ニートの就職体験談

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

投稿日:2017年10月21日 更新日:

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。

2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。

前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったかを綴りたいと思います。

理想と現実。居酒屋チェーンのあまりにも長すぎる労働時間

私が大学を出て就職した会社は、都内に何店舗も展開している有名な居酒屋チェーン店でした。

そこは学生のころ通いつめていた店で、店内は綺麗、店員は明るく愛想もよかったので、この会社なら自分も楽しんで働けるかもしれないと思ったことが入社のきっかけでした。

入社すると、すぐに本社の近くにあるホテルで研修が行われました。

同期は沢山いて、研修は1週間ほどでしたが仲良くなりました。

配属先は違うだろうけどお互いに頑張ろうなとよく励ましあったものです。

研修が終わり、配属先の店舗が決まりました。

そこは都内でしたが、私が行ったことのない地方の店です。

店舗から近い社宅を借りて、早速社会人生活がスタートしました。

店には社員は2人しかいませんでした。

基本的にはアルバイトで仕事をまわします。

1人は店長で、もう1人は配属4年目の若手の先輩。

私は基本的に4年目の先輩について教えてもらいました。

私は大学生のころに同じような居酒屋チェーン店でアルバイトをしていたので、ある程度の業務はわかっているつもりでした。

しかし、私が知っていたのはアルバイトの姿で、正社員としての仕事は全く理解していなかったことがすぐに分かりました。

アルバイトのシフト作成・管理、備品や品質管理や求人の書類作成、すぐに移り変わる新メニューの指導、やってることは難しいことではないのですが、とにかく労働時間が長すぎました。

居酒屋なので夕方前にオープンして、帰るのは早朝。

決して朝までやっている店ではありません。

通常では忙しいピーク時を過ぎると通常業務はアルバイトに任せて他のことをやるのですが、人がいなかったり休んだりした場合は社員がカバーしなければなりません。

アルバイトは簡単に休み、教えてもすぐ辞めていくの繰り返し。

残業代は出ない。

休日に店長から呼び出される。

私は半年にして心身ともにボロボロでした。

自分の中で張り詰めた糸が切れたある朝の帰り道

私はバイク通勤でした。

ある朝の帰り道のことです。

明け方のひんやりとした空気の中、眠気でうとうとしながら運転していたら、ハンドルを切ってしまい電信柱にぶつかりそうになりました。

幸い、間一髪で避けたので事故には至りませんでしたが、その瞬間に自分の中で何かが弾け、涙が止まらなくなってしまったのです。

こんなはずじゃなかった。

社会人はこんなに辛いのか。

これを定年まで後40年近くも続けることができるのだろうか。絶対に無理だ。

私は店長に退職届を提出し、2週間後に退職しました。

1年も耐え切れなかったという肩書き、無職の孤独感

店長や先輩社員には散々言われました。

お前はどこに行っても通用しない。入社1年もしていないやつに何がわかるんだ。

私は心身ともに傷ついたまま実家に戻り、無職の生活がスタートしました。

SNSでは友人が仕事終わりに一杯とか会社終わりに先輩とフットサルだとかの投稿がたくさんありましたが、私にはどこか違う世界に住んでいる人のように思えました。

私はほぼ夜勤だったので友達と仕事終わりに一杯とかは時間的に不可能です。

休日もシフト制で、土日祝日に休めることはまず無いので、どこか遊びに行くということもできませんでした。

親と一部の親しい友人からは、しばらくゆっくりするといいと言ってくれましたが、家から出ないで1日ジッとしていると、自分が社会に必要とされていないような孤独感に苛まれておかしくなりそうでした。

工場アルバイトに応募し、最終的には正社員へ!

正社員として働ける気がしない。

そう思った私は、アルバイトを探すことにしました。

前職のせいか人と接するのが億劫になってしまったので、人と顔を合わすことのなさそうな、工場で働くアルバイトに応募しました。

年齢が若かったということもあり、すぐに採用の連絡がきたので、私はアルバイトですが再び働くことになります。

その工場では食品を取り扱っているので冷蔵庫の温度で寒いのですが、基本的に1人でする作業が多く、私にとっては黙々と働けていたので良かったです。

人と接するのは休憩室にいるときだけでしたが、周りのアルバイトや社員の方も良い人たちばかりだったので、自分なりに打ち解けて充実した生活を送れていたような気がします。

そこで働いて1年が過ぎたころでした。

社員の方が、私に正社員にならないかと誘ってきてくれたのです。

まだ若いし、仕事も休むことなくコツコツと真面目に働いてくれているからということでした。

給料も残業代は支払われるし、休日もしっかりともらえる。

職場環境も人間関係も良い、私にとって最高の条件が整っていました。

私は快く誘いを受けて、無事に正社員に昇格。

今では充実した生活を送っています。

まとめ

私が思うことは、職場には合う合わないがあるということです。

一つの会社がダメだからと言って、他の全ての会社が自分に合わないはずがありません。

焦らなくても、休み休みでもいいんです。

転職サイトや転職エージェントを駆使して探せば、きっと自分にあった良い職場が見つかるかと思います。

私のような一度脱落した人間でも戻れたのですから皆さんもきっと大丈夫です。

諦めずに頑張ってください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …