ニートの就職体験談

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

投稿日:

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。

しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮絶な闘病生活を目の当たりに見て、私は燃え尽き症候群になってしまったのです。

そして私は退職し、無職で自宅にこもる生活をし始めたのです。

24歳で退職後、ボランティアにも参加したが26歳で完全無職へ

私は24歳で退職した後、自分のやりたいことを見つけたいとボランティアなどに参加をしました。看護師の資格を活かしてボランティアできるのはいいのですが、結局その地域に根差した生活ができるわけでもなく、腰かけ状態で私は何をやっているんだろうという考え方に行きつきました。そしてボランティアに対するモチベーションも下がり、やめてしまったのです。その後は完全無職な状態でした。

完全無職の時には、行き場もなく結局実家のお世話になるしかありませんでしたね。実家には両親と弟がいましたが、26歳で仕事もせず無気力で自宅にいるということは家族にとってもお荷物だったのかもしれません。そのため私は自宅でも居場所なく気を遣って生活をしていたのです。

無職生活から這い出るきっかけは元上司からの誘い

そんな時、久々に友人に会う機会がありました。その友人も転職を繰り返したり無職も経験したことのある友人。気の合う仲間で気を使わないので、時々あっていたのです。そして互いの近況報告に花を咲かせていたのです。

その時に、前の上司の話が出ました。私は元の職場の上司のことなんか、気にも留めていなかったのであまり近況を知ることはありませんでしたが、友人はこまめに連絡を取っている様子でした。

こんな友人を見ていると、なぜこの友人は転職を繰り返しているのに、どれも成功しているのかということがわかりました。それは、人脈を大切にしているからだったのです。仕事が多少できなくても、問題行動があった時にでも、人脈があれば何とかなるということをこの友人から学びました。

そしてそれから数日後、友人から再び連絡があったのです。それは元上司が戻ってこないかと言っているという話でした。

上司に働き方を交渉し、悩みに悩んで26歳で再就職!

その話を聞いてかなり悩みました。それは働き方ということに疑問を持っていたからです。看護師というのは夜勤があって当たり前、奉仕の心があるのだからサービス残業があって当たり前という世界でした。

休みの日でも急に呼び出されることもありました。プライベートに支障が出るくらいなら働きたくないというのが本音でした。しかし一方で働かなくてはいけない、このままでは社会不適合者になると不安もあったのです。

そこで私は正直に元上司に話をしてみることにしました。以前の私の働いていた勤務場所の上司は退職、そして元上司がそこに在籍しているということ。そのため残業手当もしっかり出すし、休みは希望を出してくれたら優先するという約束をしてくれたのです。

その言葉を聞いて、私はかなり勇気がでました。もちろん働くことに不安はありましたが、それよりももう一度働いてみようかなという気持ちが勝ったのです。そして26歳10か月で就職を決めました。

まとめ

私の就職談は以上で終わります。やっぱり一度無職になったら就職するにはすごく勇気がいります。でも同時に早く就職しなくてはという不安も抱えているのです。

そこで友人が元上司にあうきっかけを作ってくれて就職を実現できたと思っています。

就職をするには自分の気持ち、新しい世界に飛び込む勇気も大切ですが、タイミング、人脈などもすごく大切なのでは?と考えています。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

34歳介護福祉士がメンタルの病気で退職し精神科にかかるも、再就職できた体験談

私は39歳の男性です。 今の仕事は介護福祉士と介護支援専門員をしています。 ここでは私が介護福祉士をしていてメンタルの病気になり無職になってしまい、それからメンタルが回復して介護の仕事に再就職できた体 …