ニート向けの仕事一覧

ニートから美容師になる方法。仕事内容、資格条件、待遇など

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ニートの中には、美容師にあこがれている人もいるのではないでしょうか。

ニートから抜け出すなら、ぜひ美容師として働きたいと考えてはいるものの、どうやったら美容師になることができるのか、そもそも美容師はどんな仕事なのか、をよく知らないニートも多いかもしれません。

そこで、本記事では、美容師になってニートから脱出したいと考えている人に向けて、美容師の業務内容や、待遇や労働条件などをご紹介します。

ニートから美容師になるには

美容師になるには、美容師免許が必要になります。

美容師免許は、国家試験に合格する必要があります。

美容師国家試験の合格率はおよそ8割ですので、それほど難しいものではありません。

筆記試験は過去問でしっかり対策すれば十分に合格できますし、実技試験も日頃の反復練習を欠かさなければ、本番でも落ち着いて対処できるでしょう。

しかし、問題は受験資格です。

美容師国家試験を受けるためには、美容専門学校に通わなければなりません。

昼間部や夜間部では2年、通信課では3年通って修了することで受験資格を得ることができます。

ですので、美容師を目指すニートは、まず美容専門学校に入学することから始めましょう。

美容師の業務内容

免許を取得すると、いよいよ就職です。

主な就職先は美容室か、ヘアメイク事務所です。

手に職を持った技術職ですので、就職率も悪くなく、資格取得者のほとんどが就職先を見つけることができます。

国家試験に合格しているので基本的な技術は身に付いていますが、まだまだ現場で通用する技術とは言い難い状況ですので、就職して数年間はアシスタントとして先輩の手伝いをすることが主になります。

業務時間中は、シャンプーや掃除、簡単なカットなどを行い、終業後にカットやカラーリング、パーマなどの練習を行うことが一般的です。

また、休日にも研修を受けることも多いです。

練習を重ねて数年、社内での試験、先輩やオーナーの許可等を経て、ようやく客と11の接客をすることができます。

一通りの施術を行うことができるほか、後輩の指導なども担当することがあります。

ヘアメイク事務所でもおおよその流れは一緒です。

最初は先輩のアシスタントとしてヘルプ業務を中心にこなし、13年ほど経験を積んだ後に一人前のヘアメイクアーティストとして活動することができます。

美容師の労働条件や待遇

美容室、美容師の数は年々増加しています。

1000円カットなどの安価なサービスを提供している店舗の人気も高いことから、非常に競争が激しい業界になっています。

競争が激しいと経費を削減しようとする傾向が強くなり、最も負担の大きい人件費を削っていきます。

結果として、美容師の年収は、低めになっています。

勤める店舗によって年収は全く異なり、アシスタントでは手取り10万のところもあれば、17万円前後のところもあります。

有名店だからといって給与が高いわけではないので、求人票をよく確認する必要があります。

一人前のスタイリストになると給与は上がり、手取りで20万円程度まで上がることが多いです。

また、個人の売り上げに対して、インセンティブがつくこともあります

勤務時間は基本的には8時間労働なのですが、技術向上のための練習という理由での残業があることが一般的です。

この残業に関しては無給であることがほとんどですので、実質的な勤務時間はもっと長くなります。

アシスタントだけでなく、指導するスタイリストも時間を拘束されることが多いです。

オシャレな印象が強い業界ですが、かなり職人気質な業界でもあります。

そのため、労働条件や待遇が軽視されがちですので、注意する必要があります。

技術さえあれば好待遇を求めて他の美容室を渡り歩くことも可能です。

また、将来的に独立開業することもできますので、将来を見据えて日々働くとよいでしょう。

まとめ

以上、美容師になる方法や業務内容、待遇などについてご紹介しました。

美容師に興味を持った人はまず美容専門学校に入学することから始めましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

30代ニートから介護職で気持ちよく働くための4つのポイント

仕事していない期間が長くなり、気づけばあっという間に30代になってしまった。 さすがにこれではまずいと思い仕事を探そうにも、30代ニートの就職活動のハードルは高く、ようやく採用された会社でも、業績が芳 …

楽な仕事なんてないは本当?楽なお仕事につける方法と対策

今しているお仕事、もしくはこれまでについていたお仕事より楽なお仕事に就きたいと思っている方は多いと思います。 しかし、たいていの方は、楽なお仕事なんてないと考えていると思います。 しかし、それは大きな …

ニートは事務職に簡単に就けるのか?バイト、派遣、正社員での違いを解説!

事務職に就職してニート脱出をしようと考えている方も多いと思います。 ニートでも事務職には就職可能なのか、どの勤務形態での就職が良いのか、について書いていきます。 目次事務職の仕事とは事務職に簡単に就け …

ニートでも諦めない!ホワイトな職種5選を紹介

多くのニートが就職して社会復帰をしようと考えているかと思いますが、いざ就職活動を始めるときに、どんな職種に応募しようかと悩む人も多いでしょう。 できれば残業が少なくて、それなりの収入を得られるホワイト …

ニートから証券会社に就職できる?必要な資格、年収や待遇

ニートの中には証券会社に興味を持っている人もいると思います。 証券会社は主に株式の売買の窓口となったり、証券会社自身が株式の売買を行うことで、経済学、金融学の知識をフル活用して、グローバルな活躍をする …

ニートにもおすすめ!正社員で簡単な仕事5選

近年は稀に見る売り手市場だと言われています。 求職者にとって仕事を選べる環境にある現在、正社員で仕事をするにしても、ブラック業界への就職は避けたいところです。 本ページでは、正社員で簡単な仕事をピック …

ニート向き?楽な仕事10個の紹介とそれぞれ転職に有利な資格

ニート、フリーターに限らず、たとえ給与が少なくても体力的にも精神的にも楽な仕事に就きたい人は多いでしょう。 特に転職を考えている人や転職活動中の人は、どうすれば楽な仕事に転職できるのだろうと考えている …

ニートから看護師になるには?必要な資格、条件、待遇

ニートになった今、周囲から看護師という仕事を勧められている人も多いと思います。 国家資格を取得すれば確実に就職できる、食いはぐれがないというイメージから、看護師を目指す人も増えています。 では、ニート …

ニートにパチンコ屋のバイトは向いている?仕事内容やメリット・デメリットを紹介

パチンコ屋は、全国に10000店舗以上存在します。 ホールスタッフとして働いている、または働いたことがある人はたくさんいると思います。 時給が良いイメージのパチンコ屋のバイトですが、一体どんな仕事内容 …

残業の多い職種5選と残業が多い業界的な原因

現在、就職や転職を考えている皆さんの中には、残業が多い職場で働くのは避けたいと考えていらっしゃる方が多いと思います。 しかし、どの業種、業界が残業が多いかはあまり知られてなく、残業が多いかどうかは印象 …