ニートの就職体験談

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

投稿日:2017年10月15日 更新日:

現在31歳の女性で、一児の母です。

前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。

その後、もう一度自分のやりたかったことをやろうと決意し、正職員として再就職することができた経緯を述べさせていただきたいと思います。

前職について

私は、地元の病院で看護師として働いていました。

もともと、病院という環境が苦手だった私が看護師を目指そうと思ったきっかけは、何か人の役に立つ仕事がしたいと思ったこと、そして看護師の活躍する場が病院だけではないと知ることができたからです。

患者様の自宅で看護を提供することができる訪問看護師なら、自分も看護師として働けるかもしれない、そう思い看護師になることを目指しました。

しかし、臨床経験がなく在宅の場に進むことに不安もあり、始めは病院に就職し、経験を積むことにしました。

激務の末、看護師を休職・退職へ

看護師の仕事は激務で、座っている暇がありません。

特に、急変する患者様の対応や緊急手術を要する患者様の対応などがあり、緊迫する場面が多くありました。

それでも、くらいついて仕事をしていたのを覚えています。

そのような中、結婚をしたこともあり、今後は訪問看護をしたいという思いを夫に話しましたが、経済的な不安があると言われ、承諾してもらうことはできませんでした。

その後、妊娠をしましたが、今までのようにすばやく患者様に対応することができず、周りの上司からも「まだお腹が小さいのもう臨月みたいな動き方だね」と嫌味を言われました。

今までのような働き方ができないこと、お腹が重いことで腰にも負担がかかり患者様の身の回りのお世話をさせてもらうことすらも困難になってきたことで、ひどく落ち込み、徐々に眠れなく、毎日涙が止まらなくなってしまいました。

そして、うつの診断を受け、休職・退職の運びとなりました。

夫から得られなかったうつ病への理解

出産してからも、赤ちゃんのお世話からなかなか体を休めることができませんでした。

そのような中で、夫からのうつ病に対する理解が十分に得られず、大変つらかったことを覚えています。

「死んでしまえ、子供がいればお前なんかいらない」と精神的暴力とも言える発言を何度も浴びてきました。

夫との離婚が成立後、徐々に症状は回復していきましたが、もう自分は働けないのではないかという不安が強く、ひどく落ち込んでしまうことがたくさんありました。

カウンセリングで気づいた「自分に正直になる」こと

うつ病治療を続けていく中で、ある診察日、主治医よりカウンセリング導入の勧めがありました。

そのカウンセリングで、私はあることに気づきました。

それは、自分に正直になり、我慢をせず、少しずつ自分の思いを吐き出していくことです。

職場での忙しさや妊娠、夫との関係など様々な要因はあったものの、看護師という仕事を離れてしまったことで、わたしは自信喪失していました。

しかし、自分が看護師を目指した理由を振り返ることができ、訪問看護師として働いてみようと決意することができました。

訪問看護師に正社員として再就職するまでの経緯

それから、転職サイトに登録し、訪問看護ステーションの募集がないか探してみました。

その中から、一社に応募し面接後、訪問看護師として正職員採用してもらえることとなりました。

現在、再就職して4か月ですが、スタッフにも恵まれ順調に働くことができています。

まとめ

私のように、前職で多忙であったり、人間関係の問題に悩まされたりして精神的に追い込まれてしまった方も大勢いらっしゃるでしょう。

精神的な痛みは、とてもつらく、深く長いトンネルの中にいるような気持ちになります。

どうか、そのように悩んでいらっしゃる方が、自分に正直に、少しでも自分に合った環境を見つけることができるように、そして無理せず過ごされることを願っています。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …

20歳で結婚して正社員経験0だった私が29歳から歯科助手として正社員になることができるまでの奮闘

私は、20歳で結婚し21才の時子供を産んだため家事と子育てに追われ、正社員で働いた事がありませんでした。 パートで病院の受付をしてましたが、子育てとの両立で体調を崩し入院し、それから中々復帰できず、無 …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …