ニート向けの仕事一覧

警備員はニートにおすすめ?業務内容、給料、警備員に就職するまでの道のり

投稿日:2017年5月9日 更新日:

社会問題にもなっているニート。

しかし就労支援団体なども増え始め、前に進み始る人も以前に比べて増えたように思います。

ニートから正社員になる道のりはそう簡単ではありません。

しかし世の中にはいろいろな職種があり、ネットの急速的な普及やアプリなどの

便利性によって自分にあった職場を探しやすくなっています。

長い期間ひきこもりブランクがあったり、他人との会話が苦手な人が多い方でも

比較的採用されやすく人との関わりが少ない職種は限られてきます。

その中でも定番とされている警備員に就くまでどのような準備が必要なのか、警備員の主な業務内容と待遇について調べました。

警備員の種類

警備員と言っても種類は様々で施設警備や交通誘導警備、輸送警備や身辺警備など

簡単なものから資格が必要になってくるものまであります。

身近に感じるものとしてはショッピングモールなどの商業施設の警備員や、お祭りなどの警備員です。

いくつかの種類がある警備の仕事も資格が必要なものは待遇もよくなってきます。

しかしニートにはかなりハードルが高いので、一番身近な施設警備の仕事を紹介します。

施設警備の業務内容

施設警備員は民間の警備会社から施設に派遣し、事件・事故などを防ぐ役割です。

派遣先はオフィスビルやショッピングモール、学校や病院など様々な施設があります。

業務内容はトラブルがない限り事務所で待機し、数時間に一回の巡回をするだけなのであまりストレスを抱えることなく働けます。

ショッピングモールなどの大型施設ですと土日は混雑するので駐車場警備をすることになるので、少々の体力が必要です。

勤務形態は日勤と夜勤の会社がほとんどです。

夜勤ですと日勤に比べるとさらに楽になってきます。

昼夜逆転して日中起きているのが気苦手な人には夜勤がおすすめです。

警備員の給料

警備員の給料は誰でもできる仕事なだけあって、あまり高くありません。

アルバイトですと日勤で時給900円、夜勤で1300円くらいが平均です。

正社員ですと月収18万~38万円が平均になっています。

しかし何も資格を持っていない未経験ですと最初は月収18万くらいと思っておいてください。

保険などを引くと手取16万円程でしょう。

しかし施設警備には施設警備業務検定があるので働きながら資格を取得して、

給料を上げることも可能です。

ニートは警備員の求人をどこで探せばいい?

近年商業施設の拡大や増加で警備会社は人手不足のところが多いようです。

タウンワークなどに求人が掲載されているのをよく見かけます。

また転職サイトにも求人が掲載されており、探す方法はいくらでもあるでしょう。

タウンワークなどで応募し自分で面接の予定を決めるのも一つの手ですが、転職サイトは就職支援を行ってくれるので登録しておく方がいいでしょう。

面接のアドバイスや正しい履歴書の書き方、就職にあたっての相談などサポートしてくれるので就職が初めてでも安心です。

おすすめは求人数も圧倒的に多い最大手の転職サイト、リクナビNEXTです。

登録は下のリンクから無料でできます。

>> 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

まとめ

施設警備の仕事は求人件数が多く、自分に合った会社を見つけられます。

会社によって異なりますが、従業員の平均年齢が高いため、ゆったりとした職場環境が多いでしょう。

従業員間のトラブルなども少ないので、人間関係でストレスを抱えることはほぼないといってもいいでしょう。

しかし二人組で仕事をする場合もありますので、多少の会話は必要になります。

少しずつ話すことに慣れていくとより仕事は楽にこなせるでしょう。

また就職するにあたって、就職、転職のサポートを行ってくれるサイトを最大限に活用しましょう。

1人でゼロから就職するのはとても難しいです。

まわりに頼りながら自分に合った職場を探して、ニート卒業を目指し頑張ってください。

-ニート向けの仕事一覧
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

肉体労働は高収入?デスクワークから肉体労働に転職するメリット・デメリット

デスクワークをしている人の中には、デスクワークに飽きてしまった人もいるのではないでしょうか。 身体を動かしている方が性に合っている、肉体労働の方が収入が多いのではないか、じめじめとした人間関係が嫌だな …

ニートは農業に向いている?メリットと求人の探し方

 ニートの方が仕事を探すのは、大変ですよね。 特に、「人と関わることが苦手だ」と悩んでいる人が多いです。 そんな人にオススメなのが、農業の仕事です。 農業と聞くと、「体力を使うハードな仕事」「稼げない …

誰でもできる仕事3つとそれぞれのメリット、デメリット

仕事というのはそれなりの知識やスキルを必要とします。 しかしこの世の中、みんながみんな必要なスキルを持っているとは限りません。 誰でもできる仕事はないものか、と探している人は少なくないでしょう。 情報 …

介護職に適性があるニートの4つの特徴

ニートの中には、介護職への就職に興味を持っている人も多いかもしれません。 介護職は深刻な人出不足ですので、介護職員初任者研修を受ければ、ニートでも正社員での採用は難しくありません。 しかし、介護職が向 …

ニートからトラック運転手に就職する方法・待遇は?必要な資格はある?

ニート生活からそろそろ抜け出そうと思い、求人サイトを見ていて、「トラック運転手」の募集が気になった人もいるのではないでしょうか。 運転が好きだったり、以前からトラック運転手の職に興味があったりする人だ …

ニートの就職におすすめな穴場企業・業界3選

ニートが就職活動を行うと、どうしても大手企業や有名企業への応募に偏ってしまいます。 しかし、そうした企業はニート以外も応募しますので競争率が高くなりますので、ニートには狭き門となってしまいます。 そう …

もう我慢しない!ストレスの少ない仕事ランキングトップ10

ストレスというのは個人差があります。 ここでは“ストレスの少ない仕事ランキング”というタイトルですが、すべての人に該当するわけではありません。参考として閲覧していただければと思います。 しかしながら、 …

高学歴ニートに共通する特徴と就職するべき職種10選

大学・大学院を卒業したもののニート状態になってしまった方は、一刻も早く抜け出したいと思われているはずです。 高学歴だからこそ、専門職を含めた仕事も選択肢に入ってきます。 しかし公務員や医師、起業家とい …

低学歴者に人気の就職先(仕事)ランキングトップ10

低学歴の方に人気の仕事(職種)、就職先をランキング形式でトップ10を紹介しています。それぞれ人気の理由やどんな人におすすめか?仕事の将来性などもコメントを添えているので、ぜひご自身の学歴と仕事探しに悩んでいる方は参考にしてみてください。

ニートが就職しやすいweb系の仕事とは?有利な資格、年収や待遇

ニートの中にはweb系の仕事に興味を持っている人も多いかと思います。 web系の仕事は実力主義なので学歴は関係ありませんので、ニートにも多くのチャンスが与えられる仕事と言えるでしょう。 本記事では、ニ …