ニートの就職体験談

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

投稿日:2019年10月28日 更新日:

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。

いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。

今回は、無職の状態から抜け出した体験を書きたいと思います。

20代で家族の介護をしながら5年の無職生活

私が無職になったのは、20代で家族の介護をすることになったからです。

大学を卒業し一旦は就職したものの、実家に帰ることになりました。実家に帰ってからは5年間無職の状態でした。

無職になってからは、生活が一転しました。これまでとは違い、家族の介護のペースになりました。

一日中家に居なければならない状態が続き、精神的にだいぶ参ったことを覚えています。

遊びに行くこともほどんど出来ず、金銭的にも苦しい思いをして、早くこの状況から抜け出したいと思っていました。

就職はしたかったのですが、もちろん時間的に厳しく、パートタイマーでの仕事さえも出来ませんでした。

周りの友人たちは、仕事や遊びを忙しくこなしていたり、結婚し始めたりで他人と比較することが多く、しんどい時期でした。

派遣サイトに登録して就職活動の一歩目を踏み出す

家族の介護がひと段落し、ようやく就職活動を始めることになりました。

始めはいくつかの派遣の仕事のサイトへ登録し説明会に行ったり、どのような仕事があるのか調査し始めました。

具体的に私が使っていたのは、テンプスタッフアデコです。

ここでは、基本的なPCスキルを自宅にいながら無料で勉強することが出来るサイトを紹介していただき、エクセルやワードなどを一人で学習しました。

また、ハローワークに登録し求人情報を見られるようにしました。気になる求人票があれば、職員の人に相談しながら応募していました。

一般の就職サイトは使ってはいましたが、実際の就職活動に役立てることが出来ませんでした。

あとは、新聞の折り込み広告も積極的に見るようにしていました。

介護をしながら、時間に余裕のある時は資格の勉強をしていました。もし、今すぐに就職が出来なかったり、就職をする気分ではなくても、少しでも自分の興味のあることを勉強しておけば、必ず役に立ちます。実際の仕事に役に立たなかったとしても、履歴書に書くことは出来ます。

私が当時取ったのは、簿記3級、医療事務、調剤薬局事務、TOEICの資格です。

技術職には全く関係のない資格もありますが、簿記の試験は数字に慣れることが出来たので、今でも役に立ったと感じています。

ハローワークのトライアル求人をきっかけに技術職に採用される

私が主に履歴書を送ったところは、ハローワークで求人票を見つけた場所です。求人票に経験者のみと書いてある所でも、ハローワークの職員の人が確認をしてくれて、応募できたところがいくつかありました。

まず、医療関係に3件、病院、薬局1件に応募しました。

結果、医療関係のうち2つは面接で落ち、残りの1つは書類選考で落ちました。薬局は面接で落ちてしまいました。

その後、ハローワークでトライアル求人について知りました。この制度は、主に20代までで経験のない人でも企業が雇ってくれるという仕組みです。

最初の3か月から半年ほどがトライアル期間となっています。

私は、自分の資格に合った仕事を探していましたが、トライアル求人は未経験でもいいとのことでしたので、技術職に応募することになりました。

結果、面接に合格することが出来ました。ただ、誰でも採用されるというわけではなく、やる気があることを見せたほうがいいと思います。

いま無職のひとへのメッセージ

無職になる理由は人それぞれだと思います。やりたい仕事がないとか、無職になりたくなくてもなってしまうこともあると思います。

仕事はやってみないと面白いかそうでないか分からないです。就職活動中に偶然見つけた技術職でしたが、今はこの仕事に就けて良かったと思っています。

あまり自分の中でやりたい仕事の枠を狭めてしまわず、色々な求人にチャレンジしてみて下さい。

まとめ

仕事を探す時に、20代だとメリットが大きいと思います。特に未経験の仕事をしたいという時に、募集年齢が30歳未満のことが多いからです。

さまざまな事情があると思いますが、就職をするなら早めに行動するのがいいと思います。もし失敗しても経験にはなります。

時間に余裕があれば、資格を取っておくのもお勧めしたいです。

あまりやりたい仕事にこだわりを持ちすぎず、チャレンジしてほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

チャンスはある!27歳で自動車ディーラーを退職しまさかの警察官に再就職!

私は現在29歳の男です。 警察官として働いています。 ここでは自動車ディーラーとして働いていた私がどのようにして警察官にまでなったのかをお話したいと思います。 目次自動車ディーラーに就職するも上司から …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。 その結果、大学を中退し、アルバイトで …