ニート向けの仕事一覧

ニートから美容師になる方法。仕事内容、資格条件、待遇など

投稿日:2017年6月23日 更新日:

ニートの中には、美容師にあこがれている人もいるのではないでしょうか。

ニートから抜け出すなら、ぜひ美容師として働きたいと考えてはいるものの、どうやったら美容師になることができるのか、そもそも美容師はどんな仕事なのか、をよく知らないニートも多いかもしれません。

そこで、本記事では、美容師になってニートから脱出したいと考えている人に向けて、美容師の業務内容や、待遇や労働条件などをご紹介します。

ニートから美容師になるには

美容師になるには、美容師免許が必要になります。

美容師免許は、国家試験に合格する必要があります。

美容師国家試験の合格率はおよそ8割ですので、それほど難しいものではありません。

筆記試験は過去問でしっかり対策すれば十分に合格できますし、実技試験も日頃の反復練習を欠かさなければ、本番でも落ち着いて対処できるでしょう。

しかし、問題は受験資格です。

美容師国家試験を受けるためには、美容専門学校に通わなければなりません。

昼間部や夜間部では2年、通信課では3年通って修了することで受験資格を得ることができます。

ですので、美容師を目指すニートは、まず美容専門学校に入学することから始めましょう。

美容師の業務内容

免許を取得すると、いよいよ就職です。

主な就職先は美容室か、ヘアメイク事務所です。

手に職を持った技術職ですので、就職率も悪くなく、資格取得者のほとんどが就職先を見つけることができます。

国家試験に合格しているので基本的な技術は身に付いていますが、まだまだ現場で通用する技術とは言い難い状況ですので、就職して数年間はアシスタントとして先輩の手伝いをすることが主になります。

業務時間中は、シャンプーや掃除、簡単なカットなどを行い、終業後にカットやカラーリング、パーマなどの練習を行うことが一般的です。

また、休日にも研修を受けることも多いです。

練習を重ねて数年、社内での試験、先輩やオーナーの許可等を経て、ようやく客と11の接客をすることができます。

一通りの施術を行うことができるほか、後輩の指導なども担当することがあります。

ヘアメイク事務所でもおおよその流れは一緒です。

最初は先輩のアシスタントとしてヘルプ業務を中心にこなし、13年ほど経験を積んだ後に一人前のヘアメイクアーティストとして活動することができます。

美容師の労働条件や待遇

美容室、美容師の数は年々増加しています。

1000円カットなどの安価なサービスを提供している店舗の人気も高いことから、非常に競争が激しい業界になっています。

競争が激しいと経費を削減しようとする傾向が強くなり、最も負担の大きい人件費を削っていきます。

結果として、美容師の年収は、低めになっています。

勤める店舗によって年収は全く異なり、アシスタントでは手取り10万のところもあれば、17万円前後のところもあります。

有名店だからといって給与が高いわけではないので、求人票をよく確認する必要があります。

一人前のスタイリストになると給与は上がり、手取りで20万円程度まで上がることが多いです。

また、個人の売り上げに対して、インセンティブがつくこともあります

勤務時間は基本的には8時間労働なのですが、技術向上のための練習という理由での残業があることが一般的です。

この残業に関しては無給であることがほとんどですので、実質的な勤務時間はもっと長くなります。

アシスタントだけでなく、指導するスタイリストも時間を拘束されることが多いです。

オシャレな印象が強い業界ですが、かなり職人気質な業界でもあります。

そのため、労働条件や待遇が軽視されがちですので、注意する必要があります。

技術さえあれば好待遇を求めて他の美容室を渡り歩くことも可能です。

また、将来的に独立開業することもできますので、将来を見据えて日々働くとよいでしょう。

まとめ

以上、美容師になる方法や業務内容、待遇などについてご紹介しました。

美容師に興味を持った人はまず美容専門学校に入学することから始めましょう。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:

関連記事

楽な仕事なんてないは本当?楽なお仕事につける方法と対策

今しているお仕事、もしくはこれまでについていたお仕事より楽なお仕事に就きたいと思っている方は多いと思います。 しかし、たいていの方は、楽なお仕事なんてないと考えていると思います。 しかし、それは大きな …

公務員の人気職種ランキングトップ10

「親方日の丸」と言われる日本の公務員は安定性と待遇の良さから就職先として根強い人気があります。 経済的にも先が見通せないこの時代、民間企業ほど競争が激しくなく、潰れる心配もなく、給料もそこそこよい公務 …

ニートからエンジニアに就職する方法!必要な資格、知識

ニートの中には、エンジニアという職業に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。 エンジニアとは、製品やソフトウェアのスペシャリストとして、設計や開発、製造に携わる職業です。 エンジニアの範囲は非 …

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

大雑把な性格のニートに向いている仕事5選

ニートから脱出しようと思っているものの、大雑把な性格なのでまともに仕事ができないのではないかと不安に思っている人もいるでしょう。 たしかに大雑把な性格だと細かい作業には向いていないのですが、逆に、大雑 …

ニートは農業に向いている?メリットと求人の探し方

 ニートの方が仕事を探すのは、大変ですよね。 特に、「人と関わることが苦手だ」と悩んでいる人が多いです。 そんな人にオススメなのが、農業の仕事です。 農業と聞くと、「体力を使うハードな仕事」「稼げない …

ニートからルート配送に就職できる?1日のスケジュール例やメリット・デメリットなど

現在、ニートの方で就職を考えているみなさん! ルート配送のお仕事はいかがですか? 決まったルートでお客様にお荷物をお届けするお仕事です。 決まった場所にしか配送しないので、道を覚えてしまえばラクラクで …

ニートから工場に就職する方法【バイト・正社員】、就職しやすい工場の種類3つ

ニートから脱出するために、工場への就職を考えているニートも数多くいることでしょう。 単調な作業で、コミュニケーションも最低限でよいとなれば、なんとかこなせるのではないかと思ってはいるものの、どうやって …

ニートにはポスティングの仕事がおすすめ?給料は歩合制?メリットとデメリット

現在、ニートで再就職を考えている方々におススメのお仕事があります。 それはポスティングのお仕事です。 一軒家やアパート、マンションなどのポストにビラやチラシを投函するのが主なお仕事で枚数は多いですが、 …

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

  ニート状態から就職活動をするとき、「ニートだったら介護の仕事しかないな」と言われることがあるかもしれません。 このように言われるのには、実は深い理由があります。 ニートであった時期を経て、これから …