ニートの就職体験談

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

投稿日:2017年10月3日 更新日:

僕は23歳の男です。

23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。

もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えてもらえないまま、入社しました。

まさか、テレビ関係の営業の仕事をするとは、夢にも思っていませんでした。

ウソばかりのテレビ関係の営業

この仕事をしている時は朝の7時から出勤して夜の10時まで、契約が取れるまでお客さんの自宅に訪問して歩き回りながら働いていていました。

そして、営業に行く時は自分でお金を払って現地に行かないといけないので出費がひどく多いのです。

実際にはそのお金もしっかり給料日には返却されると聞かされていました。

ですが、実際には一円も払ってもらえず、交通費ももらえず基本給も求人とは違いすべてがウソで塗り固められた会社でした。

さらに、ボーナスもどんなに契約が取れてなくても最低3万円は約束します!と面接時に話していたんですが、それもウソで契約が目標に達した人しかもらうことができませんでした。

一人暮らしをしていて最初教えてもらった会社の給料や昇給プラン等を聞いて入社したので、一人暮らしをしていても何も問題なく過ごせていけると思ってました。

ですが基本給がウソで10万ちょっとしかもらうことができず、交通費も半額しかもらえず、営業の時にさんざん使った交通費も返ってこなかったので、生活もどんどん圧迫されてきました。

精神的にまいり退職することに

そんな状態と契約が一人だけ取れない状態が続いたため、各方面からは怒られ続けて会社の同僚だけじゃなく、仕事中もお客さんから怒られる日々が続き、ついに精神的にまいってしまい辞める事になりました。

最後の給料も正社員なのに10万ちょっとしかもらえなかったので、本当にアルバイトしているみたいでした。

無職になってから最初は辞めた解放感で前向きに仕事を探すことができて、気持ち的にはいつか決まるだろうという気持ちで仕事を探していました。

ですが、次第に仕事が決まらなくなりどんどん焦ってきてしまい、生活も荒れ果て何も食べないで過ごす事もよくありました。

このまま実家に帰って、外に出ずに働かないで過ごしたいと思うようになりました。

そしてお金が底をつきそうになり、仕事自体しなくてもいいと思うようになりました。

実家に戻り、工場専門求人サイトで仕事を見つける

そして実家に戻り生活を続け、最初のうちは本当になにもせずどうでもいい何もしなくていいと言いながら、自分が壊れていくのが手に取るようにわかるようになりました。

ですが実家で暮らして生活していくうちに食べさせてもっているのに、何もしないのはまずいのではないかと思うようになり再度就職活動をすることに決めました。

色々な就活サイトをみたり、ハローワークに行きながら仕事を探しましたが、なかなか見つからなかったのです。

ですが、継続的に仕事を探し続けた結果、工場ワークスという工場を専門に扱うサイトから正社員として契約してもらえる求人をみつけてもらい、応募して見事合格することができました。

ハローワークで一緒に探してくれた方に、「よかった、本当に良かったね」と言ってもらえたのがすごくうれしかったです。

まとめ

無職から就活する上で大切なことは、信じてくれる親や恋人だったり、ハローワークの担当者みたいに自分の仕事探しに真剣になってくれる人が自分に対してどう思っているのか、またどれだけ考えてくれているかを考えることだと思います。

自分だけが苦しいと自分だけが悪い等、ネガティブなことばかりを考えてしまします。

ですが親や恋人だったり自分のことを真剣に考えてくれている人がそばにいてくれる以上は、その人たちの期待を裏切ってはいけないと思います。

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

39歳職歴なしが転んだ老人を助けたことがきっかけで10年間の無職から正社員になれた話

無職期間が長かった私は、ある人に会う時をきっかけに正社員になることができました。それは夢みたいな出来事でしたが、そもそも私は10年ぐらい無職の期間がありアルバイトもせず家で、ゲームなどして過ごしていま …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。 私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。 26歳だった私 …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

「就職が決まらない」が一転!34歳女性が転職エージェントで正社員として再就職できた話

女子大学を卒業し新卒でフィットネスクラブに就職をしました。 サービス業なので変則シフトの週休2日制。 営業時間の短い7時~23時位までの店舗は基本的に2交代制。 24時間営業の店舗は3交代制と言う勤務 …