

また、「基本情報技術者試験」については、会社で実務的なことは学んではいくのですが、実務の知識だけではどうしようもない応用的な複雑な業務において役立つことも多いようです。

実務経験を重ねていても、基礎的な知識がなければ、複雑なもののエラーへの気付きが遅いといったことも起こり得るということですね。

必須でないにしろ、これから先の社会生活で活躍していく業界の基本は押さえておくに越したことはない、といえるでしょう。

自分のスキル、キャリアアップに役立つ資格

「基本情報技術者試験」より難易度の高い「応用情報技術者試験」は、実務やキャリアアップに役立つ資格です。

そういった観点では、上記の2つの資格は、この業界で生きていく上で有利な資格とも言い換えることが出来ますね。

難易度が高い資格は沢山ありますが、自分にとって必要な時に、必要な知識を得るために資格取得をする人が多いようです。

また、どんどんと新しいものへ変わっていく業界なので、ずっと勉強していくことが必要になる仕事であるともいえます。

なので「資格を持っていること」より「どれだけ知っていて、どれだけ活かすことが出来るのか」というところが重視されるといえます。

あくまでも、自分を向上させるためという観点で、資格を取っていくスタンスの業界と考えるのが吉でしょう。

遠くへ仕事に行くことがある場合

こういう場合に備えて「運転免許証」は持っていたほうが良いですね。

まとめ

Webエンジニアになるために必ず必要な資格、というものはありません。

しかし、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」は受けておいて後々役立ったという声も多い資格なので、知識の幅を広げるために取っておいても損はないです。

日々目まぐるしく変わっていくことが多く、ずっと勉強し続けることが必要となる職種なので、気付けば、もっと専門的で難易度が高い資格取得を目指しているかもしれませんね。

資格を取る、ということより、知識やスキルを取りに行く、という感覚が、この業界では必要だといえるでしょう。

この記事が、Webエンジニアになるために必要な資格が気になった人の参考になれば、嬉しいです。

-ニートにおすすめの資格
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

まだこれから!20代ニートからの就職に有利な資格

20代ニートが就職するには、資格を持っていると有利です。 なぜなら、資格は「この分野に対して勉強してきました」と客観的に証明できるものだからです。 特に20代ニートで長期的に働きたいと考えている場合、 …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

持っていれば必ず就職できる資格はある?定番の資格5つ

ニートに限らず、資格を持っている人は就職に有利です。 なぜなら、資格は「その分野に関して、知識がある」ということを客観的に証明できるものだからです。 しかし、むやみやたらに資格を取るのはオススメしませ …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

TOEIC980点のハイスぺニートが就職できる職種、仕事は?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、世界共通の検定試験です。 この試験の特徴は合否制ではなく10〜990点の範囲で上下するスコアで評価される点にあります。 点数が高ければ高いほど …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …