ニートの就活のやり方

初めてハローワークに行くニートの人が知っておくべきこと

投稿日:

働く意欲が湧いてきたことを周りに告げたら、「ハローワークへ行ってみたら?」と言われた人もいるのではないでしょうか。

ハローワークへ行ってみようと考えているけれど、実際ハローワークってどんなところだろう、と初めて行く人は当然思いますよね。

ここでは、ハローワークはどんな所なのか、特徴や補足も含め、まとめてみました。

20代職歴なしからでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ハローワークは、求人情報と募集企業とのつなぎ目

ハローワークには、無料で見ることの出来る全国の求人情報が、コンピュータにまとめて掲載されています。

求人に関しては、正社員やアルバイト、パートなど、多種多様の雇用形態を取り扱っています。

求人に応募するためには、ハローワークの職員と相談し、職員が条件確認を兼ねて応募企業へ連絡をし、その時に貰った紹介状を持ち面接へ行ったり書類を送付したりする形となります。

なので、ハローワークは「求人情報と募集企業とのつなぎ目」のような場所と言えるでしょう。

ハローワークで最初にすること

最初に来た時だけ、ハローワークカードの記入と登録が必要となります。

特に難しい記入事項はないので、何も気構えなくて大丈夫です。

受付で「求職者登録をしたいのですが」や「初めてなのですが」と声掛けをすれば、記入用紙を持ってきてくれます。

最初の登録さえ済ませれば、次回からはハローワークカードを提示するだけで求人を見ることが可能です。

ハローワークの営業時間について

大体のハローワークは、平日の8時30分から17時15分まで開いています。

しかし、場所によっては17時以降や休日も開いているところもあります。

なので、自分が行こうと考えているハローワークの営業時間について調べてみるのが一番良いかと思います。

求人の見方について

登録時に手順の紙を渡して貰えたり、受付の人が教えてくれるのでそこで分かると思いますが、一応ここにも書いておきます。

ハローワークカードを提示し、番号札を貰い、番号札に書かれている番号と同じコンピュータの前で操作すれば求人を見ることが出来ます。

コンピュータはタッチパネル式なので、アナログへのノスタルジーが忘れられない人でも操作は簡単です。

持参する物や服装について

一旦家で考える時間を設ける人は、特段持参するものを用意せず、普段着で気楽に行って構いません。

求人を見て応募を即決断する人は、記入済みの履歴書と職務経歴書を持参し、スーツで行くことをおすすめします。

ハローワークから近いからという理由で、「すぐ来てほしい」と当日面接をお願いされるケースもあるからです。

気になる求人が見つかった際、応募への手順

一旦家で確認してから検討したいという人は、コンピュータの印刷ボタンを押してそのまま持ち帰りです。

即決断して応募する人はそのまま求人を持って窓口へ行くと、職員の人がその求人元に電話を入れてくれます。

その際、条件の確認と面接日時や書類送付日時を求人元に聞いてくれます。

そして最後に紹介状を貰います。面接や書類送付に必要となるので、失くさないようにだけ気を付けて下さいね。

親身にアドバイスしてくれる職員もいる

この人親身だな、という窓口に当たった時に、分からないこと、不安な事柄を質問してみると良いと思います。

中には、残念ながら親身でなかったり、分かりづらい説明をしてくる人ももちろんいます。

その時は落ち込むかもしれませんが、他の好印象な職員に当たった時、チャンスと思って聞いてみるのが吉です。

失業保険を貰う際にもハローワーク

補足として、離職に関する事柄ではありますが、失業保険を申請する際にもハローワークを利用します。

ハローワークは、求人を見る分にはどこでも利用することが出来るのですが、失業保険申請の場合は自分が住んでいる地域を管轄しているハローワークへ行かなければなりません。

このことは、今後のために覚えておくと良いかと思います。

書類送付後や面接後、採否が必ず届く

ハローワーク以外の求人で応募した際、連絡を待っていたのに音沙汰なしだったという経験をしたことがあるという人もいると思います。

ハローワークでは、採用・不採用問わず、連絡が必ず来ます

音沙汰なし、ということがないのが、ハローワークの特徴です。

まとめ

ハローワークがどんな場所か、大体イメージが湧いたのではないでしょうか。

就職意欲が湧いてきたことですし、一度散歩がてら、見学気分で行ってみるだけでも良いと思います。

この記事が、初めてハローワークへ行こうと考えているニートの人の参考になれば、嬉しいです。


職歴なしでもOK!20代の無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

20代で無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率80.3%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは20代の無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし20代無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-ニートの就活のやり方

執筆者:

関連記事

既卒1年目での失敗しない就職活動の始め方、受け入れやすい業界、求人サイトの紹介

近年の労働環境は少子高齢化が原因で若い働き手が足りず、転職市場は売り手市場などと言われています。 ですが実際のところ内定を貰えずに卒業を迎えてしまう学生さんや、内定を頂き働き始めたは良いものの、さまざ …

ニートが話しやすい職場の3つの特徴と探し方

どんな仕事でも少なからずコミュニケーションを取らなくてはいけません。 しかし、多くのニートはコミュニケーションを取るのが苦手であり、コミュニケーションが就職によるニート脱出の障壁になっています。 です …

まだまだ挽回できる!ニート歴が長い人の就職活動方法

ニート歴が短いとそれほど一般の人と変わらない就職活動を行うことができます。 しかし、ニート歴が長くなってしまうと、世間からの目も厳しくなってきますし、ニート自身もどうやって就職活動に臨めばよいかわから …

はじめの一歩!ニートの就活のやり方、手順

  ニートの時期を過ごしてきて、いよいよ就職活動をしようという気持ちや体調、状況になったときに大切となる心構えや、おすすめの手順・方法を具体的にみていきます。 目次自分の強みを知ろうあなたの得意なこと …

中小、大手企業への転職それぞれのメリット・デメリットを紹介

転職を考える理由も様々ですが、中小企業から大手企業へ転職をしたいと考える人もいれば、大手企業から中小企業への転職をしたいと考える人もいると思います。転職理由の動機はそれぞれですが、大手企業と中小企業の …

バイトが怖いニートは何から始めるべき?今日からできる3つのアドバイス

ニートから脱出するために、まずはバイトを始めようと考えているニートは多いと思います。 しかし、バイトは人と関わることも多いので、恐怖を感じているニートも少なくありません。 本記事では、バイトが恐いニー …

必ず知っておきたいニート向けの仕事の探し方2つ

しばらくニート生活をしてきたけれど、最近働く意欲が出てきたという人もいると思います。 しかし、「仕事ってどうやって探していたっけ」もしくは「以前よりもっと良い探し方があるなら知りたい」という人も多いで …

【成功事例あり】ハローワークで転職はできる?転職サイト・エージェントと比較!

ハローワークとは正式名称で公共職業安定所になります。 ハローワークを利用した事がない人も多くいると思います。 しかし、ハローワーク経由で転職をする場合にもたくさんのメリットはあります。 20代職歴なし …

20代ニートが社会復帰するために踏むべきステップ3つ

20代ニートというと、「ああ、最近若い奴でも無気力で働きたくないとか言い訳してるやついるんだよな」と普通の人は思うでしょう。   しかし、現役20代ニートにしてみるとこんなのは 20代職歴な …

本当に良い職場とは?良い職場の特徴とブラック企業の特徴やその見分け方をご紹介

厚生労働省が発表した「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(平成30年8月)」によると、離職率は約15%で、定年や待遇面以外の離職理由で最も高かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」というもので …