高卒ニートの就職

高卒から就職する場合に、合わない・避けるべき職場の特徴7つ

投稿日:

高卒で就職する場合、避けておいた方が良い職場の傾向があります。

長く働くためには、なるべく高卒に向いていない職場を避けて応募する方が最適です。

ここでは高卒に合わない職場の傾向や、高卒、大卒を問わずに避けた方が良い職場の傾向を紹介します。

高卒に合わない可能性が高い職場の特徴とは

高卒で働き始める場合、転職が難しいと考えて最初に採用された会社で働き続けようと思うことが多いかもしれません。

合わない職場を選んでしまうと、その後の転職活動などで手間もかかります。職場の雰囲気を見て合わない会社を避けることも大切です。

主に高卒に合わない会社は学歴至上主義など大卒者が優遇される職場ですが、それ以外にも避けた方が良い職場の傾向や特徴があります。

上司が学歴重視の職場

定期的に上司が変わるタイプの職場であればそれほど気にならないかもしれませんが、上層部や固定の上司が学歴重視の場合高卒で勤めることは避けた方が良いでしょう。

査定や今後の出世だけでなく、普段の評価も学歴重視の上司がいる場合、高卒の方が働きづらい状況が生まれます。

事前に上司の傾向をつかむことは難しいかもしれませんが、面接の内容や職場の雰囲気である程度は学歴重視の職場かどうか判断ができるかもしれません。

学歴重視の職場の場合、職場にも学歴が高い方が多いため判断の材料になります。

大卒者が多い職場

高卒と大卒では学生の頃の環境がやや異なるため、話が合わないと感じるケースも多いです。

コミュニケーション力に自信がある場合はそこまで気になることはないかもしれませんが、周囲と話を合わせたいなら大卒者が多い職場は避けた方が良いかもしれません。

もちろん話が合うかどうかは人にもよるため、よほど職場の雰囲気が自分の性格に合わないと感じた場合以外は気にしなくても良いでしょう。

面接や仮採用の時期がある場合は職場の雰囲気をよく見ておきましょう。

難しい作業を求められる職場

大学に進学しなかった理由にもよりますが、勉強が苦手で高卒での就職を決める場合には難しい作業を求められる職場は避けた方が良いでしょう。

もちろん自分が得意な仕事内容であれば難しい作業でもこなすことができますが、大卒レベルの知識が必要になるケースも出てきます。

一般的に難しく大卒レベルの知識が必要とされる職場は大卒者のみ採用していますが、業務内容を確認した上で応募することが大切です。

出世に学歴が必要な職場

高卒での就職は業界によって出世が難しくなります。高卒と大卒で業務内容自体が異なり、高卒の出世が難しい職場は避けておいた方が良いでしょう。

出世を求めない場合でも、昇給が全くないケースもあります。若いうちは給与が安くても実家などのサポートが受けられることもありますが、30代、40代になった時に問題が出てきます。

長く同じ業界で働くことを考えるなら、出世や昇給に学歴が必要な業界や職場は高卒に合いません。

給与が上がらない職場

あらかじめ昇給がほぼないことが分かっている職場があります。周囲の人やインターネットの評判などで判明するケースも多く、応募の際には会社のホームページ以外の情報も集めておくことをおすすめします。

高卒で勤める場合初任給が安いことが多く、そのままの給与では生活が厳しくなるケースも考えられます。

あまり昇給についてこだわることもいけませんが、ほぼ給与が上がらないために若い人材しか勤めていないような会社は高卒で就職する際に不利です。

資格が必要な職場

高校生のうちになんらかの資格を取得するのは難しいものです。就職に結びつく資格となると、なおさら難しいでしょう。

特技などがあり関連の資格を持っている場合は活かした方が良いですが、資格が必要な職場や資格を持っている方が優遇される職場は合わない可能性があります。

働きながら資格取得を目指せる場合は別ですが、就職の時点で資格が必要なものや働きながら出世に必要な資格がとりにくい場合などは高卒には合わないかもしれません。

高卒・大卒を問わず避けた方が良い職場

高卒の場合、大卒に比べて選択肢が少なくなることから、どんなケースでも避けた方が良い職場を選んでしまうことがあります。

まず、残業が多すぎる職場や休みが取れない職場は避けた方が無難です。若いうちは無理ができても、ずっと働き続けることを考えると雇用条件が厳しすぎる職場は避けましょう。

残業代が出ない職場や有給取得ができない会社もやめておいた方が良いでしょう。

このような職場は一度勤めてみないと分からないことも多いですが、評判の悪い職場やすぐに人がやめてしまう職場は避けておきましょう。

まとめ

高卒に合わない職場の特徴は、主に学歴を重視する職場や昇給、出世が見込めない会社です。

高卒でも業界や職種によっては大卒と変わりなく出世が見込めるケースもあります。

上司や同僚などと話が合わないと感じる場合や、学歴を重視していることが見てとれる場合は合わない可能性も高くなります。

面接や職場の雰囲気を見てどうしても合わないと感じた場合は、就職を見送ることやすぐに転職を考える方が良いでしょう。

-高卒ニートの就職

執筆者:

関連記事

高卒女子に人気の就職先は?6つの業界、職種を紹介

高卒となると働く場所が限られてしまい、就職先に困ってしまうことが多いでしょう。 まして、女子だと肉体労働ができないこと、いまだ男性ばかりの会社もよくあることから、より就職先が制限されてしまいます。 で …

高卒からできる正社員の楽な仕事5選

2017年度の高卒の求人倍率は、1.75倍になりました(7月末時点)。 これは6年連続の上昇となります。 せっかく募集している会社が多くあるのだから、少しでも楽な仕事に就きたいですよね? この記事では …

高卒におすすめの転職サイト・リクナビNEXTとは?便利な機能やコラムの紹介

現代では、たくさんの人が転職を考えています。 転職の理由は人それぞれですが、いざ転職に向けて動き出そうとしたとき、何から始めてよいかわからない人も多いのではないでしょうか。 特に高卒の方は一から就職先 …

高校中退ニートになってしまう主な2つの理由と就職方法

高校を中退してニートとして過ごしているみなさん! 就職したいと考えている方は多いはずです。 しかし、高校を中退しているからといった所を見られてなかなか就職できないと思われている方も多いと思います。 し …

サポートが厚い!高卒から正社員への就職に強い求人サイト3つ

就職サイトにはいろいろなタイプがあり、ハイレベルな企業から高卒でも採用されやすい職業を扱うサイトまで種類が豊富です。 高卒で就職を考える場合は、なるべく高卒向けの求人情報を扱うサイトを使うことが大切で …

高卒からの就職活動、面接で使える自己PRの例・書き方

高卒の場合学歴をPRできないため、どんなことを自己PRに使えばいいのか迷ってしまうことが多いと思います。 しかし高卒でも、自己PRの手段はいろいろあります。 ここでは高卒で自己PRが必要になった場合、 …

高卒の初任給の平均はいくら?高卒で大企業と大卒で中小企業どっちが良い?

  大学へ進学せず、最終学歴が高卒のまま社会へ出る人も多いですよね。 商業高校や工業高校などで専門スキルを身に付け、就職を視野に入れて高校へ行った人も少なくないと思います。 という訳で、ここ …

男女問わず!高卒でもできるおすすめの仕事一覧

大学・短大・専門学校進学率が70%を超える現在、だんだんと進学するのが当たり前になっています。 高卒での正社員就職率は高い水準になっています。 しかし、卒業直後のタイミングを逃したり、就職先を辞めてし …

高卒で就職して勝ち組へ!仕事の選び方と就職活動

高卒で就職を考えた場合でも、勝ち組になる方法はいくつかあります。 就職先や就職活動の方法など気をつける点はありますが、高卒で勝ち組になるためのポイントをまとめています。 高卒での就職に不安を持っている …

高卒で異業種に転職できる?オススメの準備と仕事の探し方

高卒で一旦就職した後、異業種への転職はできるのでしょうか。難しいイメージもありますが、下準備や業種によってはそれほどハードルは高くありません。 まずは高卒で異業種に転職したい場合のポイントや、転職前に …