ニートの就職体験談

親友の結婚式にニートじゃ恥ずかしい。26歳無職だった私が経理職の正社員に就職した話

投稿日:

私は現在30代既婚の主婦です。

26歳の時にニートから経理職の正社員として就職したお話をしようと思います。

当時はまさか自分が無職ニートになるなんて考えてもいませんでした。

また無職というと楽をしているなどと世間では冷たい目で見られますが、全くそんなことはありません。

むしろとても苦しい生活を送っていた記憶があります。

ではなぜ私はニートになってしまったのか、またどのようにして正社員として就職し、脱ニートをしたのかをまとめてみました。

新卒で入った化粧品会社の雰囲気は最悪。精神に限界がきて退職

私がニートになったのは23歳のころでした。

大学卒業後に就職した国内の大手化粧品会社でした。

販売の職に就いていたのですが、女社会だったためギスギスした雰囲気の中で仕事をするという環境でした。

お局様と呼ばれるキツい上司のもと新人指導をされたのですが、叱責される毎日怒鳴られることも珍しくありませんでした。

また販売に関しても厳しいノルマがあったため、お客様に無理にでも買っていただこうと押し売りのようなことをせざるを得ない状況でした。

職場の人間関係は最悪で、先輩同士も仲が悪く、お客様を取り合ったり無視したりとイジメのようなことも頻繁に起こっていたにも関わらず、お偉いさんたちはそんな女の闘いが面倒だったのか完全に放置する始末。

新人だった私は誰にも相談することが出来ず、どんどん仕事に行くのが辛くなっていきました。

そんな日々を過ごしているうちに体調が悪い日が続くようになり、精神的にも限界がきてしまい退職を決意したのです。

この時の年齢は23歳。

就職からわずか1年2ヶ月のことでした。

無職ニート生活を脱するきっかけとなった親友の結婚式

仕事を退職後も体調不良はなかなか良くならず、家でだらだらする日々を過ごしていました。

自分がニートであることが恥ずかしく感じて、友人との付き合いも極端に悪くなり自分の辛さを誰にも相談することが出来ず、しんどい毎日を送っていました。

だからといって就職活動をする気持ちには全くなれなかったのです。

また社会に出て同じ目にあったらどうしようという恐怖心から見動きがとれなくなってしまっていました。

両親への申し訳ないという気持ちや自分を責める気持ちだけがどんどん湧いてきて、余計に自分を苦しめていたように感じます。

またニートや無職に対する世間の目はとても冷たく、そういった部分がより再就職へのハードルを上げていたと思います。

そんな生活を2年過ごした頃、大学時代の親友が結婚することになり結婚式の案内状が届いたのです。

大好きなその友人の結婚式には絶対に出席したかったものの、ニートという身分では恥ずかしくて出席なんて出来ません。

親友の結婚式まであと8ヶ月。

私はそれまでに正社員での就職を目標に一念発起することにしました。

簿記の資格取得から経理職に正社員として就職するまで

私はなんの資格もなく、職歴もありません。

就職活動をする間に何か資格を取得しようと考えました。

そしてネットで検索した人気の資格の中にあった「簿記」に注目したのです。

簿記の知識があれば実務経験がなくても経理として就職できるチャンスがあるとのことだったため、その日のうちに本屋さんでテキストを購入し、勉強を開始しました。

まずは日商簿記3級の取得を目指し3ヶ月の試験勉強で合格すると、次は2級に取り掛かり無事合格することが出来ました。

これで就職しやすくなったかなと思い、ハローワークに行くと何件か正社員の経理職を紹介して頂けました。

また、ハローワークで履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくださったため書類審査が通りやすかったように思います。

それでも10件ほど面接後に不採用になってしまいましたが、11件目の製造業の会社に内定をいただき、無事正社員での就職が決まりました。

まとめ

ニートから正社員として就職するとなると、すごく大変なことに感じると思います。

しかし一歩一歩前に進んでいけば、脱ニートは自ずと見えてくるのではないでしょうか。

最初の一歩を踏み出すのは怖いかも知らませんが、その少しの勇気が社会復帰に繋がります。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

私は現在39歳の男性です。 大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。 ここでは、その体験談を書きたいと思います。 目次大学の時に病んで …

ブラックSEを何度も経験するも、34歳で大手SIer企業に正社員として再就職できた話

私は文系の大学を卒業した34歳の男性です。 現在の仕事はIT企業のSIerとして、ネットワークエンジニアとして、仕事をしています。 文系の学校を卒業したのにネットワークエンジニアとして就職できた理由は …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …