ニートにおすすめの資格

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

投稿日:2017年3月21日 更新日:

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。

文章作成が主となるワードと違い、エクセルはある程度関数の内容や組み込み方を知識として覚える必要があるため敷居が少しだけ敷居が高いと言われています。

そのため、一度覚えてしまえば転職活動を行う上で大きな武器となるのです。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

この記事ではそんなエクセルに関連する資格を修得する方法や、エクセルの技術を活かせるお仕事について書いていきたいと思います。

エクセルに関する資格の修得方法は?

資格に関してはワードと同様に、大きく分けるとマイクロソフト公認のMOS(マイクロソフトスペシャリスト)やコンピューターサービス技能評価試験などの民間資格に分かれていきます。

試験から合格までの流れもwordと同様に、MOSは月に1度開催している試験に合格。

民間資格の場合は職業訓練など研修過程を通し技術を学び試験に臨む形になります。

ですが、試験の難易度はエクセルの方が高いと言われています。

何故かというと、ワードの課題は文章作成ですので、問題の中で間違えたとしても誤字・脱字程度ならそこまで大きな痛手にはなりません。

20代無職からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

ですがエクセルの場合だとそうは中々いきません。

エクセルの課題は表の中の数値に関数を用いて、様々な形に変化させていきます。

その過程で計算式に1つでも間違いや凡ミスがあった場合、それ以降の問題で解答した数値も芋づる式で正答からズレていくため、気付かぬうちに大量失点しているなんて事もありえるのです。

ですので、エクセルの資格を取る際はきちんとスクールで講師に教わりながら対策し試験に臨む事をおすすめします。

エクセル資格が役立つお仕事

エクセルの表計算機能は、主に職場での資料作成やデータ整理に用いるため、事務職はもちろん、取引先に資料提示の機会がある営業職や公務員など々な業界や会社で需要があります

それこそ情報化社会と言われている昨今、エクセルを使用していない会社を探す方が難しいのかもしれません。

どんな仕事でも大なり小なりエクセルの操作が分かる人は重宝されますよ。

まとめ

ワードにも言える事ですが、資格よりもエクセルを使用してきた経験を企業は求めています。

極論を言うならば、無資格でもエクセルをバリバリ使いこなすことができれば評価に繋がるのです。

現在ではエクセルの初心者向けの教本もDVD付きのものが増え非常に分かりやすく作られています。

やる気さえあれば自宅から出ずに基本的な操作を覚える事も可能です。

パソコンさえ手元にあれば勉強できますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 20代職歴 …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

ニートから公務員試験を受ける方法!合格確率(倍率)、面接の内容は?

  今は無職でニートでも、これから勉強して公務員になりたいと思っている人も多いでしょう。 元ニートの私もその一人でした。 公務員は安定性が何よりの魅力です。 20代職歴なしからでも就職したい方はジェイ …

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

就職に有利な資格を取得してニートから脱却する方法

ニートの中には、いきなり就職は難しいので、まずは資格を取って就職活動を有利に進めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、具体的にどんな資格を取ればよいのか、よくわからないと悩んでいる人 …