ニートの就活のやり方

ニートが就活で不採用になりやすい4つのケースと対処方法

投稿日:2017年10月1日 更新日:

 ニートから脱出しようと就職活動を行っても、不採用となるケースが多いですよね。

学生時代は就職をサポートしてくれる先生や相談できる友人がいますが、ニートになると交流も少なくなるので、相談できる人もいない場合が多いです。

 なので、「自分の何が悪かったのか分からない」と悩み、就職活動を断念し、ニートに戻る人も多いです。

そこで、ニートが不採用になりやすい4つのケースと、対処法についてお伝えしていきます。

1. 社会人としてのマナーが身についていない

 これはニートに限らず、就職活動を行っている人全てに言えることです。

面接の時間を守る、服装はスーツなどキッチリしたものを着る、履歴書は丁寧に記入する、挨拶は大きな声でハッキリとする、といったことです。

当たり前なことと思われがちですが、意外とできない人が多いです。

 とはいえ、社会と関わりの薄かったニートがマナーを身につけるのは大変です。

そこで活用するのが、ハローワークです。

ハローワークでは仕事の紹介の他、履歴書の書き方や模擬面接を行います。

無料で利用できるので、面接のマナーを身につけたい人はオススメです。

2. ニートであった理由を説明できない

 これは採用担当者が最も気にする部分です。

「何故ニートだったのか」と聞かれると、しどろもどろになりがちです。

すると採用担当者も不安になり、不採用にする場合が多いです。

 この質問に対する対処法として、「正直に話す」ことです。

「何故ニートになったのか」「働こうと思ったきっかけは何なのか」「何故この会社で働こうと思ったのか」といったことを明確に説明しましょう。

採用者は素直な人を好みます。

これから頑張っていこうという姿勢を見せることで、好印象を持たれますよ。

3. 職歴が全くない

 「これから頑張っていこう」という姿勢を見せても、今まで働いたことがない人が仕事をできるか、不安ですよね。

 将来は長期的に働くことを視野に入れているのであれば、まずは単発のアルバイトから始めることをオススメします。

単発バイトのメリットとして、「気軽に取り組める」ということです。

長期の場合、多くの仕事内容を覚えなければいけないので、大変です。

その点単発バイトであれば、簡単な仕事が多いので、気を張らずに働くことができます。

 また「長時間働くことに不安」という人にも、単発バイトはオススメです。

自分がどの位働くことができるのかを把握する為にも、まずは単発バイトに取り組んでみましょう。

4. 資格がない

 これは特に30代のニートが気をつけることです。

採用者は「使える人材」を求めます。

働く意欲があっても、仕事に活かせる資格がないと採用されにくいです。

 資格を取りたいと考えている人は、職業訓練制度を利用しましょう。

これもハローワークで使える制度の1つで、資格を得る為の講義や実技を無料で受けることができます。

 また介護の分野で働きたいと考えている人は、働きながら資格を取ることも可能です。

介護職は無資格でも働くことができます。

3年以上働き、介護職員実務者研修を受講すると、介護福祉士の国家試験を受験する資格を得ることができます。

 この制度のメリットとして、研修を受ける費用は職場が負担してくれるということです。

なので、経済的負担を心配する必要はありません。

加えて介護福祉士を取得すれば、昇給や昇進も可能です。

スキルアップを考えている人には、オススメです。

まとめ

 いかがでしょうか。

ニートは他の人に比べて、就職活動が難しいのが現状です。

しかし様々な制度の活用や、周囲のサポートを得ることで、採用されることができます。

就職活動をする上で大切なのは、「焦らないこと」です。

将来自分がどのような生活を送りたいのかを視野に入れ、自分がやりたい仕事が何なのかを考えながら就職活動を行ってください。

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

転職活動にブランクのある方必見!最低限おさえるべき就活マナーを紹介

お仕事をしていない期間が続き、いざ転職活動をしようと思い立ってみたはいいものの、どう行動すればよいのか、失礼に当たらないのかというのは案外分からなかったりしますよね。 この記事は転職活動にチャレンジし …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

既卒からの就活を成功させるための方法全まとめ!

目次既卒とは?既卒からの就活の実態、現実既卒が就活で不利になる理由と対策既卒の就活の流れエントリーする会社探し書類と面接対策をする既卒からの就職活動の方法ハローワーク会社ホームページから応募求人サイト …

バックパッカーから就職はできる?面接でのアピールポイント、経験を活かせる仕事

仕事が辛くなると海外で自由に過ごしたいなんて気持ちが湧いてくることがあります。思い切って仕事を辞めて、バックパッカーとして気ままに過ごしたいなんて思うかもしれません。 ただ一度人生をドロップアウトして …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 ただデメリット …

低学歴からでも大企業に就職できる!具体的な方法3つ

世の中には様々な考え方の人がいて、学歴に関しては大きく分けると二通りの考え方の人に分かれます。 学歴至上主義の人と、学歴は重要視せずにその人の人柄や取り柄を見る人です。 とはいっても、転職について語る …

仕事が見つからない20代の人への具体的な4つのアドバイス

仕事探しに難航しているという20代の人もいるでしょう。 就職というのは、社会的要素で重要な部分なので、不安が肩にのしかかっている状態の人も多いかと思います。 という訳で、仕事が見付からない20代の人に …

大企業をリストラされた後、再就職は厳しい?再就職の流れと心構え

ニートの中にはかつて大企業に勤めていた人もいることでしょう。 ところが、急なリストラに遭って、予期せずニートになってしまった人もいます。 そうした人が気になるのは、リストラによって経歴に傷がついたので …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 「時代が俺に …

簡単な3ステップ!自分にあった仕事の見つけ方、選び方

高い志を持って入社したものの、やりたくない仕事ばかりを回された結果、ニートになってしまった人も多いでしょう。 そもそも、どんな仕事が自分に合っているのかわからずに就職活動を始めることもできないニートも …