ニート向けの仕事一覧

ニートに肉体労働はおすすめ?肉体労働系の仕事、職種一覧と仕事内容の紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

ニートは普段体を動かす機会が少ないため、体力が低下しがちです。

そのため、肉体労働に対して非常にハードルが高いと感じているニートの方も多いのではないでしょうか?

一般的に肉体労働というと、

「体力がないと無理」「筋力がないと無理」「恐そうなイメージ」

など、マイナスなイメージが強い職種だと思います。

本記事では、一般的に「肉体労働」と呼ばれる職種の仕事内容実際にニートからでも肉体労働はできるかどうかを考えてみたいと思います。

肉体労働系の仕事とは?主な2つの職種

肉体労働系の仕事はたくさんありますが、その中から2つの職種を紹介したいと思います。

土木作業員、建設作業員

土木作業員は工事現場で働くスタッフです。

工事の種類は、道路工事、河川工事、ダム工事、建設現場、橋梁工事などがあります。

仕事内容は資材の運搬、整理、清掃などです。

未経験でも始めやすい仕事であり、仕事を続けていくことで新しい現場や仕事を経験できるようなります。

車両の免許やクレーン操作など取得できる免許や資格がたくさんあるので、経験を積みながら資格を取得し、将来的には現場監督になれる施工管理技士を目指すなど、ステップアップが望める職種です。

建築作業員は建築現場で働くスタッフです。

仕事内容は大工の手伝いをする「手元」という仕事です。

また、ショベルカーやフォークリストの免許を持っていれば、運転を任されることもあります。

土木作業員と同様、建築関係の資格、免許を取得することでステップアップすることも可能です。

どちらの職種も求人数が多く未経験でも採用されやすいですが、朝が早かったり重いものを運んだりと、体力的にきつい仕事です。

しかし、出勤日は融通が効くので、自分の体力や体調に合わせてスケジュールを調整しましょう。

なお、屋外作業の場合、雨の日は作業が中止となるので給料が発生しません。

その点も考慮する必要があります。

ドライバー

ドライバーはタクシーやバス、トラックに乗る運転手です。

人や荷物を乗せて目的地まで送り届ける仕事です。

運転するだけの仕事で肉体労働の仕事になるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、それは誤りです。

ほぼ1日中揺れっぱなしの車で過ごす行為は、それだけで体力を使う仕事なのです。

また、人や荷物を乗せる仕事なので、安全運転には十分気を付けなければなりません。

ブレーキやカーブの操作にも気を配るため、心身に疲労が溜まります。

時間内に到着しないと客からクレームを浴びたり、荷物の場合はペナルティが課せられたりすることもあります。

しかし、基本的に1人での勤務となるので、周囲に気を遣わずに仕事をすることができます。

また、地理にも詳しくなることで、プライベートや先に挙げた渋滞などのトラブル対応にも役立ちます。

また、個人事業として開業することもできるので、介護の資格を取り、介護タクシー事業として運営するなど、経験を生かした職種の開拓が可能な点も魅力的です。

まとめ

肉体労働の仕事はどれも体力勝負で、危険もあり、神経を使う仕事であり、3K(きつい、汚い、危険)職場と揶揄されるのも頷けます。

しかし、肉体労働をすることは無意味ではありません。

それらの業務の経験が、後の仕事や生き方に必ず良い影響を与えてくれると思います。

私はニート時代に肉体労働である介護業界に飛び込みました。

初めはなんでこんなきつい仕事を選んでしまったんだと後悔しましたが、辛抱強く続けるうちに体力がつき要領をつかむことで、徐々に働くことに達成感を感じるようになりました。

肉体労働を一生続けることは、人によっては難しいかもしれません。

しかし、ニートの方が「体力がないから、肉体労働は向いていない」と決め込み、

候補から除外してしまうのはもったいない選択だと思います。

自分の希望に少しでも沿う勤務要件や仕事内容の求人があれば、それが肉体労働の仕事であっても、前向きに検討してみてはどうでしょうか。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートからハウスクリーニングに就職するには?メリットとデメリット、求人の探し方

 ニートにオススメの仕事として、ハウスクリーニングがあります。 ハウスクリーニングはその名の通り、掃除を行う仕事です。 オフィスビルでよく掃除をしているイメージがありますが、年々その需要は増えてきてい …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 けど、 …

工場勤務から転職する人へのアドバイス!異業種への転職と工場への転職

現在で工場で働いていらっしゃる方で転職を考えている方は多いと思います。 実際工場勤務を得て、SEになった方やライターのなった方など様々な職種に転職された方は多くいます。 また、工場から違う工場へ転職さ …

ニートにデータ入力の仕事はおすすめ?主な3つの仕事内容、条件・待遇、よくある質問

ニートの方で再就職を考えている方におススメのお仕事があります。 それはデータ入力のお仕事です。 データ入力と言っても勤務先により仕事の内容は様々です。 売り上げなどを入力する経理的なデータ入力もあれば …

楽な仕事なんてないは本当?楽なお仕事につける方法と対策

今しているお仕事、もしくはこれまでについていたお仕事より楽なお仕事に就きたいと思っている方は多いと思います。 しかし、たいていの方は、楽なお仕事なんてないと考えていると思います。 しかし、それは大きな …

女性が長く働ける会社の特徴5つとおすすめの仕事4つを紹介!またその選び方は?

女性の社会進出が一般的になってきた日本ですが、現場レベルではまだまだ女性が長く働くことが厳しいのも事実です。 今回は、女性が長く働ける会社の特徴をまとめ、そうした会社に迷わずたどり着くための方法をご紹 …

ニートは新聞配達が合ってる?仕事内容や条件、待遇を紹介

ニートをしている人の中には、新聞配達に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。 新聞を配り歩くだけなら誰でもできると思ってはいるものの、それ以外にどんなことをしているのかわからず、今一歩新聞配達 …

残業の多い職種5選と残業が多い業界的な原因

現在、就職や転職を考えている皆さんの中には、残業が多い職場で働くのは避けたいと考えていらっしゃる方が多いと思います。 しかし、どの業種、業界が残業が多いかはあまり知られてなく、残業が多いかどうかは印象 …

ニートには中小企業の就職がおすすめ?メリットやデメリット

ニートに限らず、誰もが「良い職場で働きたい」と思いますよね。 公務員や大企業であれば、安定しているので皆そこに就職したいと考えます。 しかしそれらに就職できるのは、ごく一部の人です。 なので、ニートの …

低学歴者に人気の就職先(仕事)ランキングトップ10

低学歴の方に人気の仕事(職種)、就職先をランキング形式でトップ10を紹介しています。それぞれ人気の理由やどんな人におすすめか?仕事の将来性などもコメントを添えているので、ぜひご自身の学歴と仕事探しに悩んでいる方は参考にしてみてください。