ニートにおすすめの資格

ニートが就職するのに簿記は活きる?何級を取るべき?

投稿日:2017年1月24日 更新日:

本稿では、簿記の資格に関しての情報を記載していきます。

また社会に出て簿記が使えるのはどの級からなのかという事を記載していきます。

沢山の人に読んでいただきたいと思っております。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

簿記の種類に関しての説明

・全国商業高等学校連盟 全商簿記

・日本商工会議所 日商簿記

・工業簿記

などの3種類があります。

履歴書に書ける簿記は何級から?

どの資格でも同じですが書けるのは3級からとなります。

3級であれば、社会で最低限の活用ができるだろうという事で3級となっております。

私は学生時代に、全国商業高等学校連盟主催の全商簿記3級を勉強していたことがあります。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

工業簿記って何?

工業簿記とは、製造業で使う簿記の事を指しております。

工業簿記は製造活動に関して行われる記録の事で、商業簿記と異なる部分は、「製造原価報告書」というものがあり、一つ生産したら製品の原価がいくらになるのかという算出を行い、報告するものになります。

商業簿記って何?

商業簿記とは一般企業での経理業務で用いられるものが商業簿記となってきます。

日商簿記4級と3級は商業簿記の範囲が出題されます。

また日商簿記2級以上を取得しようと考えている方は、工業簿記に関しても学習しなければなりません。

簿記3級の合格率は!?

平成21年2月の試験の合格率50%

同年6月の試験の合格率は49.6%

同年11月の試験の合格率は43.1%

となっております。

簿記を取得しておくことにおける就職の優位性

簿記を取得している人はやはり経理業務や銀行などでの窓口業務につける確率が高くなってきます。

また簿記を学んでおくことのメリットは株取引などの知識も同時に身につける事ができることです。

例えばインサイダー取引というものがどういうものなのかとか、小切手が不渡になったらどうなるのか、または貸借体表の読み方がわかるようになってくると財政赤字になったらどうしたらいいのか、黒字にするためにはどのようにしたらいいのか、といった事を考えられるようになってきますので、やはり簿記は就職活動において無資格の人よりは優位性を保てるのではないでしょうか。

また、10代・20代にとって、簿記は大きな武器の一つになってきます。

私自身の体験談にはなりますが、IT系の業務についていても簿記を持っている人は銀行系のバックエンド業務につけることが多かったりしますし、簿記を頑張って突き詰めていって1級を合格することができれば、公認会計士の資格を取得を目指し、社会にとって大きな貢献ができるようになってきます。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 職歴なし( …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。 そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。 宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができます …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

ニートが運転免許を取得する2つのメリットと就職可能になる業界3つ

ニートの中には、自動車免許を持っていない人も多いのではないでしょうか。 持っていなくても生活できますし、就職活動を行うことも可能です。 しかし、自動車免許を持っていると、就職活動において様々なメリット …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

ニートでも国家公務員になれる?試験の難易度、メリット・デメリットは?

ニートをしている人の中には国家公務員に興味を持っている人もいることでしょう。 しかし、実際に国家公務員になるにはどうすればよいのか、をちゃんと知っている人は少ないかもしれません。 そこで、本記事では、 …

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …