未分類

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

投稿日:2017年5月22日 更新日:

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。

社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、そのまま転職することなくニートになる人もいます。

そうしたニートは再就職をしようと考えてはいるものの、どうやって就職活動を始めればよいかわからず戸惑っていることも多いでしょう。

本記事では新卒1年目で早期退職し、その後ニートになった人向けに、再就職する方法をご紹介します。

第二新卒ニートからの再就職

学校(大学、専門学校、高校など)を卒業して3年以内であれば、一度就職した人は、たとえ今がニートだったとしても、第二新卒として就職活動を行うことができます。

企業側から見て、第二新卒は、経験はないが基本的なビジネスマナーや社会人としての常識は学んでいると見なしています。

これは初期の教育コストを削減できると考えられているからです。

また、卒業後3年であればまだ若いので、経験は無くとも、今後の伸びしろに期待できるということもあるでしょう。

こうしたことから、転職市場では第二新卒は積極的に採用されています。

ですので、このチャンスを逃さないように、すぐに就職活動を行う必要があります。

書類選考も通りやすいので、面接での受け答えが再就職のカギです。

第二新卒は、すぐに辞めた根気の無い人というイメージを持たれやすいのが現実。

面接では、1年目という短い期間でなぜ辞めてしまったのか、その理由は必ず聞かれます。

また、辞めた後のニート期間の理由も聞かれます。

こうした質問に対して、過去の失敗を反省し未来の成長につなげるといった観点から回答を作成すると、悪いイメージを払しょくすることができるでしょう。

どの業界にも再就職しやすいので、自分がどんな仕事をしたいのかをしっかりと考えて、就職活動に臨む必要があります。

譲れない条件といった軸は何になるのかを考えた上で、求人探しを始めましょう。

学校を卒業後、3年以上経っている場合でも働いた経験は活きる

既に卒業後3年以上経過しているニートも数多いことでしょう。

そうしたニートは、残念ながら第二新卒のメリットは使えませんので、ニートとして就職活動を行わなくてはなりません。

ただし、1年未満とはいえ、正社員として働いた経験が全くなしになるわけではありません。

第二新卒同様、ビジネスマナーは身に付いていますし、業務フローも理解していることでしょう。

面接での受け答えがしっかりしていれば、そういった経験は面接官に伝わるものです。

しかし、その面接までたどり着くのが非常に大変です。

既にニート歴の方が長くなっていますので、経歴としては空白だらけです。

よっぽど難易度の高い資格を持っていない限りは、ほとんど書類選考で落とされてしまいます。

第二新卒の様に求人を選んでいる立場にはありません。

少しでも可能性がある求人であるならば、片っ端から応募していくスタイルでやっていかなければなりません。

それでもハローワークを使うのは止めましょう。

ハローワークの求人は玉石混交であり、ブラック企業やカラ求人に当たる確率が高くなっています。

ニートでも求人サイトに登録することができますので、まずは求人サイトに登録して、エージェントと相談の上、就職活動を進めるのが良いでしょう。

エージェントにも指摘されますが、ニートを雇ってくれる企業は限られています。人手不足の業界、業種でしか雇ってくれません。

例えば、飲食業界、介護業界、個人向け営業などです。

精神的、肉体的にきつい面がある業界、業種が多いですので、気が進まないかもしれませんが、大事なことは社会復帰することです。

一度社会復帰すれば、次の転職では選択肢が広がります。

あくまで次へのステップとして、就職するのが良いでしょう。

再就職の求人を探すには、業界最大手のリクナビNEXTがおすすめです。

>> リクナビNEXT

まとめ

新卒1年目で退職し、その後ニートになった人向けに、再就職する方法を、卒業3年を区切りにしてご紹介しました。

卒業3年以内の第二新卒が圧倒的に有利ですので、出来る限り早く就職活動を始めることをおすすめします。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …

ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

ニートの多くは、ホワイト企業へ就職できるのだったら働いてもよいと考えているのではないでしょうか。 しかし、ホワイト企業は、ニートに限らず人気の高い企業ですので、競争率が非常に高く、ニートには狭き門とな …

使わないと損!ニートが利用できる就職支援金の種類や制度

意外と知られていませんが、定職についていない埋もれた人財を発掘するために、ハローワークや厚労省などが主体となり就職支援目的で作成した助成金制度がいくつか存在します。 この記事では、そんな就職支援金を受 …

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。 社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。 また、年齢が高くなればな …

高学歴ニート女性の特徴2つとおすすめの仕事3選

ニートには男性が多いイメージがありますが、実際には男女比は1対1で、女性のニートも数多くいます。 さらに、大学進学率が上昇していくにつれて、高学歴のニートもどんどんと増えています。 女性も高学歴も世間 …

ニートが就職相談できる施設やサービス4選

  ここでは、私が知っているニートが就職相談できる施設やサービスなどを自身のエピソードを交えてご紹介していきます。 この記事を読んでおられるニートの皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです。 目次ハ …

ニートで仕事がないという人が取れる具体的な選択肢3つ

ニートということは、もちろん働いていない状態なわけですから、仕事がない状態でもあります。 ニート生活を終わらせようと思ったけれど、思うように仕事が見付からないという人もいるのではないでしょうか。 そん …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

元専業主婦・職歴なし女性が就職するために有効な3つの選択肢、おすすめの仕事

働いた経験がないまま結婚して専業主婦をしていた女性も多いことでしょう。 そうした女性が離婚などで働く必要が出てくると、どうやって就職すればよいものかと途方に暮れてしまう人もいます。 そういった女性は職 …

アルバイトと派遣の違いってなに?それぞれのメリット、デメリット

 長期間無職だった人が仕事を探すときに、いきなり正社員になるのは難しいですよね。 なので、まずはアルバイトや派遣で働こうと考えている人もいます。 しかし、どっちがいいのかなぁと迷う方も多いですよね。 …