高卒ニートの就職

ハローワーク以外でできる高卒からの就職活動の方法7つ

投稿日:2018年6月11日 更新日:

高校生が就職活動をするなら、ハローワークで仕事を探そうと思う方も多いのではないでしょうか。無料で利用でき、年齢に合った条件で仕事を探すことができます。

しかしハローワーク以外で高卒者が仕事を探そうと考えた場合、どのような方法があるのでしょうか。

ここではハローワーク以外の主な仕事の探し方を紹介します。

学校で仕事を斡旋してもらう

高卒で仕事を探すなら、ハローワーク以外に学校で就職活動のサポートをしてもらう方法があります。高校では大学や専門学校への進学相談以外にも、就職相談も行っているためです。

高校に来る求人は高卒向けの求人募集に限られるため、必要のない求人情報を見る必要がありません。先生と相談しながら面接の段取りを取ってもらえるので、自分一人で就職活動をするよりもスムーズです。

しかし学校や先生によっては積極的なサポートが期待できないこともあります。状況によっては他の方法で仕事を探すことも考えましょう。

就職支援サイトを利用する

高校の就職相談で思うような結果が得られない場合や、自分で仕事を探したいなら支援サイトを利用するのも主な方法です。最近はインターネットで簡単に仕事探しができるので、時間をかけずに就職先を探すことができます。

また直接担当者と相談しながら合う就職先を見つけるタイプの支援サイトもあるので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。就職支援サイトは高卒だけでなく大卒や専門学校卒向けの求人募集も多く扱われています。

検索機能を使ったり、担当者と面談するなど自分に合った就職先を見つけられるよう工夫が必要です。

サイトごとに個性があり、扱っている求人募集の傾向も異なるので一度複数のサイトをチェックして利用する媒体を決めましょう。

求人情報誌やチラシを利用する

駅前によく置かれている求人情報誌や新聞のチラシなどにも、求人募集があります。

無料の求人情報誌やチラシだけでなく、書店やコンビニなどで手に入る有料求人情報誌でも仕事を探すことができます。

地域ごとに募集が別れていることが多いため、近くで働きたい場合に便利です。インターネットが使いにくい環境でも仕事探しができ、最新の情報をチェックできます。

近くの会社やお店で社員募集を探す

店頭の張り紙などで社員募集が行われていることがあります。数は少ないですが、急募なども多く、積極的に採用を検討してくれる会社も少なくありません。気になる会社が近くにあり、求人募集をかけている場合は直接連絡し、詳細を聞いてみるのも良いでしょう。

ただし高卒の場合、条件に合わないことも考えられます。必ず面接まで進むかどうか分からないので、高卒が対象の求人情報をチェックする方が効率が良いかもしれません。

アルバイトから就職につなげる

高校の間アルバイトを続けている方で就職希望の場合、状況によってはそのまま社員として働けるケースがあります。長期間勤めている場合に社員登用が期待できるケースが多いですが、あらかじめ社員登用が決まっている場合もあります。

アルバイトをしている時にある程度働きぶりや勤務状況を見ているため、雇い主も安心して採用できる点が魅力です。しかし必ず社員になれるかどうかは分かりません。アルバイトから社員への登用を行っていないケースもあります。

働きぶりを評価された場合に限るため、期待はせずにアルバイト先を決めた方が良いでしょう。もし社員登用がなかった場合でも、同じ業種に就職する場合アルバイトの経験が強みになることがあります。

身内や知り合いの斡旋

身内や知り合いで仕事を紹介してくれる方がいる場合は、面接などの段取りを取ってもらうことも可能です。採用されると決まったわけではありませんが、紹介の場合は比較的スムーズに面談が行われるため、紹介者がいる場合は有利です。

紹介者にかかわりのある企業で人員を募集している場合は、一度相談してみるのも良いでしょう。

就職説明会などに参加する

高卒向けの就職説明会に参加することで、自分に合う仕事を発見できるケースがあります。就職説明会には多くの企業が参加しており、企業の主な仕事や求めている人材を知ることができます。

