ニートの就職体験談

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

投稿日:2017年9月29日 更新日:

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。

収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考えに取りつかれて人とも話せなくなりました。

しかしアルバイトで出会った人たちに自信をもらえて就職活動をし、17年ぶりに正社員になれたのです。

新卒で就職するも8カ月で退職

専門学校に通っていた私は、最初に面接した会社を受けて就職することになりました。

学生時代もバイトをしていたので、1日8時間働くことには慣れていましたし、どんな職種でもだいたいはやれるだろうと思ったのです。

でも、それが間違いでした。

なんでもやります、という言葉は先生にも面接官にも言ってはいけなかったのです。

なんでもやります」は「なんでもやれます」という事なのです。

入社直後からものすごいノルマを与えられて2日で無理だと思ってしまいました。

たばこの煙もだめでした。

みんなと狭いテーブルを囲んでお昼を食べるのもだめでした。

セクハラもだめでした。

私は先生にも面接官にも、ノルマが無くて完全禁煙で広い食堂のある下ネタの無い職場がいいと伝えなければいけなかったのです。

なかなか仕事が見つからなくても、耐えられない部分はきちんと伝えるべきでした。

そして158㎝で40キロを切ってしまい退職してしまいました。

「能力が無い」と言われ自信が無かったフリーター生活

周りの友人もけっこうすぐに会社を辞めた人が多くてしばらくは安心していました。

バイトはハローワークで見つけたので再就職手当をもらえましたし、掛け持ちしていたので正社員の頃よりも裕福でした。

しかし友人と違うのは、正社員でなければまともではないという私の考えでした。

正社員ではないので同窓会にも飲み会にも行きませんでした。

1年で1円も交際費に使わない時もありました。

携帯が必要なくなり解約したこともありました。

フリーター生活はどんどん自分の首を絞めていきました。

また、バイト先の人には「能力が無い」という事を毎日言われていたので自信も無くなっていきました。

そんなある日、バイト先で売り場が変わり、今まで話したことがない方たちと働くことになりました。

その人たちは私の仕事を褒めてくれて、正社員にチャレンジすればいいのにと言ってくれました。

その言葉は今でも力になっています。

そしてバイト先が無くなることがきっかけで正社員を目指すことにしました。

自信をもらって就職活動し、事務の正社員が決まったものの…

バイト先が無くなって3か月目、あっさりと事務の正社員が決まりました。

ある程度歳をとっている人が欲しかったそうです。

新卒ばかりが求められると思っていたのですが、そうではなかったようです。

また、前のバイト先が無くなるまで働いていたというのがよかったそうです。

この時点で15年ぶりの正社員です。

しかし2年後、誰もがすぐに辞めてしまう部署に異動になり私も辞めてしまいました。

新卒の子が事務をやりたいらしく、私が事務から飛ばされたという形になります。

たくさんの人が正社員になれると言ってくれた

せっかく正社員になれたのに辞めてしまい、無職の日々が始まりました。

この時体調を崩していましたし、異動後の仕事のせいで両腕がひどい筋肉痛になっていたので外出もままなりませんでした。

39歳になっていましたが、バイト時代にいろんな方が正社員でもやっていけると言ってくれていたので、それを支えに養生していました。

そして今度は思い切って、今までで一番待遇の良さそうな仕事を探しました。

自分にはこれくらいの仕事がいいだろう、というのは止めたのです。

仕事内容は自分でもどうにかできそうで、でも給料や福利厚生は少し良い、そんな会社を探してダメ元で面接を受けました。

そしてまた前と同じ事務の正社員として内定をもらえたのです。

まとめ

いつか就職できるかもしれないと、色々取った資格は就職活動では全く役に立ちませんでしたし、履歴書に書くのも大変なので次第に書かなくなりました。

それでも自分に自信をくれたのは確かです。

また、自分の能力肯定してくれる人がネットでもリアルでも周りに居れば本当に心強いです。

年齢はネックになってきますが、それでも今よりよくなることを信じて動くのが大事だと思います。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

大学卒業後、小説を書く道を選び無職に。27歳の実家ニート状態だった私が医療機器メーカー営業職に就職できたきっかけ

私は現在29歳の男です。 27歳のときに無職から医療機器メーカーの営業職に就職することができたのでその話を書こうと思います。 目次東京の大学を卒業するも、就職せずに小説を書く道を選ぶ26歳の夏にエアコ …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

母が倒れて止むを得ず退職。そして26歳でニートから販売・接客業(アルバイト)に就職した話

私は現在、29歳で、去年可愛い我が子を出産した一児の母です。 現在は子育てに奮闘し、主婦をしていますが、再就職先で出逢った彼と結婚して今の幸せを手に入れました。 目次就職1年目で母が倒れ、退職死にたい …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …