ニート向けの仕事一覧

ニートが建築業界で一流になる方法!ステップアップに必須な4つの資格

投稿日:2017年5月26日 更新日:

建築業界は非常に人手が不足しています。

そのため、ニートでも入りやすい業界として知られています。

たしかに、肉体労働は大変ですし、危険な作業もあるのですが、給与は高水準で、学歴があまり関係ないので、ニートでも一生懸命頑張れば、建築業界で一流になる事も可能です。

本記事では、ニートが建築業界で働く場合、どのような資格を取得すれば、あるいはステップを踏めば一流になれるのか、をご紹介したいと思います。

建築業で一流になるには資格が必須

建築業というと、現場経験に基づく技術の高さが重要視される、と思いがちです。

職人の世界というイメージを持っている人も多いでしょう。

たしかに技術の高さは大切なのですが、建築業界で一流になっていくには資格の取得が必要になってきます。

技術さえあれば問題ないように思えますが、どうして資格が必要なのでしょうか?

建設業法では、ほとんどの建築工事において、専任の技術者を配置する必要があります。

その専任の技術者を担当するには、資格が必要になるのです。

つまり、建築の現場が多くなるほど、専任の技術者になれる資格保有者が必要になるのです。

多数の建築現場を持つ大手の会社ほど、資格保有者が重宝されるので、ぜひとも資格は取得しておきたいところです。

建築業界でステップアップしていくために必要な資格4つ

建築業界でステップアップしていくために、最初に取得すべき資格は、2級建築施工管理技士です。

一般建設業の営業所の専任技術者、および主任技術者になることができます。

また、公共工事では資格保持者がいれば、技術力評価で2点をもらうことができます。

2級建築施工管理技士の受験資格は、学歴によって細かく分かれていますが、指定学科以外の高校を卒業した場合は、実務経験が46ヶ月以上必要になります。

次に取得可能になるのは、2級建築士です。

設計から工事管理、完成後のケアまでトータルでコーディネートすることができます。

一定以下規模の木造、鉄筋コンクリート造の建物には資格保有者が必須になります。

2級建築士の受験資格は、指定学科以外の高校を卒業した場合は、実務経験年数が7年以上必要になります。

さらにステップアップするには、1級資格を取得する必要があります。

まず、1級建築施工管理技士ですが、2級に比べて管理技術者、主任技術者になれる範囲が広がっています。

また、公共工事の技術力評価では5点をもらうことができます。

受験資格は指定学科以外の高校を卒業した場合は116ヶ月以上の実務が必要ですが、2級建築施工管理技士の合格後5年以上の実務でも受験可能です。

1級建築士は、大型の建築物を建てるには必ずいなければなりませんので、引く手あまたの資格と言えます。

受験資格は、指定学科以外の高校を卒業した場合、実務を重ねても受験することができません。

2級建築士として、4年以上の実務が必要です。

上記をまとめて、資格取得の順番を書くと、下記のようになります。

46ヶ月以上の実務→2級建築施工管理技士→2級建築士→1級建築施工管理技士→1級建築士

1級建築施工管理技士まで取得すれば、建築業界で一流になったと言っても差し支えないでしょう。

建築業界への就職はリクナビNEXT

ニートが就職する際は、リクナビNEXTを使うと良いでしょう。

ハローワークのように悪質な求人やカラ求人がなく、リクナビNEXTでしか見ることができない非公開求人が多数あります。

ニートを受け入れてくれる求人も多数掲載されているので、使わない手はありません。

掲載されている求人数が最大級ですので、建築業界の求人も数多く掲載されています。

それだけでも好みの求人を見つけやすいのですが、さらにスカウト機能が充実しているという利点があります。

自分の経歴を登録することで、企業側からスカウトメールが届く機能です。

経歴を見た上でのオファーなので、採用される可能性が非常に高いです。

長期化しがちなニートの就職活動を短くすることができる機能ですので、ぜひとも活用しましょう。

>>転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

まとめ

建築業界で一流になるには、資格が重要になります。

資格取得を見据えて、実務経験を積んでいきましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニートがIT業界で正社員になるための条件、有利な資格

ニートからITの正社員になりたいと思う方は多いと思います。 私もニート時代正社員になる候補としてITを視野に入れていました。 入ってみると自分が思っていたより敷居が高くはありませんでした。 ITの正社 …

ニートに引越し業はおすすめ?業務内容や向いている人を紹介

引越し業に興味を持っているニートの方もいらっしゃると思います。 実際に私もニートを抜け出した時、バイトではありますが引越し業を行っていました。 本記事では引越し業の業務内容や待遇、向いている人について …

ニートでも就職できる学校教育関係の仕事ってどんな仕事?

現在ニートの方に朗報となるお知らせがあります。 ちなみにニートの方で学校教育関係のお仕事に就きたい、もしくは、学校教育関係のお仕事に興味がある方はいませんか? あるけど、ニートでは無理でしょう。 そう …

それほど難しくない!ニートから店長になりやすい仕事、業界3つ

ニートの中には、店長になりたいと考えている人もいることでしょう。 一国一城の主というのは憧れがありますし、ある程度本部からの指示はあるものの自分の裁量でお店の戦略を変えることもできます。 収入もそれな …

ニートからルート営業に就職できる?業務内容や平均年収

ニートをしている人の中には、普通の営業はやりたくないけど、ルート営業ならやってみたいと考えている人もいることでしょう。 通常の営業のように新規開拓をするわけではありませんので、精神的にも体力的にも比較 …

ニート必見!人手不足業界ランキングトップ10

人手が足りていない業界を知っておくことは、職探しをしている人にとって、就職先を見付ける1つのポイントでもありますよね。 厚生労働省が取り組んでいるものや、テレビやネットニュースで報道されているもの、求 …

コンビニだけじゃない!ニートにもおすすめの深夜バイト5選

ニートの中には昼夜逆転してしまっていたり、昼間は人目があるので出歩きたくないと考えている人が多いと思われます。 そこで、深夜にできるバイトでニート脱出してみようかと考えている人も多いのではないでしょう …

もう我慢しない!ストレスの少ない仕事ランキングトップ10

ストレスというのは個人差があります。 ここでは“ストレスの少ない仕事ランキング”というタイトルですが、すべての人に該当するわけではありません。参考として閲覧していただければと思います。 しかしながら、 …

疲れない仕事はある?肉体、精神、人間関係で疲れない仕事を5つずつ紹介

仕事をするなかで、さまざまなストレスから疲れを感じる人が増えています。人によって肉体的な疲れであることもあれば、精神的な疲れであることもあります。 当記事ではこれから「疲れない仕事」を探そうとしている …

美術館の求人はどこで見つかる?仕事内容、資格、収入などについて

絵画などが好きという人や静かな場所で働く事が好きという人は美術館で働きたいと考えるかもしれません。 美術館で働くということについて詳しく見ていきましょう。 美術館で働くための資格と仕事の内容について …