説明会に参加しただけでは応募にはなりませんが、自分にどんな仕事が向いているか分からない場合はなるべく多くの企業の話を聞いた方が選択肢が広がります。

地域ごとに参加している企業は異なりますが、新卒者の採用を積極的に考えている企業が多いためチェックしておきましょう。就職説明会が開催される時期はある程度限定されるため、高校3年生になったら早めに情報を調べておくことが大切です。

まとめ

就職活動tといえばハローワークを思い浮かべる方も多いですが、高卒で就職する場合は他にもたくさん就職活動の方法があります。

学校に斡旋してもらうケースも多く、高校に来る求人で気になるものがある場合は積極的に利用しましょう。他にも自分でインターネットや求人誌を利用したり、説明会に参加するなど仕事の探し方は豊富です。

-高卒ニートの就職

執筆者:

関連記事

高卒から就職する場合に、合わない・避けるべき職場の特徴7つ

高卒で就職する場合、避けておいた方が良い職場の傾向があります。 長く働くためには、なるべく高卒に向いていない職場を避けて応募する方が最適です。 ここでは高卒に合わない職場の傾向や、高卒、大卒を問わずに …

高卒からの就職活動、面接で使える自己PRの例・書き方

高卒の場合学歴をPRできないため、どんなことを自己PRに使えばいいのか迷ってしまうことが多いと思います。 しかし高卒でも、自己PRの手段はいろいろあります。 ここでは高卒で自己PRが必要になった場合、 …

高卒からでも事務職に転職できる?有利に就職を進める方法

高卒の人が仕事をする職場は、店舗での接客であったり、工場での作業であったりと「現場」というイメージが強いと思います。 実際、現場での業務がほとんどでしょう。 現場で働く人の中には、デスクワークが中心の …

誰もの憧れ!高卒で年収1000万を実現できる5つの職業を紹介

年収1000万円というのはだれもが憧れる高収入の1つの目安と言えるでしょう。 年収1000万円というワードで検索を駆けると医者や弁護士、パイロット、国家公務員というような職業が出てきます。 しかしこれ …

高卒で就職して勝ち組へ!仕事の選び方と就職活動

高卒で就職を考えた場合でも、勝ち組になる方法はいくつかあります。 就職先や就職活動の方法など気をつける点はありますが、高卒で勝ち組になるためのポイントをまとめています。 高卒での就職に不安を持っている …

高卒からでも高収入を目指せる資格3つ!難易度、有利になる職場、年収は?

最初から高校を卒業したら働きに出ると決めていたなど、大学へ行く選択肢がなかった人もいるでしょう。 しかし、いざ社会へ出てみたら、最終学歴が大卒の人のほうが給料が良かった、なんてこともありますよね。 と …

高卒フリーターはハローワーク求人から就職できる?必要なステップ

皆さんは「正社員離れ」、いわゆるフリーターが年々増えているのをご存知でしょうか。 好景気にも関わらずアルバイトという生き方を選択した理由は何なのでしょう? 自由を求めたり、正社員になったが労働環境が合 …

高卒の転職は厳しい?おすすめの職種や大手企業に入る方法

大卒のみ採用の会社、もしくは短大卒以上を採用している会社であれば、もちろん条件として高卒では不可能、となります。 しかしそうでない会社も、もちろん多く存在しています。 今までのキャリアを見てくれる会社 …

学歴なんて関係ない!高卒におすすめの就職先10選

7割以上の人が高校卒業後に進学している現在ですが、高卒からの就職も依然として多くあります。 しかし、求人を見れば、大卒以上という条件がついたものが目立ち、高卒にとっては就職や転職は大変なものとなってお …

高卒は大卒に比べて就職、転職でどれくらい不利なのか?

現在働いている方には、高卒の方もいれば、大卒の方もいます。 世間の噂では大卒の方が就職や転職が有利だと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。 実際、働いていて高卒の人も多く、しっかり働いている …