ニート向けの仕事一覧

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

投稿日:2017年7月11日 更新日:

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。

一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。

収入もそれなりにありますし、自分が指示を出す側というのは非常に気が楽です。

しかし、店長になれる仕事はどういったものか、どの業界だとなりやすいのかといったことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

本記事では、ニートが店長になるにはどうしたらよいか、どのような業界だとなりやすいのか、についてご紹介していきます。

店長になるのはそれほど難しくない

店長というと、お店のトップですので、なるのは大変というイメージを持っている人が大半かと思います。

しかし、実際はそれほど難しい事ではありません。

飲食店やコンビニは世の中に何十万店もあります。

その数だけ店長がいるということです。

アパレルや薬局、スーパーも含めれば、日本には百万人以上の店長が存在することになります。

数が多いだけでなく、店長は想像しているよりも若いことが多いです。

大手の企業であれば、店舗数が非常に多いため、店長は20代から30代がこなしていることがほとんどです。

店長で実績を積んだ40代以降の社員は、店舗ではなく、本社や支社で各店舗の管理を行うのが通例です。

つまり、それほど長い経験を積まなくても、店長にはなれるのです。

とはいえ、ニートがいきなり店長になれるわけではありませんし、下積み期間は必要になります。

ニートであれば、まずはアルバイトとして現場で働くのがよいでしょう。

アルバイトとして少なくとも半年から一年以上働いた上で本社の採用試験を受けたり、もう少し長く働いて直接社員に登用してもらったりして、正社員になります。

正社員になってからは、社内研修等で経営に関する基本を学びます。

店長の元で実際の業務を体験した後に、自分が店長に昇格するといった流れが一般的です。

店長になりやすい業界はコンビニ

ここでは、店長になりやすい業界とその特徴を3つご紹介します。

1. コンビニ

コンビニの店長は、非常に店長になりやすいです。

コンビニは直営店とフランチャイズに分かれますが、直営店の店長は正社員になれば必ず通る道ですので、正社員にさえなればほぼ確実に店長になれます。

コンビニの正社員になるには、直営店でアルバイトをこなした上で求人に応募するとよいでしょう。

コンビニは年中無休ということもあり、休みが非常に取りにくいのが特徴です。

店長と言えども、アルバイトの管理が上手くいかなければ、自らシフトに入らなければなりません。

その割に、給与は2030万程度なのでそれほど高くありません。

2. 飲食店

飲食店も店長になりやすい業界です。

基本的にはコンビニと同じで、アルバイトを経て正社員になり、店長に就任するというのが一般的です。

30代で店長、40代で店長を統括するエリアマネージャーになることが多いので、店長はあくまで通過点と考えるべきです。

昨今、飲食業界の労働環境の悪さが取りざたされたため、業界として勤務環境を改善しようとする動きはあります。

しかし、依然として長時間労働になることが多く、店長でもシフトに入ることはよくあります。給与は、コンビニと同程度の2030万が多いです。

3. ケータイショップ

ケータイショップはかなり店長になりやすいです。

ケータイショップの店長になるには、ケータイ会社ではなく、ショップを経営している販売代理店に就職します。

経験を積んだ上で、新規店舗ができてポストが増えたり、店長が退職してポストが空くことで店長になることができます。

運の部分もありますが、ケータイショップは比較的人の出入りが激しい業界ですので、運がよければ一年で店長になることも可能です。

特徴としては日々の勉強が欠かせないことです。

料金プランや機種についての情報は日々更新されていきますので、追いつくために勉強は欠かせません。

また、客に一対一で長時間説明しますので、コミュニケーション能力が欠かせません。

ショップの大きさや代理店の規模にもよりますが、給与は2030万程度とコンビニや飲食店とそれほど変わらないことが多いです。

まとめ

ちゃんとステップを踏めば、ニートが店長になるのはそれほど難しくありません。ぜひ本記事を参考にして店長を目指してみてください。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

ニートは新聞配達が合ってる?仕事内容や条件、待遇を紹介

ニートをしている人の中には、新聞配達に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 新聞を配り歩くだけなら誰でもできると思ってはいるものの、それ以外にどんなことをしているのかわからず、今一歩新聞配達 …

空白期間も関係ない!ニートも募集している仕事4選

ニートの就職活動においては、ほとんどの企業は空白期間を問題視しますので、書類選考で落とされることがざらになってきます。 そのため、就職活動が長期化するのがほとんどです。 そうならないためにも、ニートで …

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。 世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、 …

ニートにホテル清掃バイトはきつい?業務内容や面接の服装、志望動機

ニートをしている人の中には、ホテルの清掃バイトに興味を持っている人もいるかもしれません。 ホテルの清掃バイトはいつも募集していますし、それでいて時給も高めです。 目に付きやすいバイトですので、実際どん …

ニートが飲食店でバイトする方法!業務内容、待遇、労働条件

ニートの中には、飲食店のバイトを始めてニートから抜け出したいと考えている人もいることでしょう。 飲食店のバイトは人出が不足しがちなので、ニートでも比較的受かりやすい職種です。 本記事では、飲食店でバイ …

ニートから弁護士として就職する方法、必要な資格、平均年収は?

ニートの中には弁護士に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 法律の専門家として必要とされる職業ですし、収入も安定して高いです。 ドラマやマンガなどでの弁護士の活躍をみて憧れている人もいるでし …

語学力が活きる!英語を使う仕事の種類5つを紹介

学生時代に、英検やTOEICを受けたという人もいるのではないでしょうか。 また、英語にかなりの興味関心があり、その分野の大学へ進学したり、留学をした経験のあるという人もいると思います。 しかし、いまい …

ニートでなかなか仕事が続かない人へ!仕事を続けるコツと続けやすい仕事の見つけ方

中々仕事が続かず、ニート生活を送っている人もいるのではないでしょうか。 「仕事が続かないのは、甘え」と厳しい言葉をぶつけられた人もいるかもしれません。 ここでは仕事を続けていくコツや、続けやすい仕事の …

ニート向け!コミュニケーションが不要な仕事を5つ紹介

無職が続いている人は、誰もが働きたくないわけではありません。 働きたいとは思っているのに、やりたい仕事が見つからない人が数多くいます。 特に多いのは、コミュニケーションがいらない、あるいは最小限の仕事 …

30代ニートから介護職で気持ちよく働くための4つのポイント

仕事していない期間が長くなり、気づけばあっという間に30代になってしまった。 さすがにこれではまずいと思い仕事を探そうにも、30代ニートの就職活動のハードルは高く、ようやく採用された会社でも、業績が芳 …