ニート向けの仕事一覧

ニートが大工として就職する方法、待遇や年収は?

投稿日:

ニートの中には大工になりたいと考えている人もいることでしょう。

手に職を持っているので安定感がありますし、大きな物件を作り上げるという達成感を味わうことができます。

しかし、ニートは大工になるにはどうしたらよいのでしょうか。

また、待遇や年収、必要な資格はどんなものでしょうか。

本記事では、大工として就職する方法、その待遇や年収についてご紹介します。

大工として就職するには

大工とは、建築現場で骨組みを作ったり、外壁や床、天井などの下地を作る仕事です。

木造建築では、コンクリートの基礎部分、屋根や外壁、内装の仕上げ以外の部分に携わるので、非常に重要な職業です。

建築だけでなく、修理するのも大工の仕事です。

設計図だけでなく、実際に現場を確認して、木材を切り出し、加工して、修繕を施します。

大工になるには、学歴や資格は必要ありません。

工務店に就職することができれば、大工と名乗ることができます。

もちろん、一人前の大工になるには数年間の下積み、現場経験が必要となります。

体力勝負の現場だと思っているかもしれませんが、意外とデスクワークもあります。

製図ソフトでの図面作成なども行うことも多いですので、CADを使えると重宝されます。

工務店には大小様々あります。

会社としての工務店もありますし、一人親方としてやっている人もいます。

会社としての工務店であっても、数名規模の非常に小さな企業であることが多く、大きくても中小企業レベルの規模になります。

工務店の求人は都市でも地方でもかなり多いです。

大工は人材不足で、特に若い人が不足しています。

そのため、ニートであっても就職しやすい傾向にあります。

面接で気に入られれば、すぐさま入社が決まることも多いです。

ただし、工務店には零細企業が多いので、指導方法や待遇に当たり外れがあります。

求人に掲載されている内容が正しいのか、しっかりと確認しておく必要があります。

大工の年収や待遇

大工の年収は、経験やスキルによって大きく変化します。

未経験者が就職した場合はまず見習いから始まります。

月収は15万円程度になることが多く、ボーナスがないことも多いですので、年収で言えば200万円弱になります。

見習いの段階では、アルバイトの時給よりも低いことがほとんどです。

ただし、業界全体として若手が不足していますので、見習いに対する教育制度の整備、給与等の待遇の改善をして定着させていこうと考えている工務店も増えています。

経験を積んで、できる仕事が増えていく毎に給与は増えていきます。

見習いから3年程度経って一人前に仕事ができるようになれば、月収30万円を超えることは珍しくありません。

そこで頭打ちになるわけではなく、経験を積めば積むほど、年収はどんどん増えていきます。

ベテランになれば、年収800万円を超えることは普通ですし、1000万円を超える人もいます。

普通のサラリーマンよりも高収入を得ることができる職種と言えるでしょう。

大工の勤務時間は、朝8時には現場に入り、日が沈む夕方6時くらいまで拘束されます。

肉体労働が中心ということもあり、適度に休憩が挟まれますが、それでも比較的長時間の勤務になります。

忙しい時には夜10時まで働くこともありますので、体力的にかなりハードです。

ただし、天候が悪い時には、全く仕事をしない工務店もありますので、楽になることもあります。

決まった休日は日曜日のみということがほとんどです。

しかし、伝統的な職業だからか、年末年始やお盆などは一週間続けて休むといった習慣があることが多いです。

また常に仕事があるわけではないので、暇なときには週休3日になったりすることもあるので、休みは比較的多くなります。

まとめ

大工は職人の世界ですので、見習い期間はあまり待遇がよくありませんが、しっかりと技術を身に付ければ、高収入を得ることも不可能ではありません。

求人は数多くありますので、しっかりと見比べて待遇が良いものを選びましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

【正社員になりたい人向け】一人でできるおすすめの仕事5選

正社員にはなりたいけど人とのコミュニケーションに自信がない、対人ストレスがないなら働くことができるのに、と考えているニートは多いことでしょう。 世の中の多くの仕事はコミュニケーションが必要なのですが、 …

きついけど給料がいい仕事8つを紹介!【平均年収・必要資格・リスクについても】

稼げる仕事といえばどんなものがある?と聞かれたら、どのような職業を思い浮かべるでしょうか。政治家、医者、弁護士あたりがスタンダードでしょうか。でも、それ以外にも高収入な職業はたくさん存在します。 高収 …

毎日働けない人におすすめ!誰でもできる在宅ワークから始めてみよう!

毎日働けないと悩んでいるフリーターやニートなどの人は近年増加していると言われます。 加えて、就職しようにも学歴や経歴がネックとなってしまうケースも多いでしょう。 しかし、この様な立場の人が全く社会貢献 …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

ニートは接客業に就職できる?仕事内容、待遇、条件

多くのニートはコミュニケーションが苦手で接客業を避けたいと考えていると思います。 しかし、中には人とのコミュニケーションが好きだったり、苦手を克服するためにあえて接客業にチャレンジしたいと考えている人 …

女性が長く働ける会社の特徴5つとおすすめの仕事4つを紹介!またその選び方は?

女性の社会進出が一般的になってきた日本ですが、現場レベルではまだまだ女性が長く働くことが厳しいのも事実です。 今回は、女性が長く働ける会社の特徴をまとめ、そうした会社に迷わずたどり着くための方法をご紹 …

ニート必見!人と関わらないおすすめのバイト5選

ニートの多くは人間関係に不安を感じていると思います。 ですので、出来る限り人と関わらないで済むバイトがあれば、ぜひともやってみたいと考えているニートが多いのではないでしょうか。 しかし、人と関わらない …

ニートが採用されやすい業界20選。仕事内容や採用されやすい理由を紹介

就職して社会復帰を目指しているニートの中には、どういった業界を受ければよいか悩んでいる人も多いかと思います。 そこで本記事では、ニートが採用されやすい20の業界について、仕事の内容やなぜニートが採用さ …

ニートが土木業界で働くには資格が必要?キャリアアップは望める?

皆さんは土木建設業についてどのようなイメージを持たれていますか? 一般的にアスファルトで道路を整備したり水道管の工事をしているイメージなら浮かびやすいかもしれません。 土木の現場が請け負う仕事は実に様 …

一発逆転が狙える!学歴が関係ない仕事5選

以前よりも緩やかになったとはいえ、世の中は依然として学歴社会です。 高学歴でないとなれない職業も多くありますし、大手企業であれば学歴がないと門前払いなんてことも珍しくありません。 ニートの中には学歴が …