高卒ニートの就職

高卒から就職する場合に、合わない・避けるべき職場の特徴7つ

投稿日:

高卒で就職する場合、避けておいた方が良い職場の傾向があります。

長く働くためには、なるべく高卒に向いていない職場を避けて応募する方が最適です。

ここでは高卒に合わない職場の傾向や、高卒、大卒を問わずに避けた方が良い職場の傾向を紹介します。

職歴なし(34歳まで)からでも就職したい方はジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

高卒に合わない可能性が高い職場の特徴とは

高卒で働き始める場合、転職が難しいと考えて最初に採用された会社で働き続けようと思うことが多いかもしれません。

合わない職場を選んでしまうと、その後の転職活動などで手間もかかります。職場の雰囲気を見て合わない会社を避けることも大切です。

主に高卒に合わない会社は学歴至上主義など大卒者が優遇される職場ですが、それ以外にも避けた方が良い職場の傾向や特徴があります。

上司が学歴重視の職場

定期的に上司が変わるタイプの職場であればそれほど気にならないかもしれませんが、上層部や固定の上司が学歴重視の場合高卒で勤めることは避けた方が良いでしょう。

査定や今後の出世だけでなく、普段の評価も学歴重視の上司がいる場合、高卒の方が働きづらい状況が生まれます。

事前に上司の傾向をつかむことは難しいかもしれませんが、面接の内容や職場の雰囲気である程度は学歴重視の職場かどうか判断ができるかもしれません。

学歴重視の職場の場合、職場にも学歴が高い方が多いため判断の材料になります。

大卒者が多い職場

高卒と大卒では学生の頃の環境がやや異なるため、話が合わないと感じるケースも多いです。

コミュニケーション力に自信がある場合はそこまで気になることはないかもしれませんが、周囲と話を合わせたいなら大卒者が多い職場は避けた方が良いかもしれません。

もちろん話が合うかどうかは人にもよるため、よほど職場の雰囲気が自分の性格に合わないと感じた場合以外は気にしなくても良いでしょう。

面接や仮採用の時期がある場合は職場の雰囲気をよく見ておきましょう。

難しい作業を求められる職場

大学に進学しなかった理由にもよりますが、勉強が苦手で高卒での就職を決める場合には難しい作業を求められる職場は避けた方が良いでしょう。

無職、フリーター(34歳まで)からホワイト企業に就職したいならジェイックがおすすめ!

↓今すぐ無料登録する(30秒で完了)

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

もちろん自分が得意な仕事内容であれば難しい作業でもこなすことができますが、大卒レベルの知識が必要になるケースも出てきます。

一般的に難しく大卒レベルの知識が必要とされる職場は大卒者のみ採用していますが、業務内容を確認した上で応募することが大切です。

出世に学歴が必要な職場

高卒での就職は業界によって出世が難しくなります。高卒と大卒で業務内容自体が異なり、高卒の出世が難しい職場は避けておいた方が良いでしょう。

出世を求めない場合でも、昇給が全くないケースもあります。若いうちは給与が安くても実家などのサポートが受けられることもありますが、30代、40代になった時に問題が出てきます。

長く同じ業界で働くことを考えるなら、出世や昇給に学歴が必要な業界や職場は高卒に合いません。

給与が上がらない職場

あらかじめ昇給がほぼないことが分かっている職場があります。周囲の人やインターネットの評判などで判明するケースも多く、応募の際には会社のホームページ以外の情報も集めておくことをおすすめします。

高卒で勤める場合初任給が安いことが多く、そのままの給与では生活が厳しくなるケースも考えられます。

あまり昇給についてこだわることもいけませんが、ほぼ給与が上がらないために若い人材しか勤めていないような会社は高卒で就職する際に不利です。

資格が必要な職場

高校生のうちになんらかの資格を取得するのは難しいものです。就職に結びつく資格となると、なおさら難しいでしょう。

特技などがあり関連の資格を持っている場合は活かした方が良いですが、資格が必要な職場や資格を持っている方が優遇される職場は合わない可能性があります。

働きながら資格取得を目指せる場合は別ですが、就職の時点で資格が必要なものや働きながら出世に必要な資格がとりにくい場合などは高卒には合わないかもしれません。

高卒・大卒を問わず避けた方が良い職場

高卒の場合、大卒に比べて選択肢が少なくなることから、どんなケースでも避けた方が良い職場を選んでしまうことがあります。

まず、残業が多すぎる職場や休みが取れない職場は避けた方が無難です。若いうちは無理ができても、ずっと働き続けることを考えると雇用条件が厳しすぎる職場は避けましょう。

残業代が出ない職場や有給取得ができない会社もやめておいた方が良いでしょう。

このような職場は一度勤めてみないと分からないことも多いですが、評判の悪い職場やすぐに人がやめてしまう職場は避けておきましょう。

まとめ

高卒に合わない職場の特徴は、主に学歴を重視する職場や昇給、出世が見込めない会社です。

高卒でも業界や職種によっては大卒と変わりなく出世が見込めるケースもあります。

上司や同僚などと話が合わないと感じる場合や、学歴を重視していることが見てとれる場合は合わない可能性も高くなります。

面接や職場の雰囲気を見てどうしても合わないと感じた場合は、就職を見送ることやすぐに転職を考える方が良いでしょう。


職歴なしでもOK!34歳までの無職、フリーターが就職するならジェイックがおすすめ

無職、フリーターのあなた、「もう自分はどこにも就職できない。どうしたらいいか分からない…」そう悩んでいませんか?

もしハローワークやその他一般的な転職エージェントなどで就活が上手くいかなかったあなたには、ジェイックをおすすめします。


ジェイックの無料登録はこちら

>> 高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

ジェイックがおすすめな4つの理由

無職、フリーター、第二新卒、既卒などの若年層に特化

完全未経験から正社員に就職できる求人多数

・就職成功率81.1%、就職後の定着率94.3%

12000人以上の正社員支援実績

ジェイックは無職、フリーター(高卒、大学中退者含む)の方が就職できることを目的にして作られたサービスなので、今まで普通の就職活動をしてきてチャンスがなかった人でも、逆転できる可能性があるのです。

ジェイックの利用はすべて無料なので、もし34歳までで無職、フリーターを卒業したい!と思っている人は無料登録(30秒で完了)から始めてみてください。

↓無料登録はこちらから

>> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

-高卒ニートの就職

執筆者:

関連記事

選択肢はいろいろ!高卒に人気の就職先ランキングトップ20

商業高校、工業高校、農業高校、普通高校など、高校と言っても色々です。 就職に際しては高校の教師が求人元へ行き、求人を貰ってきます。 地域や年度により、求人のばらつきもあるので、下記ランキングには予想も …

高卒フリーターの就職活動はリクナビNEXTがおすすめ!求人を見つけるコツ

就職をしようとは思うものの、どうやって始めてよいかわからないという高卒の方は案外多いのではないのでしょうか。 高校には求人票が並んでいて先生に経由で応募したり、アルバイトでは直接お店に電話したり、と経 …

高卒の平均年収について【年齢・性別・職業別】

何らかの理由で高卒のまま仕事に出ている人は少なくなく、様々な業種や職種で高卒の人を見かけますよね。 一般的に高卒は年収が低いと言われており、大卒や専門卒と比較するとかなりの差が出てくると考えられていま …

高卒で大手企業への転職は厳しい?好条件で入る方法と待遇が良い業界

CMがよく流れている、あるいはニュースでよく見るような大手企業に憧れを持っている人も多いでしょう。 実際、その憧れから大手企業への転職を考えている人もいると思います。 大手企業に転職を考えた時、自分の …

高卒からできる正社員の楽な仕事5選

2017年度の高卒の求人倍率は、1.75倍になりました(7月末時点)。 これは6年連続の上昇となります。 せっかく募集している会社が多くあるのだから、少しでも楽な仕事に就きたいですよね? 職歴なし(3 …

高卒で就職して勝ち組へ!仕事の選び方と就職活動

高卒で就職を考えた場合でも、勝ち組になる方法はいくつかあります。 就職先や就職活動の方法など気をつける点はありますが、高卒で勝ち組になるためのポイントをまとめています。 高卒での就職に不安を持っている …

学歴なんて関係ない!高卒におすすめの就職先10選

7割以上の人が高校卒業後に進学している現在ですが、高卒からの就職も依然として多くあります。 しかし、求人を見れば、大卒以上という条件がついたものが目立ち、高卒にとっては就職や転職は大変なものとなってお …

採用確率UP!高卒から就けるおすすめの仕事一覧

高卒で就職を考えた場合、どのような職業が向いているのでしょうか。高卒で就ける仕事はある程度限られてきます。 あまり考えずに応募した場合、高卒で雇ってもらうことが難しい職業ばかり応募してしまうことにもな …

高卒には製造系と事務職どちらがおすすめ?それぞれメリットとデメリットを紹介

製造業と事務業では、どちらが高卒に向いているのでしょうか。 性別や性格によっても向き不向きはありますが、ここでは高卒でも就きやすい仕事として知られる製造業と事務業の特徴やそれぞれのメリット、デメリット …

高卒からでも事務職に転職できる?有利に就職を進める方法

高卒の人が仕事をする職場は、店舗での接客であったり、工場での作業であったりと「現場」というイメージが強いと思います。 実際、現場での業務がほとんどでしょう。 現場で働く人の中には、デスクワークが中心の …