ニートの就職体験談

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

投稿日:

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。

しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮絶な闘病生活を目の当たりに見て、私は燃え尽き症候群になってしまったのです。

そして私は退職し、無職で自宅にこもる生活をし始めたのです。

24歳で退職後、ボランティアにも参加したが26歳で完全無職へ

私は24歳で退職した後、自分のやりたいことを見つけたいとボランティアなどに参加をしました。看護師の資格を活かしてボランティアできるのはいいのですが、結局その地域に根差した生活ができるわけでもなく、腰かけ状態で私は何をやっているんだろうという考え方に行きつきました。そしてボランティアに対するモチベーションも下がり、やめてしまったのです。その後は完全無職な状態でした。

完全無職の時には、行き場もなく結局実家のお世話になるしかありませんでしたね。実家には両親と弟がいましたが、26歳で仕事もせず無気力で自宅にいるということは家族にとってもお荷物だったのかもしれません。そのため私は自宅でも居場所なく気を遣って生活をしていたのです。

無職生活から這い出るきっかけは元上司からの誘い

そんな時、久々に友人に会う機会がありました。その友人も転職を繰り返したり無職も経験したことのある友人。気の合う仲間で気を使わないので、時々あっていたのです。そして互いの近況報告に花を咲かせていたのです。

その時に、前の上司の話が出ました。私は元の職場の上司のことなんか、気にも留めていなかったのであまり近況を知ることはありませんでしたが、友人はこまめに連絡を取っている様子でした。

こんな友人を見ていると、なぜこの友人は転職を繰り返しているのに、どれも成功しているのかということがわかりました。それは、人脈を大切にしているからだったのです。仕事が多少できなくても、問題行動があった時にでも、人脈があれば何とかなるということをこの友人から学びました。

そしてそれから数日後、友人から再び連絡があったのです。それは元上司が戻ってこないかと言っているという話でした。

上司に働き方を交渉し、悩みに悩んで26歳で再就職!

その話を聞いてかなり悩みました。それは働き方ということに疑問を持っていたからです。看護師というのは夜勤があって当たり前、奉仕の心があるのだからサービス残業があって当たり前という世界でした。

休みの日でも急に呼び出されることもありました。プライベートに支障が出るくらいなら働きたくないというのが本音でした。しかし一方で働かなくてはいけない、このままでは社会不適合者になると不安もあったのです。

そこで私は正直に元上司に話をしてみることにしました。以前の私の働いていた勤務場所の上司は退職、そして元上司がそこに在籍しているということ。そのため残業手当もしっかり出すし、休みは希望を出してくれたら優先するという約束をしてくれたのです。

その言葉を聞いて、私はかなり勇気がでました。もちろん働くことに不安はありましたが、それよりももう一度働いてみようかなという気持ちが勝ったのです。そして26歳10か月で就職を決めました。

まとめ

私の就職談は以上で終わります。やっぱり一度無職になったら就職するにはすごく勇気がいります。でも同時に早く就職しなくてはという不安も抱えているのです。

そこで友人が元上司にあうきっかけを作ってくれて就職を実現できたと思っています。

就職をするには自分の気持ち、新しい世界に飛び込む勇気も大切ですが、タイミング、人脈などもすごく大切なのでは?と考えています。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

20代無職・ニートからIT系の職業に就職することができた体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職・ニート状態からITやweb系の仕事に就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 IT、web系の業界は人手不足ということもあり、スキルややる気 …

タイミングはきっとくる!24歳で新卒で入った銀行を退職して団体職員に再就職できた話

現在無職の37歳女性です。 新卒で入った銀行をわずか1年で辞め、翌月には団体職員として再就職。 勤続7年で寿退社し、現在は子育てに専念しています。 苦労して入った銀行を辞めた経緯と、次の就職先を見つけ …

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

私は現在39歳の男性です。 大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。 ここでは、その体験談を書きたいと思います。 目次大学の時に病んで …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

夢も希望もなかった20代。32歳無職から正社員の英会話教師に就職できた話

4年制大学を卒業後、就職活動は50社以上を受けてすべて全滅。 面接に落ち続けていくうちに自分に自信がなくなり、やりたい仕事もみつからないままズルズルと就職浪人をすることになりました。 実家暮らしだった …