ニートの就活のやり方

ニートを脱出して正社員として採用されるために大切な3つの心得

投稿日:2017年8月8日 更新日:

多くのニートは、一刻も早くニートから脱出しなくては、と焦りを覚えているのではないでしょうか。

そういう気持ちはあるものの、何から始めればよいのかわからず、戸惑ってしまい、結局、何もできないままのニートも少なくないでしょう。

ニートでもちゃんと手順を踏めば、正社員として採用されます。

本記事では、ニートを脱出して正社員として採用される方法についてご紹介します。

1. 就職サイトへ登録

正社員を目指すニートはまず就職サイトに登録することから始めましょう。

パソコンさえあれば、簡単に出来るのでハードルも低いですし、数分で登録することが可能ですので、すぐに行動に移しましょう。

ニートは就職サイトの対象外と決めつけている人もいますが、そんなことはありません。

就職サイトにある求人には、ニート、フリーター歓迎の求人が多数ありますので、活用しないと損です。

就職サイトに登録すると、適職診断やエージェントとの面談があります。

ニートの中には、どういった仕事をすればよいか迷っている人も多いと思いますので、適職診断を参考にするなり、エージェントと相談するなりして、応募する業界や企業を決めることもできます。

実際、就職サイトを探す段階になると、多くのニートが戸惑うかと思います。

就職サイトはいくつもあり、どれに登録すればよいかわからなくなるからです。

就職サイトにはそれぞれ特徴があります。

網羅的に求人を揃えている大手サイトもあれば、関東近辺の既卒・第二新卒の求人を揃えたサイト、IT業界の求人に強いサイト、営業に特化したサイトなど様々です。

就職サイトに登録したことのないニートは、まず大手サイトに登録して、就職サイトの使い方に慣れると良いです。

ある程度行きたい業界等が決まれば、その業界に強いサイトを利用すると良いでしょう。

就職サイトは複数登録しても問題ありませんので、状況に応じてそれぞれのサイトを使い分けましょう。

気軽に登録できておすすめなのはリクナビNEXTです。

詳しくは以下のリンクからどうぞ。

>> 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

2. ひたすら応募し続ける

ニートの就職活動は長期化しがちです。

その原因は履歴書の空白期間です。

空白期間があることにより、書類選考で落ちてしまうことが多く、なかなか面接に進むことができません。

結果として、就職活動が長くなってしまいます。

こうした状況を理解していないと、書類選考で落ちる度に人格を否定されたような気持ちになってしまい、ニート脱出を諦めてしまいかねません。

ニートの場合、書類選考は落ちて当たり前です。

通ればラッキーくらいの軽い気持ちで就職活動に臨みましょう。

もちろん、書類選考に落ちたら、書類に不備が無かったのか確認しましょう。

就職サイトには、応募書類の書き方が掲載されていますし、エージェントが付くのであれば、添削指導を行ってくれます。

3. 面接は事前準備で決まる

書類選考に通ったら、面接です。

面接はその場の対応力が問われる、と勘違いしている人がいますが、実際は事前の準備で決まってしまいます。

面接で聞かれることはほとんど決まっています。

志望動機や自分の長所・短所、ニートになった理由、将来どう成長したいかといった決まり切った質問ばかりです。

こうした質問がくると既にわかっているので、あらかじめどういう答え方をするのか考えておきましょう。

考えた答えを紙に書きだして論理的に矛盾しているところはないか確認して、スムーズに言えるようになるまで、声に出して練習しましょう。

そうすることで面接本番で、しっかりと受け答えができるようになります。

質問の受け答えだけでなく、外見も事前に整えておきましょう。

髪や爪が伸びっぱなしだったり、スーツがヨレヨレになっていたりと見た目がだらしないと、受け答えがしっかりしていても落ちてしまいます。

普段から身だしなみに気を付けて、面接本番の前に慌てて整えるといったことが無いようにしましょう。

まとめ

ニートを脱出するのは、時間はかかりますが、それほど難しい事ではありません。

粘り強く就職活動をしていくことが大切です。

-ニートの就活のやり方
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大学中退ニートは仕事がない?就職やアルバイトの探し方、女性は専業主婦もあり

大学を中退してニートとして過ごされている方にぜひ読んでいただきたい記事です。 おそらく多くの方々は就職して働きたいと考えていると思います。 しかし、世間はそんな甘いものではないというような風潮があるた …

働きたいのに仕事がないニートが実践すべきこと3つ

ニートをしている誰もが仕事をしたくないわけではありません。 ニートから脱出したいと考えて仕事を探しているものの、なかなか自分にできる仕事が見つからない人も数多くいます。 ニートからの就職は困難が伴うも …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

低学歴ニートは穴場企業を狙え!おすすめの就職活動の仕方、気をつけるべき話し方

就職活動と学歴は切っても切れない関係にあります。 大手企業であれば、やはり難関大学の学生を多く採用したいと考えるものです。 そのため、学歴フィルターがかけられて、低学歴では説明会すら予約できないといっ …

新卒カードは既卒と比べてどれくらい就活で有利?新卒だからこそ入りやすい職種5選

新卒カードということばがありますが、就職活動において新卒は圧倒的に有利だと言われています。 当記事ではその理由を中心に、既卒と比較しながら説明しています。 目次新卒カードとは?新卒は有名な大企業への就 …

無駄な時間をなくす!カラ求人の見分け方。

せっかく就職する気になったのに、カラ求人に騙されて出鼻をくじかれたニートの方も多いと思います。 履歴書作成などにはかなりの時間がかかりますし、やる気も削がれてしまいます。 そうならないためにも、カラ求 …

ニートが就活で不採用になりやすい4つのケースと対処方法

 ニートから脱出しようと就職活動を行っても、不採用となるケースが多いですよね。 学生時代は就職をサポートしてくれる先生や相談できる友人がいますが、ニートになると交流も少なくなるので、相談できる人もいな …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …

「ニートは就職できない」と言われる理由と対処法4つ

「ニートが就職できる訳がない」「ニートは就職しづらい」なんて、周りに言われた経験はないでしょうか。 もしくはそう言っている人を見た、そんな情報をどこかで見たという人もいると思います。 しかし、それは言 …

ニートから派遣で働くのはおすすめ?メリットとデメリット

 ニートの人にとって、仕事を見つけて働くというのはとても勇気のいることですよね。 「仕事が出来なかったらどうしよう」「人間関係が上手く行くか心配」と悩んで、一歩を踏み出せないと考えている人も多いです。 …