ニートの就活のやり方

留学後の就職活動はどうする?おすすめの仕事、便利な資格は?その他アドバイス

投稿日:2017年8月9日 更新日:

学生時代などに留学をしたけれど、帰国後に自国での温度差に悩んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。

もちろん、留学経験者ならあるあるですが、留学したことのない人の数と比較すると、あるある率が下がるので必然的に生まれる悩み、ともいえますね。

という訳で、留学後の就職についてや、仕事、資格、その他アドバイス的な事柄などを記述していきます。

留学での経験は、人それぞれ

温度差といっても、具体的にはどのような差でしょう。

留学によって学んだことは、人それぞれ違うと思います。

語学的なことも然り、留学先での人との交流、それに次いで好奇心の追及など、様々だと思います。

そういった意味では、留学先が完全に1つの場所しかないようであれば、このような悩みも生まれにくいでしょう。

しかし、実際はそうではないですよね。

だからこそ、留学への意欲も高まったことだと思います。

自分の興味がある国へ行き、自分の力で様々な交流を広げ、そこから学びを深めていくような流れを、形や対象は違えど、体験したと思います。

温度差を感じたということは、ずっと日本で学んでいた人たちとの経験が違うということです。

経験は、大きく価値観に影響するものですから、当然の結果ともいえます。

しかし、共感してほしいがために、留学したわけではないですよね。

どうしても、分かってもらえない経験や体験、価値観などは人それぞれ持ち合わせています。

そして、人知れず、誰しも孤独を抱えているものです。

そういった意味で、温度差を感じていても、お互いに与え合うことが出来るものであると思います。

なので、人の輪へ一歩踏み込んでみると、ストレスが面白さに変わる可能性があります。

好奇心旺盛なグループへ行って語り合ったり、留学経験者を見付けてお互いの情報を交換することで、留学経験の素晴らしさを再確認したり、鬱憤を晴らすことが出来るかもしれませんね。

逆に、留学ではなく、日本で学びを深めた人の話を熱心に聞いてみるというのも良い方法です。

違う経験、価値観を認め合えた時点をもって、感じていた温度差というものはなくなっていると思います。

留学後の仕事について

語学力でめざましい向上を遂げたという人であれば、その語学力を活かせる職をすでに目指しているのではないでしょうか。

上記に当てはまる人は、語学力を活かせる職で、なおかつ自分の好みの職場を選ぶことをおすすめします。

また、取引などで、その語学力を必要としている会社は沢山あると思います。

グローバルな社会となってきているので、大企業などの需要も増えていると思います。

また、一番が語学力という訳ではなく、留学先で出会った人から得た好奇心で、何かの資格や技術を学んだ人もいるでしょう。

それであれば、その資格や技術を活かしていける職場を選ぶことをおすすめします。

また、就職という事柄に関して、再度自己分析してみることも良い経験に繋がると思います。

留学したから大丈夫、と語学的には大丈夫な職に就いたとして、得意ではない仕事内容だった、なんて後悔してしまわないようにしたほうが堅実でしょう。

留学後の資格について

語学力に自信がある人は、その系統の資格を取得するのも良いと思います。

就職に際して、自分の持っている知識を提示するのに、資格という形にすると企業側にとっても分かりやすいです。

また、他の事柄で特化して学んだことがあれば、その資格を取得してみると良いのではないでしょうか。

上記と同じく、自分の技術や知識を提示するのに分かりやすいアイテムとなります。

特に取得したい資格がないという場合は、自己PRを活かす戦術を使うことになります。

留学経験のない人でも、就職に関しては様々な策を練って努力しているので、踏ん張りどころと思って最善を尽くすのが堅実でしょう。

まとめ

留学という経験は誰でも出来る経験ではありませんが、留学していない人にも同じように時間は流れていて、様々な経験をそれぞれしていることを忘れないほうが良いでしょう。

また、仕事に関しては、知識や技術を活かせる仕事が良いですが、自分の性格に合っているかどうかの見極めが重要だと思います。

資格に関しては、自分の看板として取得出来るものを取得することをおすすめします。

留学云々関係なく、就きたい仕事の資格取得に努めることも方法の一つだといえますね。

この記事が、留学後の温度差で就職などに関して悩んでいる人の参考になれば、嬉しいです。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

若さは武器!既卒フリーターが就職するための3つの戦略

内定を取れずに学校を卒業してしまい、フリーターになってしまう方は少なくありません。 いつかは正社員に、とは思いつつも、どうやって就職活動を進めればよいのかわからず、なんとなくフリーターを続けてしまって …

既卒からの就活を成功させるための方法全まとめ!

目次既卒とは?既卒からの就活の実態、現実既卒が就活で不利になる理由と対策既卒の就活の流れエントリーする会社探し書類と面接対策をする既卒からの就職活動の方法ハローワーク会社ホームページから応募求人サイト …

ニートから派遣で働くのはおすすめ?メリットとデメリット

 ニートの人にとって、仕事を見つけて働くというのはとても勇気のいることですよね。 「仕事が出来なかったらどうしよう」「人間関係が上手く行くか心配」と悩んで、一歩を踏み出せないと考えている人も多いです。 …

無料で利用できる!引きこもりやニートのための支援サービス8つをご紹介

長いことひきこもりやニートをしていると、社会とのつながりが断たれ、社会復帰が難しくなることがあります。 そういった人たちが社会に出たいと思った時には、コミュニケーションスキルが足りない、技術がない、自 …

焦りは禁物!ニートがなかなか採用されない理由と対処法

ニートの就職活動の多くは長期化します。 なかなか書類選考が通らず面接まで進めず、書類選考に通っても面接で落とされてしまうことがほとんどです。 あまりに落とされてしまうので、精神的に参ってしまい、就職活 …

ニートが話しやすい職場の3つの特徴と探し方

どんな仕事でも少なからずコミュニケーションを取らなくてはいけません。 しかし、多くのニートはコミュニケーションを取るのが苦手であり、コミュニケーションが就職によるニート脱出の障壁になっています。 です …

ニートに正社員は無理?20代、30代別の就活戦略

ニートが社会復帰をするには、まずアルバイトから、と決めつけていませんか? ニートからいきなり正社員はハードルが高いと考えていたり、これからの人生は非正規雇用で生きるしかないと思い込んでいたり、過度に卑 …

大卒ニートからの就職活動、社会復帰の方法!公務員は目指せる?

大学を卒業しても、就職が決まらなかった、もしくは就職活動をせずに卒業してしまった人がいます。 そんな大卒ニートでも、周囲のことや世間体を気にして、就職活動を始めることが多いです。 しかしどのように就職 …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …