ニートの就職体験談

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

投稿日:2019年4月18日 更新日:

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。

理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。

最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。

そろそろ何かしないといけないと思い転職活動をしようと思いますが、社会に出る怖さがあります。

結局、無職期間は1年以上になってしまいました。

前職からの恐怖で長引いた無職期間

無職期間が長引いた理由、それは前職での辛い思いを引きずっていたからです。

かなり精神的にダメージを受けていたので、前向きな気持ちになれませんでした。

普通の人であれば辛い思いをしても、次の職場では頑張ろうと切り替えができるのだと思います。

私の場合は、次もきつい職場だとどうしようという恐怖が勝っていたのです。

貯金がけっこうあったので、無職でもある程度生活できたのも理由ですね。

そんな感じで引きこもりではないですが、全く働かない期間が1年半ほど続きました。

無職ということを、周りには言えませんでした。

それも長引いた理由の一つだと思います。

相談する相手がいないと、視野が狭くなって抱えてしまいますから。

派遣のアルバイトで認めてもらえた経験をきっかけに転職を考える

そんなある日、貯金の残高を見て不安になります。

この調子でいくと、そろそろ生活が厳しくなるなと感じたのです。

何とかして収入を得なくてはと思いました。

そんなときに、学生時代にやっていた派遣のアルバイトを思い出しました。

好きな日に働ける仕事です。

気軽に働けるし登録してみるかと思ったのが、この生活から抜け出すきっかけになりました。

派遣先は物流倉庫だったのですが、良い人に恵まれました。

最初は簡単な作業を任せられていたのですが、2ヶ月後ぐらいに派遣以外がやるような仕事を任せられました。

「君なら信用できるから頼むよ」と声をかけられたのです。

私は久しぶりに褒められて、嬉しくなりました。

たかがアルバイトだと思わず、責任感を持って取り組むようになりました。

そんなある日、社員の人と談笑する機会がありました。

君がその年でアルバイトをしているのはもったいない。

十分に仕事をこなす能力があるのだから正社員になりなさい。

できればここの社員と言いたいけれど、ここはアルバイトから正社員登用の実績が乏しい。

だから、君のためを思うと就活をした方が良いと言ってくれたのです。

この言葉を聞いて、私の意識は変わりました。

自分のことを認めてくれる人がいる。

きっと俺なら大丈夫だと自信を取り戻したのです。

それからは、転職活動に精を出すようになります。

転職エージェントの無料サービス(書類の添削、面接のサポートなど)はオススメ

何とか正社員になるために仕事探しを始めます。

新卒で就活はしましたが、転職活動は初めてです。

本やネットで、職務経歴書の書き方を調べたりしました。

主要な転職サイトも複数登録しました。

エン・ジャパンマイナビリクナビNEXTはたらいくの4つのサイトを利用しました。

それとリクルートエージェントも利用しましたが、これが転職活動が成功した要因になります。

エージェントサービスを利用すると、応募書類の添削をしてくれるんです。

それに各種セミナーや模擬面接などのサポートを無料で受けることができます。

初めての転職だったので、これらのサポートは大変助かりました。

結局、リクナビNEXTから応募した会社に就職したんですけどね。

ただ、エージェントを利用したからこそ、早めに仕事が決まったのだと思います。

32歳で前職と同じ製造業に内定が決まる

嫌な思い出がある製造業だったのですが、やはりものづくりが好きだと思いました。

そのため前職とは作るものが異なりますが、同じ製造業で探すことにしました。

未経験でも受け入れてくれて、研修が充実しているところという条件で探していました。

何社か試験を受けている中で、樹脂の加工をしている会社の求人を出会いました。

なんとなくピンときたので、応募することに。

いざ面接に行くと、今までと違う感覚がありました。

面接官と気が合ったのです。

馬鹿正直に全てを話してはいませんが、なるべくありのままを伝えるようにしました。

その作戦が功を奏したのか、理解していただけました。

腹を割って話すのが好きなタイプの人だったようです。

面接後に工場見学を提案されて、もちろん受け入れました。

働いている人たちの顔を観察すると、大変そうですが悲壮感などは漂っていません。

ここなら気持ち良く働けるかもしれない。

内定が出たら、ここで働こうという気持ちになっていました。

後日、内定の連絡が来て即答で承諾しました。

人生を変えるためにはどこかで覚悟を決めないとダメ

悪い生活習慣から抜け出すには、どこかで頑張らなくてはいけません。

人生を何とかしようという気持ちと、覚悟を決めることが重要です。

私は勇気を出して、派遣のアルバイトに登録したのがきっかけだったと思います。

そこでの仕事ぶりが自信になり、正社員として働く覚悟ができたからです。

一歩踏みだせば、後は進むだけ。

その一歩を踏み出すのが、かなり難しかったんですけどね。

なかなか踏み出せないときは、小さなことでもいいから始めることです。

何かが変わりますから。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護職に嫌気がさし28歳で無職に…29歳で就職フェスタをきっかけに正社員採用される!

私は大学を卒業して就職をしたのですが、人間関係や会社の組織体制に不満があり20代の頃に転職を多く経験してきました。 一度は無職の時代も経験することになり、その頃から無事に正社員として就職できた経緯など …

大卒後2年のニート生活の後、24歳職歴なしでゲームのデバッガ業に就職できました

はじめまして、私は現在30代後半の主婦です。 私は独身時代、ニート生活を経験したことがあります。 約2年弱のニート生活の後、ゲームに携わるお仕事に就くことができました。 私の経験が皆様の参考になればと …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

新卒入社の中堅IT企業に疲弊し1年で退職。25歳無職から工場正社員に就職して逆転!

私は30代の男性会社員ですが、25歳の頃ニートをしていました。 まさかニートになるとは学生の頃には想像していませんでしたが、人生何が起こるかわからないものです。 ですがその後紆余曲折ありながら、工場で …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …