ニート向けの仕事一覧

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


投稿日:2017年1月2日 更新日:

 

ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。

ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。

営業職にはどんな種類がある?

まずは、営業職にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

大きく2つに分けることができます。

新規開拓営業・飛び込み営業

新規開拓営業・飛び込み営業というのは、新しいお客さんを開拓していく仕事です。

例えば、薬の営業であれば、販売したい薬を実際に持ち、調剤薬局を回ります。

すでに安定した取引が継続している製薬会社がいるので、町の処方箋調剤薬局は営業が成り立っているのですが、その中に割り込む形で、「自社製品を置いてください」と、お願いしに行く仕事です。

ルート営業

あらかじめ会社が決めている地域を受け持ち、既にある顧客への新商品の提案や、製品の交換を積極的に提案していく仕事です。

例えば、数年に一度 、家の外壁の塗装を塗り替えてくださっているお客様のお宅へお伺いします。

「そろそろ外壁をお塗り替えの時期ではありませんか」と提案をしたり、

「数年前には開発されていなかったこんな塗料が、こういった価格です。」と説明をするのです。

営業職に合ったタイプはどんな人?

営業とはどんな仕事かは分かりました。

では、どんな人が営業職に合っているのでしょうか?

営業職に向いている2つのタイプを紹介します。

1. 人が好きであること

営業に向いた1つ目のタイプは人が好きであることです。

営業の仕事は物を売ることですから、そこにはいつもお客さんのニーズというものがあります。

人が好きだということは、会話のキャッチボールができることの土台です。

お客さんとの会話は楽しい話ばかりではありません。

お客さんの日々の生活や、業績の変化といった悩みを、信頼関係のもとに話して頂かなければなりません。

そこまで深い信頼関係を結べるようになるには、人が好きであることが必要なのです。

2. 打たれ強いということ

営業の仕事がハードな職種であるということを聞くことは多いと思います。

すべての職業はハードですが、営業の仕事が中でも特にそう言われているのは、会社にとって重要な役割を担っているからです。

どれ程素晴らしい製品を作り出しても、売れなければ意味がありません。

それがお客さんに買って頂けて初めて、会社には利益がもたらされます。

メーカーと言われるモノ作りの会社では、営業の仕事に配属される多くの新人はまず、工場の製造ラインをこの目で見ることを経験させられます。

これは、これから自分が売ることになる製品が、どれくらいの熱意と苦労で作り出されるのかをこの目で見て感じるためです。

しかし、どれだけ自分が会社の製品の素晴らしさを理解したとしても、その素晴らしさがすべてのお客さんに伝わるとは限りません。

時には、耳を塞ぎたくなるような言葉や態度を見せられる事もあるかもしません。

だからこそ、営業マンは何度も営業の仕方を工夫したり、お客さんとの信頼関係を構築するために努力できる打たれ強い心が必要なのです。

タフな心が必要になるのが営業という職種です。

ニートという時期を経て、これから営業職を目指したいと希望する人は、その時点で、営業職に向いているともいえます。

おそらく、人とのかかわり合いが本来好きな人なのでしょう。

そして、チャレンジの結果が目に見えて表れることに喜びを見いだせる、前向きな人なのでしょう。

 

あなたが営業に合っているのか?強みはなんなのか?を知りたい時には、下のリクナビのグッドポイント無料診断で分析してみることをおすすめします。

まとめ

営業の仕事内容は、その会社ごとにまったく異なります。

自分が興味のある会社で求められる営業の仕事内容を、説明会への参加や、電話や、メールでの「問い合わせ」欄の利用によって具体的に知っていく方法もおすすめできます。

自らコンタクトを取ることは、就活の中でも貴重な体験になります。

 

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

女性が長く働ける会社の特徴5つとおすすめの仕事4つを紹介!またその選び方は?

女性の社会進出が一般的になってきた日本ですが、現場レベルではまだまだ女性が長く働くことが厳しいのも事実です。 今回は、女性が長く働ける会社の特徴をまとめ、そうした会社に迷わずたどり着くための方法をご紹 …

ニートにおすすめの夜バイト3選、メリット・デメリット

ニートの人がいきなり働くのは、緊張しますよね。 そんな中でオススメなのが、夜バイトです。 最近は24時間体制の仕事が増え、夜バイトの種類も多くなっています。  しかし夜バイトってどんなものなのか、あま …

ニートからゲームデバッグの仕事に就職できる?仕事内容とメリット、デメリット

ニートで再就職を考えている皆さん!デバッグのお仕事に就きたいと考えている方々はいらっしゃいませんか? おそらくいらっしゃると思いますが、どうしたら仕事に就けるのか、どんなお仕事なのかわからない方が多い …

ストレスの少ない仕事に転職するためにやるべき4つのこと

自分のやりたい仕事でなかったり、煩わしい人間関係にウンザリしたりと、仕事をすれば何かしらストレスはかかるものです。 「ストレスの少ない仕事をしたい」というのは、誰しもが思うことですよね。 しかし、何が …

未経験ニートからプログラマーに就職する方法、ホワイト企業で働くには?

ニートをしている人の中には、パソコンでの作業が得意という人も数多くいるため、IT業界、特にプログラマーに興味を持っている人も少なくありません。 しかし、プログラマーは大変だといった報道や、ネット上の話 …

ニートには中小企業の就職がおすすめ?メリットやデメリット

ニートに限らず、誰もが「良い職場で働きたい」と思いますよね。 公務員や大企業であれば、安定しているので皆そこに就職したいと考えます。 しかしそれらに就職できるのは、ごく一部の人です。 なので、ニートの …

ニートはサービス業に向いている?業務内容や向いている人の特徴

無職の期間が長くなってくると、人と接する機会も少なくなってきます。 必然的に人と関わる機会の多いサービス業への転職なんて考えられない。 そう思っていた時期が私にもありました。 今回の記事では、サービス …

語学力が活きる!英語を使う仕事の種類5つを紹介

学生時代に、英検やTOEICを受けたという人もいるのではないでしょうか。 また、英語にかなりの興味関心があり、その分野の大学へ進学したり、留学をした経験のあるという人もいると思います。 しかし、いまい …

ニートからbtob企業への就職はおすすめ?メリット、デメリット、求人の探し方

ニートが就職活動を行っていても、大手や有名企業は新卒などに採用が決まりがちですよね。 また仕事を探していても、「とりあえず聞いたことがある会社に応募してみようかな」と考えるも、人気のある職種はすぐに応 …

就活の参考に!主な仕事の職種一覧(10選)と内容を解説

世の中には様々な職種があり、一つの会社にもいくつもの職種の人たちが働いています。 なんとなく聞いたことはあっても具体的に何をやっている人たちなのかわからない人も多いのではないでしょうか。 そこで、本記 …