ニートにおすすめの資格

ニートは専門学校に行けば就職が有利になる?資格の種類と自分に合った学校の探し方

投稿日:2017年1月5日 更新日:

ニートにとって、いきなり就職するのは少しハードルが高いかもしれません。

そこで、まずは専門学校に行って資格を取得しようと考える人も多いでしょう。

私もニートを脱出しようと、専門学校への入学を真剣に考えたことがあります。

ここでは、ニートから専門学校で取れる資格や学校の選び方や、就職でどれくらい有利になるのかを考えていきたいと思います。

専門学校で取れる資格はさまざま!国家資格の取得も可能

専門学校で学べる分野や目指せる仕事は幅広く、取得できる資格もさまざまです。

美容・医療・調理・ゲーム・コンピュータ・ファッションなど、特定の分野に的を絞って勉強できます。

就職に直結する内容を学べる上、高度な資格も取得できるため、大卒と比べて企業で即戦力として扱われるという利点があります。

また専門学校では、美容師、調理師、保育士、自動車整備士、理学・作業療法士など、さまざまな国家資格を取得することができるのも特徴のひとつです。

卒業と同時に国家資格を取得すれば、就職にも有利になります

学校によっては、ITパスポートや簿記など、就職でプラスアルファになる資格を取得することも可能です。

日本にはたくさんの専門学校が存在し、学校によって大きな違いがあります。

学科名が同じでも勉強する内容が違うこともありますので、カリキュラムの内容をしっかりと確認しましょう。

学費、施設、実習・実技の内容、就職率、資格取得に向けたサポート、どんな講師がいるのかなど、気になる点は事前に調べておくことが必要です。

「通いやすい雰囲気の学校かどうか」は学費よりも大事

また、専門学校を選ぶにあたり、自分にとって通いやすい雰囲気かどうかは非常に大切です。

特に集団生活・学校生活が苦手だった人は注意してください。

雰囲気はクラスによっても違います。

パンフレットだけでなく、一度オープンキャンパスや体験入学に参加して、どのような人が学んでいるのか雰囲気を確かめましょう。

私は就職率が高く資格もたくさん取れるビジネス系の専門学校へ通うことを考え、恐る恐るオープンキャンパスに参加しました。

しかし、ほとんどが高校からのストレート入学者で、一部には派手な学生もいて、通うのは怖いなあと感じたのを覚えています。

結局、10万円の入学金まで支払っていながら、始まる直前で入学を取りやめてしまったのは苦い経験です。

私と同じ失敗はしてほしくないので、学校全体の雰囲気、既卒でも通いやすいかという点は必ずチェックしたほうがいいと思います。



ニートが専門学校に行くと就職で有利になる?

多くの人が気になるのは、ニートから専門学校へ通って本当に就職できるのか?ということでしょう。

専門学校は安定した就職率の高さを強みに、非常に高い就職率をアピールしている場合があります。

しかし、専門学校が掲げる就職率は、学校独自の基準で決められていることがほとんどです。

そのため、卒業しても希望する仕事に就けるとは限らず、アルバイトまで就職率に含める学校もあるようです。

私が見学したビジネス系専門学校には公務員を目指すコースがありましたが、そもそも非常に狭き門ですから、結局民間企業に就職する人も多いようでした。

結論としては、就職率だけで学校を決めるのはリスクが高いといえます。

また、専門学校はハードなスケジュールが一般的で、入学より卒業・進級が難しいケースもあります。

もちろん、専門学校はその分野での就職に強く、学校独自の求人があるという強みもありますので、あとは個人の能力・努力次第です。

まとめ

専門学校に通うことは、ニートを脱出したい人にとって良い機会になりますが、ハードな学生生活を乗り切るだけの体力や精神力が必要です。

また、職業訓練でも専門学校と同じ資格を取得できる場合があります。

よく調べ、いろいろな人の話を聞いた上で専門学校に通うべきかどうか決断することをおすすめします。

-ニートにおすすめの資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

ニートから就職するために資格を取りたいという人も多いと思います。 私もニート時代にいくつか資格を取得しました。 それほど難易度が高くないもので、就職するときにあれば有利な資格、履歴書に書ける資格につい …

ニートは宅建を取ろう!宅建士で有利になる就職先とは?

ニートの中には、どうやって社会復帰をすればいいかわからず、困っている人も多いことでしょう。 そういったニートにおすすめなのが、宅建の資格です。 宅建を取得すれば、ニートでも簡単に就職することができます …

ニートからフィナンシャルプランナーになるには?資格の取り方や気になる待遇を紹介

フィナンシャルプランナーはよく聞く言葉ですが、何をやっているか知らない人も多いと思います。 しかし、ニートでも簡単に取れる資格ですし、保険や証券、不動産など様々な業界の就職に役に立ちます。 本記事では …

ニートはWordの資格を持っていると有利?取得方法や活用できる仕事

会社で使用する書類を作る際、パソコンでの作成が主流となっているように、転職活動をするうえでPCスキルの有無、特にマイクロソフトオフィスに触れた事があるかどうかを面接の際に質問してくる企業は思っている以 …

ニートが施設管理士になる方法!資格がなくてもなれる?

皆さんは施設管理士というお仕事を知っていますか? この記事では、施設管理士がどういうお仕事なのか、そして働くために必要な資格を修得する方法など紹介していきながら、ニートの方が施設管理士として就職するま …

就職に有利な資格を取得してニートから脱却する方法

ニートの中には、いきなり就職は難しいので、まずは資格を取って就職活動を有利に進めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、具体的にどんな資格を取ればよいのか、よくわからないと悩んでいる人 …

ニートがエクセルの資格を持っていると便利?

エクセルとはマイクロソフトオフィスの表計算ソフトで、主に関数を用いた計算を組み込んだ表の作成やデータ整理、そのデータを利用したグラフ作成など行う事ができます。 文章作成が主となるワードと違い、エクセル …

ニートはTOEICで仕事の幅が広がる?TOEICで有利になる職種

「就職に有利」といわれて、TOEICを学生時代に受験したことがある人はいませんか? 英語が得意で、在学中に良いスコアを取ったという人もいるかもしれません。 私もこの記事を書きながら、「そういえば、私も …

ニートからでも行政書士になれる?資格取得後の選択肢

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格であり、書類作成のプロフェッショナルです。 原則として行政書士試験に合格した人が、行政書士として業務を行うことができます。 この記事では、現在ニートの人がこの資格 …

資格で逆転!30代ニートからの就職に有利な資格5つ

ニートでも20代のうちは若さを武器にして就職活動を乗り切ることができますが、30代ともなると、経験の浅さが目立ってしまい、そのままで就職することは難しくなってしまいます。 そのため、資格取得を目指す人 …