ニート向けの仕事一覧

IT係の仕事にはどんな種類がある?ニートでもできるIT業5選とその待遇、業務内容

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ニートの中にはIT業界に興味を持っている人も多いでしょう。

学歴が関係ない業界で、実力次第で昇進できるので、一発逆転を狙うこともできます。

また、人手不足が常態化している業界なので、職歴なしのニートでも採用されやすいのも特徴です。

しかし、IT業界とはいうものの、具体的にはどういった仕事があるのでしょうか。

その待遇や業務内容はどうなっているのでしょうか。

本記事では、5つのIT関係の仕事、その待遇、業務内容についてご紹介します。

1. ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、インターネット上のウェブサイトをデザインします。

ウェブサイトをデザインするには、HTMLCSSといった基本的な知識はもちろんのこと、JavaScriptなどのプログラミング言語を駆使する必要があります。

一からウェブサイトを制作することもありますが、継続的に更新していくことも多いです。

そのため、一過性の付き合いではなく、客先と長く関係を保っていくことが大切になります。

ウェブデザイナーの年収は400万円台が多いです。

勤務時間は長くなりがちで、納期が近い時にはかなり残業が増えます。

収入を上げるには、そのままウェブデザイナーを続けるのではなく、ウェブディレクター等にステップアップするのが一般的です。

2. プログラマー

プログラマーはソフトウェアを開発することを仕事としています。

物流や金融のシステムなどの大きなものから、炊飯器や電子レンジなどの身近なものまで様々なソフトウェアを開発しています。

システムエンジニアが客先と相談してシステムの仕様書を作成し、その仕様書通りにプログラマーがプログラミングをしていくという流れが一般的です。

プログラマーの年収は400万円が平均です。

スキルが高ければ高いほど、年収は上がっていきます。

フリーランスのプログラマーでは、1000万円を超える人もいます。

残業は非常に多く、納期前には家に帰れない人も出るほどです。

3. セールスエンジニア

セールスエンジニアは、製品やサービスの技術的な知識を持ち合わせた営業のことです。

相手先に製品やサービスの導入を行うための最前線にいるので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

客先の要望を社内に伝えるのもセールスエンジニアなので、客先と社内エンジニアの間を取り持つ重要な役目です。

セールスエンジニアの平均年収は500万円になります。

普通のサラリーマンと同様に週休2日で、残業は技術職に比べれば少なくなります。

重要な仕事であるため、福利厚生等を充実させて、厚遇していることも少なくありません。

4. ウェブディレクター

ウェブディレクターは、ウェブサイトの制作を指揮する仕事です。

ウェブサイトを製作するためには、デザイナーやプログラマー、コーダー、ライターなどのスタッフが必要となります。

ウェブディレクターは各スタッフに指示して、客のニーズ通りのウェブサイトを製作します。

ウェブディレクターの平均年収は500万弱で、ウェブデザイナーに比べれば多少高くなります。

ウェブディレクターは不足しがちであることもあり、福利厚生などの待遇が厚くなっていることが多いです。

正社員はもちろんですが、フリーランスで活躍している人もいます。

5. システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェア開発において、開発プロジェクトチームの管理と、プログラムの仕様書を作成する仕事です。

客先と直接話し合って、ニーズをくみ取らなければなりませんので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

プログラマーを経験した後に、システムエンジニアに昇格するというルートが一般的です。

システムエンジニアの平均年収は600万円ほどです。

プログラマー同様、残業は多めですが、企業によっては管理職になるため、残業代が出ないこともあります。

とはいえ、人気の職種で、経験や実績を積めば、年収1000万も夢ではありません。

まとめ

IT関係の職種を5つご紹介しました。

一口にIT関係と言っても、その仕事内容は全く別物であることも珍しくありません。

自分がやりたい仕事はどういった仕事なのかを決めた上で、就職活動に臨みましょう。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

外で働けない場合でも大丈夫!自宅で稼ぐ方法

家庭の事情や健康上の問題などで、外で働けない場合があります。それでも仕事をして少しでも稼ぎたい場合には、自宅で稼ぐ方法が一番有効です。 インターネットが発達した現代では、ネットを利用した仕事がたくさん …

仕事をすぐ辞めてしまう人でもできる仕事5選

現在、仕事を辞めることはもはや特別なことではありません。 一つの会社を定年まで勤め上げる昭和的な仕事スタイルはもう昔の話になりつつあります。 仕事を辞めてキャリアアップし、新しいステージを向かうなら、 …

ニートからコンビニ店長になる2つの方法、仕事内容や待遇

ニートの中には、コンビニの店長になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 様々な商品を取り扱う店を運営していくことはやりがいがありますし、コンビニという誰にもでも身近な店は需要も高いです。 …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

いますぐ応募!正社員でも楽な仕事ランキングトップ10

近年、ワークライフバランスを保ちたいという考えから、給料は安くても良いから楽な仕事をしたいという人も多くなっています。 しかし、正社員ともなると、忙しいのが当たり前という考えが横行しており、楽な仕事な …

IT系の王道!パソコンを使う仕事の種類5つの内容、特徴を紹介

IT業界は何かと話題に上ることも多いので、気になっている人もいるのではないでしょうか。 もしかしたら、既に「IT系の仕事を探そう」、と考えている人もいるかもしれませんね。 という訳で、ここでは、IT系 …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 けど、 …

ニートが経理として就職するために必要な資格、年収や待遇は?残業はある?

ニートの中には経理職に興味を持っている人もいると思います。 経理職はどの業界でも必要な職種ですし、デスクワークが主なので楽なイメージがありますので、ニートに限らず、目指している人は多いです。 しかし、 …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

ニートがIT業界で正社員になるための条件、有利な資格

ニートからITの正社員になりたいと思う方は多いと思います。 私もニート時代正社員になる候補としてITを視野に入れていました。 入ってみると自分が思っていたより敷居が高くはありませんでした。 ITの正社 …