ニートにおすすめの資格

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

投稿日:2017年8月14日 更新日:

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。

そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。

宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができますし、普通に就職するよりも待遇が良くなります。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

本記事では、宅建を取得すればどんな就職先があるのかを中心にご紹介します。

宅建とは

宅建とは、宅地建物取引士の資格の略です。

宅地建物取引業法で定められている国家資格者で、宅地や建物の売買、交換、賃借の取引を行う際に、購入者や借主の利益の保護を行うために、重要事項の説明などを公正かつ誠実に行う、不動産取引法務の専門家です。

不動産取引は非常に高額ですし、頻繁にある取引ではないので多くの人が知識や経験がないために、宅建士が必要となります。

法律系国家資格では非常に人気が高く、受験申込者は25万人弱もいます。

合格者は3万人前後で、合格率は15ほどです。

受験資格は一切なく、誰でも受験できます。

学歴はもちろんのこと、国籍の制限すらありません。

試験は年1回で、全都道府県に会場が用意されています。

人気が高く、就職にもかなり有利になる資格であるにもかかわらず、合格率が15%もあるのは破格と言えるでしょう。

受験資格が一切ないため、受験者のレベルは様々であることも踏まえれば、ちゃんと勉強すれば、合格する確率は15%よりももっと高くなります。

独学で受験することもできますが、法律系の専門的な分野ですので、専門学校に通ったり、通信講座を利用するのが一般的です。

宅建を活かせる就職先

宅建の資格を活かせる就職先は多数あります。

まず、不動産業界です。

上述したように、不動産契約では宅建士の重要事項説明が必要になりますので、不動産業界では宅建士は必要不可欠です。

法律上、宅地取引業者には事務所の従業員5人に1人以上は宅建の取得者でなければなりません。

また、マンションのモデルルームのような案内所など事務所以外の場所で契約を締結するような場合は、従業員数に関係なく1人以上置かなくてはいけません。

不動産業界は宅建士を確保しなければ経営できないので、宅建士の確保に必死です。

23万円の資格手当を支給することが一般的ですし、ニートであっても積極的に採用する傾向にあります。

銀行や信用金庫などの金融機関でも、宅建士は必要とされています。

金融機関は、融資をする時に不動産を担保にします。

担保する物件の価格を査定したり、抵当権を設定したりと不動産の知識が必要とされています。

それだけでなく、不動産の証券化や不動産投資など、不動産が金融商品として取り扱われることもありますので、不動産取引の専門家である宅建士の重要性はますます高くなっています。

一風変わったところでは、駐車場経営にも宅建の知識が必要になります。

コインパーキング等の駐車場を経営する会社では、宅建士の資格は必須ではありません。

駐車場の賃貸借契約には宅建業法も借地借家法の適用もないからです。

しかし、駐車場経営の顧客には、マンション経営も行うビルのオーナーなどが多く、不動産投資、売買の相談を受けることも多いです。

その際、宅建士としての知識を持っていれば、業務の幅が広がり、利益を生み出すことができます。

そのため、宅建士の資格が重宝されています。

また、不動産を持っている企業であれば、どんな企業でも宅建士は役に立つと言えます。

特に、鉄道会社や商社、百貨店などは多くの土地を持っており、その土地を利用して不動産事業を行っていることも多いです。

それ以外の業種でも、事業用地として様々な用途の不動産を必要としていますので、宅建士としての知識を活かせる場面は数多くあります。

まとめ

宅建は様々な企業で知識を活かせる資格です。

取得しておけば、ニートであっても一目置かれる資格ですので、ぜひ資格取得を目指してください。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートにおすすめの資格

執筆者:

関連記事

仕事にもつながる!ニートにおすすめの勉強3つ

ニートから一歩踏み出す方法のひとつは、勉強に打ち込んで資格を取ることです。 私もニート中に簿記を勉強していました。 現実逃避と言われようが、人生に絶望していた私のかすかな希望が勉強でした。 20代職歴 …

Webエンジニアになるために必要、有利な資格はなに?

「社内システムのWeb化」など、自分が耳にしたことがある範囲内でも、既に様々なところで「Web化」が浸透してきていますよね。 Webエンジニアとは、Webに関しての幅広い知識やスキルを持ち合わせた人の …

就職に有利な専門学校4つ!それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介

就職活動を有利に進めるために専門学校へ入学する人が増えています。 近年では、専門学校でしっかりと知識を身に付けた人のほうが、即戦力として期待されてることがあるようです。 また資格取得を目指すにあたって …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

ニートから中小企業診断士になるためには?業務内容や試験内容を紹介

中小企業診断士に興味を持っているニートの方も多いと思います。 国家資格ということもあり人気が高いですが、取得の難しい資格でもあります。 本記事では、中小企業診断士の業務内容や試験内容、資格取得後の仕事 …

ニートがガイドヘルパーになるための資格取得や待遇を紹介

ガイドヘルパーに興味を持っているニートの方も多いと思います。 今後、高齢者が増える中で、ますます需要が高まる仕事です。 本記事では、ガイドヘルパーの業務内容や資格取得の方法、待遇などをご説明します。 …

ニートは資格を取得してから就職するべき?資格取得のメリット6つ

資格取得してからニート生活を終わらせ、就職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 資格を取ってからでは遅いという趣旨の議題はここでは置いておきます。 ここでは、ニート期間に資格を取得すること …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

CCNAを取得したニートはどこに就職できる?業務内容や待遇、年収

ニートの中には資格を取得して、就職活動を有利に進めようと考えている人も多いでしょう。 IT系に進もうと考えている人は、ITパスポートといった資格の取得を目指しているかと思います。 しかし、もっと専門的 …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …