ニート向けの仕事一覧

IT係の仕事にはどんな種類がある?ニートでもできるIT業5選とその待遇、業務内容

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ニートの中にはIT業界に興味を持っている人も多いでしょう。

学歴が関係ない業界で、実力次第で昇進できるので、一発逆転を狙うこともできます。

また、人手不足が常態化している業界なので、職歴なしのニートでも採用されやすいのも特徴です。

しかし、IT業界とはいうものの、具体的にはどういった仕事があるのでしょうか。

その待遇や業務内容はどうなっているのでしょうか。

本記事では、5つのIT関係の仕事、その待遇、業務内容についてご紹介します。

1. ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、インターネット上のウェブサイトをデザインします。

ウェブサイトをデザインするには、HTMLCSSといった基本的な知識はもちろんのこと、JavaScriptなどのプログラミング言語を駆使する必要があります。

一からウェブサイトを制作することもありますが、継続的に更新していくことも多いです。

そのため、一過性の付き合いではなく、客先と長く関係を保っていくことが大切になります。

ウェブデザイナーの年収は400万円台が多いです。

勤務時間は長くなりがちで、納期が近い時にはかなり残業が増えます。

収入を上げるには、そのままウェブデザイナーを続けるのではなく、ウェブディレクター等にステップアップするのが一般的です。

2. プログラマー

プログラマーはソフトウェアを開発することを仕事としています。

物流や金融のシステムなどの大きなものから、炊飯器や電子レンジなどの身近なものまで様々なソフトウェアを開発しています。

システムエンジニアが客先と相談してシステムの仕様書を作成し、その仕様書通りにプログラマーがプログラミングをしていくという流れが一般的です。

プログラマーの年収は400万円が平均です。

スキルが高ければ高いほど、年収は上がっていきます。

フリーランスのプログラマーでは、1000万円を超える人もいます。

残業は非常に多く、納期前には家に帰れない人も出るほどです。

3. セールスエンジニア

セールスエンジニアは、製品やサービスの技術的な知識を持ち合わせた営業のことです。

相手先に製品やサービスの導入を行うための最前線にいるので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

客先の要望を社内に伝えるのもセールスエンジニアなので、客先と社内エンジニアの間を取り持つ重要な役目です。

セールスエンジニアの平均年収は500万円になります。

普通のサラリーマンと同様に週休2日で、残業は技術職に比べれば少なくなります。

重要な仕事であるため、福利厚生等を充実させて、厚遇していることも少なくありません。

4. ウェブディレクター

ウェブディレクターは、ウェブサイトの制作を指揮する仕事です。

ウェブサイトを製作するためには、デザイナーやプログラマー、コーダー、ライターなどのスタッフが必要となります。

ウェブディレクターは各スタッフに指示して、客のニーズ通りのウェブサイトを製作します。

ウェブディレクターの平均年収は500万弱で、ウェブデザイナーに比べれば多少高くなります。

ウェブディレクターは不足しがちであることもあり、福利厚生などの待遇が厚くなっていることが多いです。

正社員はもちろんですが、フリーランスで活躍している人もいます。

5. システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェア開発において、開発プロジェクトチームの管理と、プログラムの仕様書を作成する仕事です。

客先と直接話し合って、ニーズをくみ取らなければなりませんので、コミュニケーション能力が問われる仕事です。

プログラマーを経験した後に、システムエンジニアに昇格するというルートが一般的です。

システムエンジニアの平均年収は600万円ほどです。

プログラマー同様、残業は多めですが、企業によっては管理職になるため、残業代が出ないこともあります。

とはいえ、人気の職種で、経験や実績を積めば、年収1000万も夢ではありません。

まとめ

IT関係の職種を5つご紹介しました。

一口にIT関係と言っても、その仕事内容は全く別物であることも珍しくありません。

自分がやりたい仕事はどういった仕事なのかを決めた上で、就職活動に臨みましょう。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

精神的に楽な職種ランキング【正社員】

就職活動する上で基準となることの1つとして、「精神的に楽かどうか」という人も多いですよね。 そこで、精神的に楽な職種はどんな仕事なのかを、お伝えしていきます。 目次1. 工場2. 事務職3. コンビニ …

まだ諦めるのは早い!ニートから総合職に就職する方法

ニートの中には、総合職への就職はできないものかと思い悩んでいる人もいるでしょう。 一般的に総合職になれるのは、大卒以上の新卒採用です。 学歴が足りなかったり、中途採用だったりすると、一般職や特定の職種 …

ニートが飲食店でバイトする方法!業務内容、待遇、労働条件

ニートの中には、飲食店のバイトを始めてニートから抜け出したいと考えている人もいることでしょう。 飲食店のバイトは人出が不足しがちなので、ニートでも比較的受かりやすい職種です。 本記事では、飲食店でバイ …

ニートにコンビニバイトがおすすめな理由3つ

ニートが重い腰をあげて、バイトをするぞ!となった時にまずはじめに悩むのが、「何のバイトをしよう」ということですよね。 私はニートからのバイトには、コンビニのバイトをおすすめしています。 ここでは、コン …

人と接することが苦手なヒキニートに最適なアルバイト4つ

引きこもりニートをしている人の多くは、人と関わることを苦手としており、そのせいでなかなかニートから抜け出すことができません。 かといって、働く意思がないわけではなく、人と接することがない、あるいは少な …

離職率が低い業界!長く続く仕事ランキングトップ10

就職するのであれば、できるだけ長く続けられる仕事に就きたいですよね。 しかし離職率の差は、業界によって大きく異なっていることをご存知ですか? 本ページでは、厚生労働省発表のデータに基づき、離職率の低い …

ニートから英語教師になるには?必要な資格や種類を紹介。児童英語教師になるための資格

今現在ニートしている生活をされている方の中には、英語教師の仕事を目指したいと考えている方もいるのではないのでしょうか? この記事では英語教師として働くために必要な資格を紹介したいと思います。 目次小学 …

既卒からシステムエンジニアは目指しやすい!どんな求人が狙い目?

IT業界では未経験者を積極的に採用しており、既卒でも狙いやすい業界と言えるでしょう。しかし、しっかりその仕組みを理解していないと就活に失敗したと感じてしまう可能性があります。  そこで、既卒がシステム …

ニートでも営業マンとして就職できる?営業職に向く人とは?


  ニートの時期を経ての就職で、営業職を目指したいと思っている人がいるかもしれません。 ここでは、営業職にどのような種類があるのか、どんなタイプが向いているのかを見ていきましょう。 目次営業職にはどん …

レッツホワイト退社!労働時間が短い職業5選

現在、就職を目指している方には労働時間が短い職種で働きたいと考えている方は多いと思います。 しかし、本当にそんな職業があるの?と疑っている方も多いと思いますが、実は結構あります。 ほとんどの方は労働基 …