ニートにおすすめの資格

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

投稿日:2017年1月24日 更新日:

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。

また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。

沢山の人に読んでいただきたいと思っております。

簿記の種類に関しての説明

・全国商業高等学校連盟 全商簿記

・日本商工会議所 日商簿記

・工業簿記

などの3種類があります。

履歴書に書ける簿記は何級から?

どの資格でも同じですが書けるのは3級からとなります。

3級であれば、社会で最低限の活用ができるだろうという事で3級となっております。

私は学生時代に、全国商業高等学校連盟主催の全商簿記3級を勉強していたことがあります。

工業簿記って何?

工業簿記とは、製造業で使う簿記の事を指しております。

工業簿記は製造活動に関して行われる記録の事で、商業簿記と異なる部分は、「製造原価報告書」というものがあり、一つ生産したら製品の原価がいくらになるのかという算出を行い、報告するものになります。

商業簿記って何?

商業簿記とは一般企業での経理業務で用いられるものが商業簿記となってきます。

日商簿記4級と3級は商業簿記の範囲が出題されます。

また日商簿記2級以上を取得しようと考えている方は、工業簿記に関しても学習しなければなりません。

簿記3級の合格率は!?

平成21年2月の試験の合格率50%

同年6月の試験の合格率は49.6%

同年11月の試験の合格率は43.1%

となっております。

簿記を取得しておくことにおける就職の優位性

簿記を取得している人はやはり経理業務や銀行などでの窓口業務につける確率が高くなってきます。

また簿記を学んでおくことのメリットは株取引などの知識も同時に身につける事ができることです。

例えばインサイダー取引というものがどういうものなのかとか、小切手が不渡になったらどうなるのか、または貸借体表の読み方がわかるようになってくると財政赤字になったらどうしたらいいのか、黒字にするためにはどのようにしたらいいのか、といった事を考えられるようになってきますので、やはり簿記は就職活動において無資格の人よりは優位性を保てるのではないでしょうか。

また、10代・20代にとって、簿記は大きな武器の一つになってきます。

私自身の体験談にはなりますが、IT系の業務についていても簿記を持っている人は銀行系のバックエンド業務につけることが多かったりしますし、簿記を頑張って突き詰めていって1級を合格することができれば、公認会計士の資格を取得を目指し、社会にとって大きな貢献ができるようになってきます。

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。 そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。 私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考え …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートが社会保険労務士の資格でつける仕事とは?資格の取り方や、気になる待遇を紹介!

社会保険労務士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 実際、私もニート時代に社会保険労務士についてよく調べました。 ここでは社会保険労務士の仕事、資格の取り方、どんな仕事があるのかをご紹介しま …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。 そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。 宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができます …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …